需要増加の背景

こちらでは、何故ハウスクリーニング業界が成長市場として注目を集めているのか、その社会的背景について説明します 。

ハウスクリーニングで独立開業する人が増えている

独立して起業する人の理由は色々ありますが、まず第一は収入を増やしたいということがあげられるでしょう。そんな方たちの間では、現在需要が伸びているハウスクリーニング業界が人気です。
今、ハウスクリーニング業界が伸びている理由には、現代の社会的背景が関係しています。

超少子・高齢化で需要が増加
現代日本は超少子・高齢化社会への道を歩み続けています。高齢になるということは、これまでできたことができなくなるという局面に立たされるということです。
例えば掃除をする時に階段の上がり降りすら大変になり、細かいところに手が届かなくなります。また、ちょっとの躓きが大きな怪我の元になる可能性も高くなります。
そうして段々掃除そのものが大きなタスクとなり、億劫になり、家庭内での掃除が行き届かなくなっていきます。
子どもの人数が減少していることに加えて、子どもが親や祖父母の元で当たり前に掃除を手伝うという風習が消えつつあるということも、掃除の担い手が消失しつつある要因であると言っても過言でないでしょう。
こうした背景の中で高齢者に替わる掃除の担い手として、ハウスクリーニングビジネスが台頭してきました。
共働き家庭の増加
不況による賃金減少や、男女雇用機会均等法の施行による女性の社会進出によって、家庭内の掃除の担い手が減少してきています。
フルタイムで働いていれば、家事に割ける時間はおのずと減るものです。家事は平等に負担すべきとしながら、つまるところ男女共に負いたくないというのも、正直な感想として理解できます。
こうして行き届かなくなっていった掃除を、ビジネスとしてカバーするのがハウスクリーニングサービスです。
将来的に好況に転じることもあるかもしれませんが、リスクヘッジとして女性が働き続ける傾向は変わるはずもありません。
そうした中でクリーニングビジネスは、需要拡大し続けると見込めるのです。
ライフスタイルの変化
共働き家庭の増加と関連する話ではありますが、核家族化が進みながら、かつ晩婚化も進み、男女共に単身者が増加しています。
彼等・彼女等はもちろん仕事がありますから、掃除の担い手はいない状態です。休日はのんびりしたいと思ったらある一定のお金を支払い、外部に委託できるハウスクリーニングに着目するのはごく自然なことでしょう。
また、専業主婦であっても「自分の時間を捻出するためにプロにお任せする」という思考・ライフスタイルが市民権を得つつあるのも、ハウスクリーニングのビジネス需要が伸びている理由の1つです。
アレルギー対策
ダニやハウスダスト、カビなどを原因とするアレルギーへの関心の高まりなどにより、「プロの手による掃除」への着目度合いが高まっています。
企業のコスト削減
不況といわれて久しい昨今。これまで社内で担ってきた掃除業務を営業などのコアビジネスに回さざるを得ない状況となってきています。
また従来は単独テナントでクリーニングサービスに委託していた企業も、契約解除を進め、ビルテナントに任せてしまう傾向があるようです。

早めの参入で成長する需要を捕まえよう

需要がどんどん増えているハウスクリーニングサービスですが、参入のタイミングが遅れると、その需要を売上につなげることが難しくなります。ハウスクリーニングを利用する人は、一度利用した店舗が気に入った場合そのままリピーターとして同じところに依頼する傾向があるので、参入が遅くなると、顧客を掴みそびれるからです。

このサイトでは、独立開業におすすめのハウスクリーニングのフランチャイズ本部を集めて、初期費用の安さやロイヤリティの規定、開業後のサポート体制などを比較検討したランキングを作っています。

拡大する需要をしっかりと売上に結びつけ、がんばった分だけ稼ぎにつながるフランチャイズ選びの参考にしてください。