ハウスクリーニング独立開業フランチャイズおすすめガイド » フランチャイズ加盟の仕方と選び方

フランチャイズ加盟の仕方と選び方

このコーナーでは、ハウスクリーニングに限らず、フランチャイズビジネスそのものの仕組みや加盟方法、加盟先の選び方、フランチャイジーとしてフランチャイズチェーン本部を利用するメリット、デメリットのほか、ビジネスを取り巻くマーケット環境などを紹介・解説しています。

独立開業の前に知っておくべきフランチャイズの選び方と加盟の方法

フランチャイズビジネスについて、現状では全く知識を持たない人でも、このコーナーの生地を読めば「フランチャイズビジネスってどういうこと?普通の自営に比べてどういう点が良いの?」という初歩的なところから、しっかり理解することができるでしょう。

特にフランチャイズチェーンに加盟するメリット、デメリットを理解しておくと、独立開業を考える上での選択肢が増やせます。

いちから事業を作り上げる自営か、それともフランチャイズ加盟かを決めることは、独立開業を考える上でとても重要な、いわば必須項目なので、ぜひしっかり熟読してください。

フランチャイズビジネスの仕組み

フランチャイズビジネスは、フランチャイズ本部と契約を交わして一定のロイヤリティを支払うことで、経営のノウハウを教えてもらったり、開業に必要な材料を受け取ることができるという仕組みです。独立開業へのサポートが手厚いフランチャイズ本部もたくさんあり、独立するための手段としてフランチャイズビジネスを視野に入れる方も少なくありません。
下記のページではそんなフランチャイズビジネスの仕組みや、フランチャイズ契約をする上で知っておきたい用語集など、フランチャイズシステムへ加盟するための基礎的な知識を紹介しています。

フランチャイズのメリット、デメリット

フランチャイズビジネスは、フランチャイズ本部が持っているブランドの力を借りてビジネスを始めることができるという大きなメリットがあります。
個人ですべて始めるよりもスムーズに、ノウハウや技術を入手できるのもメリットですね。
反対に個人ならではの個性を出すことができない、ロイヤリティを収める必要があるといったデメリットもあります。
下記のページではより詳しいフランチャイズチェーン加盟によるビジネス展開のメリット、デメリットを紹介しています。
フランチャイズ加盟に向いている人、不向きな人の特徴も挙げていますので参考にしてみてください。

フランチャイズおすすめの業種

フランチャイズビジネスで成功するには、どの業種のフランチャイズと契約すべきなのかをよく見極める必要があります。
現在成長中の業種は今後も成功しやすく、反対に低迷期の業種を選んでしまうと失敗に終わる可能性も。どんな業種が成長中でどんな業種が低迷期なのかをご紹介いたします。
フランチャイズの中でも成長中の業種として注目を集めているハウスクリーニングビジネス。
共働きの家庭や単身で暮らす高齢者を中心にその需要は高まっており、今後も成長が見込めます。
そんなハウスクリーニングビジネスを取り巻く状況、マーケット概観についても紹介しています。

フランチャイズ本部の選び方

どの業種のフランチャイズに参加するかを決めたら、今度は参加するフランチャイズ本部を選ぶ必要があります。
せっかく成長期の業種に参入しても、フランチャイズ本部選びを間違えるとなかなか独立できなかったり、サポートを十分に受けられないという可能性も高まってしまいます。
信用できるFC本部を選ぶためには、経営に対するビジョンはあるのか、常に市場のことを考えられているか、フランチャイズへのサポート体制はしっかりしているか、収益性は高いかどうかなどをチェックする必要があります。
下記ページでは、経験がなくてもOKなフランチャイズ本部の特徴もご紹介しています。

成功するフランチャイズオーナー

独立開業で成功を収めるためには、どのような工夫が必要なのでしょうか。フランチャイズ本部のブランド名だけでは個人で独立するのは難しいです。宣伝に使うお金を抑えて収益を調整する、個人同士のやりとりを大切にして次に繋げる、また、フランチャイズ加盟店であっても明確な事業計画書を作って今後の運営方針を考えるなど、しっかりと将来を見据えて計画していくことが大切です。下記ページでは、成功するフランチャイズオーナーの考え方、成功するための方法などをご紹介いたします。

フランチャイズの失敗

フランチャイズ本部のブランド力やノウハウだけに頼りすぎたり、フランチャイズが想定する売上だけで判断したりしていると、思わぬ失敗を招いてしまいます。
フランチャイズ起業は必ず成功するとは限りません。
下記ページではそれぞれの失敗例や対策について解説しています。
また、再びフランチャイズで成功するために選ぶべきフランチャイズ本部の特徴もご紹介いたします。
フランチャイズビジネスによる失敗が怖いという方、もう一度フランチャイズビジネスにチャレンジしたいという方もぜひチェックしてみてください。

自営業とフランチャイズ、起業する時の違いとは?

