ハウスクリーニング独立開業フランチャイズおすすめガイド » ハウスクリーニングの需要はどの程度?アンケート調査を実施!

ハウスクリーニングの需要はどの程度?アンケート調査を実施!

ハウスクリーニングの需要って本当にあるの?

今回は111人に向け当サイトが独自にアンケート調査を行いました。

実際にハウスクリーニングを依頼したいと思っている人はどのくらいいるのか。

もしハウスクリーニングを開業するならどのポイントに気を付けるべきがアンケート調査によって見えてきましたので参考にしてみてください。

なお2021/11月に実施したアンケートですので最新の情報となります。

アンケート結果

Q1 ハウスクリーニングを依頼したいと思いますか?

Q1 ハウスクリーニングを依頼したいと思いますか?

対象:「掃除について好き、または好きではない」と答えた20歳~59歳の女性111名

期間:2020年11月26日実施(調査機関:Fastask)

 

結果として過去の依頼の有無にかかわらず依頼したいと思う人は全体で38.7%と約4割近くの方が依頼したいと回答。

ハウスクリーニングに関して言えば需要はあると言えるでしょう。また、「依頼したことがあるが依頼したくない」と答えた人は4.5%とリピートしたい人のほうが上回る結果となりました

Q2 せっかく費用を払って依頼するハウスクリーニング。依頼するとしたらどんな企業に依頼しますか?

せっかく費用を払って依頼するハウスクリーニング。依頼するとしたらどんな企業に依頼しますか?

対象:「掃除について好き、または好きではない」と答えた20歳~59歳の女性111名

期間:2020年11月26日実施(調査機関:Fastask)

一番多くの回答を集めたのが【信頼性】、次に多くの回答を集めたのが【洗浄力】です。

知名度重視としている人は4.7%しかおらず、ハウスクリーニングは信頼性と洗浄力があれば後発だとしても十分に戦っていける市場という事が言えるでしょう。

信頼性や洗浄力を打ち出していくことで、顧客獲得も問題なく進めることができます。そのため最初の課題として挙げられるのは「見せ方」と「露出方法」だと考えられます。

一方で知名度はそこまで重要ではないという事ですが、信頼性をどうやって獲得していくかも考えるべき点だと言えます。

Q3 ハウスクリーニングを依頼したくなるタイミングはいつですか?

ハウスクリーニングを依頼したくなるタイミングはいつですか?

対象:「掃除について好き、または好きではない」と答えた20歳~59歳の女性111名

期間:2020年11月26日実施(調査機関:Fastask)

こちらの質問では「汚れがたまって自分では対応できなくなったとき」が一番多い回答でした。

また年末の大掃除のタイミングが2番目に多い結果に。

家の中が汚くならないように定期的にというより、汚くなったらという依頼したいと考えている人が多くなりました。

ただし一度利用したがまた利用したいと思っている人が多いため、きっかけはスポット対応だったとしてもその後定期依頼につながることもあります

Q4 ハウスクリーニングを依頼したいと思わない理由は何でしょうか。

ハウスクリーニングを依頼したいと思わない理由は何でしょうか。

対象:「掃除について好き、または好きではない」と答えた20歳~59歳の女性111名

期間:2020年11月26日実施(調査機関:Fastask)

では逆に依頼したいと思わない人の意見はどうでしょう

1位は「費用の高さ」がネックに。

費用を明瞭にし、価格帯も高すぎない設定が重要でしょう。

ただし、価格競争になってしまっては意味がないので経営サポートなどをしてくれる会社に相談しながら進めていくのがいいでしょう

2位の「他人を入れたくない」は前述のアンケート結果で重要視されていた「信頼性」につながる部分になります。

Q5 ハウスクリーニングを依頼するとしたらどの場所ですか

ハウスクリーニングを依頼するとしたらどの場所ですか

対象:「掃除について好き、または好きではない」と答えた20歳~59歳の女性111名

期間:2020年11月26日実施(調査機関:Fastask)

依頼するとしたらどこを依頼した以下のアンケートでは1位「キッチン」2位「お風呂」4位「トイレ」と水回りが上位に。

先ほどの費用の件と合わせると水回りの価格設定が一つポイントになるかと思います。

Q6 ハウスクリーニングをどの頻度で依頼できたらいいなと思いますか

ハウスクリーニングをどの頻度で依頼できたらいいなと思いますか

対象:「掃除について好き、または好きではない」と答えた20歳~59歳の女性111名

期間:2020年11月26日実施(調査機関:Fastask)

頻度に関しては「1年に一度」が一番多い結果になりました。

「3か月に一度」「半年に一度」もそれぞれ多いことから、一度のスポット依頼から定期依頼をしたく感じるような対応ができれば、そのハウスクリーニングは伸びていくでしょう。

ハウスクリーニングのアンケート結果まとめ

結論、まだまだハウスクリーニングは需要があるといえる市場です。

今回のアンケート結果で見えたポイントは「信頼性」と「価格設定」です。

開業する場合に最初の壁は「顧客獲得」です。「信頼性」は実績でも作られますし改善をするためにはまずは実際に対応しないとわからないことがあります。

開業にあたり顧客獲得をどこまでサポートしてもらえるかは重要視したほうがいいポイントでしょう。

価格設定もどの程度が適切なのかも相談できればなおよし。

FCで開業する場合は毎月のロイヤリティやランニングコストがかかってくるためここも加味して価格設定をしなければいけません。

当サイトではこういった点もチェックしているので複数のフランチャイズを比較してみてはいかがでしょうか。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 268.7万円
おそうじ本舗
初期費用 333.5万円
おそうじ革命
初期費用 381万円

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査