起業には最初から独立して仕事を行う自営業と、フランチャイズ本部の力を借りて起業する方法の2種類があります。
自営業は個人事業主として仕事をすることになり、法人よりも経費として認められる範囲が少なくなります。他にも社会保険など様々な面で制限があります。
フランチャイズはフランチャイズ本部と契約して加盟金やロイヤリティを支払うことで起業することができ、起業や経営のためのノウハウも本部から教えてもらうことができるため比較的起業しやすいのが特徴です。
自営業とフランチャイズ、双方のメリットとデメリットを紹介していますので、自分にはどちらがふさわしいのか今一度考えてみましょう。

フランチャイズで独立!成功した男女の事例を6つ紹介

フランチャイズは起業しやすいと言われていますが、具体的にはどのような業種で、どのような工夫をすれば成功することができるのでしょうか。
実際にフランチャイズで独立して成功した例をチェックして、より具体的なイメージをふくらませていきましょう。
下記ページではコンビニ起業、パソコン教室起業、靴の修理店の起業、買取ビジネスの起業、ビルメンテナンスの起業、運送業の起業で成功した例をご紹介いたします。彼、彼女たちの成功の秘訣も参考にしてみてくださいね。

フランチャイズ加盟に必要な開業届の手続きについて

フランチャイズに加盟する場合は、税務署に個人事業主の開業届を出す必要があります。用紙の記入そのものは決して難しいものではありませんが、遅くとも開業後1ヵ月以内には提出しなければなりません。

また、開業届のほかに、「給与支払い事務所等の開設・移転・廃止届出書」を提出する必要がある点にも留意しましょう。そのほか、確定申告時に青色申告を行いたい場合や、業種が飲食店である場合、自分以外の従業員を雇う場合にも、別途手続きが必要となります。詳しくは、以下のページの解説をチェックしてください。

未経験者にもおすすめなフランチャイズ

未経験からフランチャイズで成功するためには、業種選びが重要です。初期費用の金額や見込める収入の多寡だけでなく、求められる資格やスキル、業種そのものの将来性などをしっかりと検討しましょう。

数ある業種の中でもとくに初心者におすすめなのが「ハウスクリーニング」です。資格が不要である点、在庫を抱えず、清掃技術だけで仕事が可能な点など、未経験者に嬉しいさまざまなメリットが。

ハウスクリーニングについての詳細な情報や、ほかのおすすめ業種については、以下のページで紹介しています。

起業をサポートしてくれる「助成金」や「補助金」について

起業に際してぜひ知っておきたいのが、国や地方公共団体の助成金・補助金制度。銀行に融資してもらう場合とは異なり、助成金・補助金の場合は返済の義務がほぼないため、開業に伴う資金面の負担を軽減することができるのです。

ただし、助成金や補助金は原則として後払いであるため、ただちに使えるお金としてにあてにすることはできません。また、助成金等を受け取るための手続きがやや煩雑である点にも留意して、しっかりと経営計画を立てる必要があります。

具体的な助成金・補助金の種類や必要条件については、以下のページを参考にしてください。

フランチャイズで起きるトラブル

FC本部からのさまざまなサポートを受けることにより、独力で開業する場合に比べて事業を軌道に乗せやすいのがフランチャイズ加盟の強み。しかし、フランチャイズ加盟店であるからこそ発生する恐れのあるトラブルも存在します。

まず、ありがちなのが、「加盟前に想定していた売り上げ目標に到達しない」というケース。また、FC本部との意志のすれ違いや、近隣の同業社との競合トラブルといった点にも注意が必要です。

知っておきたいトラブルの事例や事前対策の詳細については、以下のページの特集をチェックしてみましょう。

200万~300万でフランチャイズ開業できるおすすめの業界

自分の力だけで開業する場合に比べ、開業資金を低く抑えられる点もフランチャイズ開業ならではの利点です。中には0円~数十万円で開業できるケースもありますが、できれば200~300万円程度の開業資金を用意できると、より選択の幅が広がるでしょう。

200~300万円ほどでフランチャイズ開業できる業種には、コンビニ業界、介護業界、ハウスクリーニング業界といったものが挙げられます。それぞれの業界のメリット・デメリットや必要となるスキルについては、以下のページで詳しく紹介しています。

資金0円で独立したい!お金をかけずに開業するには?

独立にお金の問題はつきものです。でも、お金がない!ということで、一歩を踏み出せずにいる人もいるかもしれません。そんな人へ朗報です。実は、情報を丹念に調べていけば開業資金0円からはじめられる独立開業の方法があるのです。資金ゼロでも開業できる業種、資金調達の方法など、しっかりと独立予備軍をサポートする情報を集めてみました。

フランチャイズの閉店率

夢を持って一歩を踏み出す独立開業。そこにはつねに不安もつきまとうことでしょう。期待していたとおりの収益があがるのか?もしかして、お客さんがつかまらなくて、閉店の憂き目を見るのでは?だれもがいだいて当たり前な不安の数々について、本当のところ、どれぐらいの人が成功しているのか、逆に撤退しているのか、リアルな姿を紹介します。

安定しているフランチャイズ業種と本部の特徴

独立開業にリスクはつきもの。そのなかで少しでも安定した場所を選びたいと思うのが人情でしょう。フランチャイズオーナー(加盟店)を募集している企業は多々ありますが、その安定性と収益性についてしっかり比較対照してくれるサイトはなかなかありませんでした。そんな独立希望者の気持ちに応えて、安定性と収益性を両立している業種と本部を紹介します。

自宅で開業!フランチャイズ

独立開業を考えたとき、できるだけコストが少なければいいと考えるのが当たり前。なかでも大きな負担となるのは店舗・オフィスなどの不動産コストになります。できることなら、自宅で開業して、電話1本で商売できればいい。そんな希望をかなえるフランチャイズが、現在の社会にどれぐらいあるのか、調査してみた結果をお知らせいたします。

フランチャイズの契約ってどうなっているの?

教育研修の内容から、売上げにかかるロイヤリティまで、きっちりと決められているのがフランチャイズの契約。でも、多くの人は、FC契約を結ぶことがはじめての経験なので、ついだいじな点を見逃して不利な契約を結んでしまうのではないかと心配してしまう人もいるでしょう。そんな独立予備軍のために失敗しない契約書の読み方とチェックポイントを紹介します。

独立開業がしやすい業種5選

近年のフランチャイズビジネスは多岐に及んでいます。必要な初期費用も、研修のために必要な時間も千差万別。どんな業種が独立開業しやすいのか、迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。迷っているうちについチャンスを逃してしまったら、人生の大損害になってしまいます。そこで、ここでは独立開業がしやすい業種の数々を、ドン!とご紹介します。

開業時に記入する「屋号」とは

屋号というとつい何百年と歴史のある老舗を思い出してしまう人も多いかもしれません。でも実際は、独立開業した人は、税務署に屋号を登録するのが法律のルールになっています。屋号を決めるとき、どんな点に気をつければいいのか。失敗屋号、成功屋号など、長年一緒に暮らすことになる、あなたの「看板」=屋号の付け方を考えます。

退職後の起業で気を付けるべきポイント

何十年も務めた会社を退職して第二の人生に向けて一歩踏み出す。その瞬間の期待と不安は大変なものだと思います。これまでがんばってきた退職金を最大限に生かして、安定した収入を得るための選択をする。その時にどんなことを考えたらいいのか?気をつけるべきポイントと、そこでどのように判断するべきか、忘れていけないチェックポイントをご紹介します。

フランチャイズ店と直営店の違い

有名な全国チェーンのあの店にも、フランチャイズ店と直営店があるといいます。また、同じ業種のチェーン店同士でも、フランチャイズ展開をしているところと、直営店のみのところがあると聞きます。フランチャイズ店と直営店、それぞれに何が違うのか、独立開業をめざすのなら、どちらを選べばいいのか、きちんとチェックするコツをお伝えします。

フランチャイズオーナーの現状

独立開業したその日から景気の波にもまれる宿命が待っています。消費税率が上げられ、景気も低迷をつづけているなか、フランチャイズオーナーへの道を選ぶのはどれほど賢い決断なのか。現在のフランチャイズオーナーが、この経済環境の中で、どのような努力をして安定した収入を獲得しているのか、さまざまな角度からレポートしました。

40代で脱サラする魅力や実情

年をとってから独立開業するのでは体がついていかないかもしれない。できることなら、働き盛りの40代に独立してバリバリと働きたい!そんな想いで、勇気ある一歩を踏み出す人も少なくないかもしれません。40代から「自分の城」を持つことにどのようなメリットがあるのか、気をつけなくてはいけない落とし穴にどんなものがあるのか、レポートしました。

独立に失敗しがちな考え方

独立開業して、ぐんぐん事業を伸ばしていける成功者と、停滞して最終的に撤退を強いられる経営者。その違いはどこにあるのか?経営姿勢や勤勉さだけではなく、考え方の差もあるのかもしれない。ここでは、考え方の失敗パターンと成功パターンを徹底分析してみました。前向きで着実な経営に向かうスタンス追求に役立てていただければ、幸いです。

女性が成功しやすい独立業種とは

商売に男も女も関係ない!とはいうものの、現実に「男の方が成功してきた」「女性がばりばり伸ばしてきた」という業種はあるようです。ここでは、それぞれの業種の特徴を紹介しながら、どんな業種で女性が個性と情熱を生かして、成功に結びつけてきたか。また、成功者はどんな考え方や経営方針を選んできたのか、多様な角度から紹介します。

のれん分けとフランチャイズ

何百年もの歴史のある「のれん分け」と、最近急速に多様な業種へと広がってきた「フランチャイズ」。独立開業のための方法であることは同じでも、細かいところを見ていくと、それぞれ相当に違うようです。独立開業を考えた人が選ぶべきは「のれん分け」か、それとも「フランチャイズ」なのか、徹底的に比較検討して、独立開業への参考資料としていただければ幸いです。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査