自宅で開業!フランチャイズ

自宅で開業できるフランチャイズ4選

このページでは、店舗を持たずに開業できるフランチャイズを紹介しています。それぞれの市場・開業資金などをまとめました。

ハウスクリーニング

顧客の自宅や、オフィスに出向いてクリーニングをする職業です。清掃で使う清掃道具のみで、在庫をもつ必要はありません。

フランチャイズに加盟すれば、研修でクリーニングスキルをしっかりと身に付けられます。「作業が好き」「細かいところに気を配れる」という方におすすめです。

営業がある・人の家にあがる仕事のため、ある程度の接客スキルが必要です。研修や開業後サポートをしてくれるフランチャイズがほとんどなので、未経験でも自信をもって開業できます。

市場

最近は少子高齢化や共働き世帯の増加で、「家の掃除に手が回らない!」という家庭が増えてきています。また、自分で掃除できないエアコンや換気扇などを業者に依頼するケースも増加中です。

水回り掃除、エアコンクリーニング、大掃除専門などフランチャイズによって得意とする分野が異なっており、競合他社に勝つポイントがあります。

IT・WEB系

パソコンやスマホをつかうお仕事です。業務内容は、中古車販売からライティングまでさまざま。用意するのは職場によって変わりますが、基本的にパソコン・スマホのみ。在庫はないので、開業リスクの小さな業種です。

また、自分の好きな時間で業務ができるのも嬉しいポイント。「ひとりで集中したい」「時間に縛られたくない」という方にぴったりです。

ただ、ITやWEBの技術進歩は驚くほど早いため、日々の忙しさにかまけてスキルアップを怠っていると、仕事を受けられないことも。積極的にスキルを身に付けられる好奇心旺盛な人に合っている業種です。

市場

IT業界は1990年から急激に成長している業種です。日本だけでなく、世界がIT化を進めているため、業界が衰えることは考えにくいでしょう。

高齢者向け配食サービス

高齢者に栄養バランスの整ったお弁当を届ける仕事です。注文を受けてから弁当を配送するため、店舗をもつ必要がありません。調理済みのお弁当を配送するため、自分で調理しなくてもOK。調理スペースや食材も不要なため、初期費用・ランニングコストが抑えられます。

市場

少子高齢化が進み、2016年には高齢者の人口が全体の27%に上ります。高齢者の一人暮らしも増え、在宅食の需要が上昇すると考えられています。

今まで昼食だけだったのが昼食と夕食の計2回に、利用回数は週2から週5に配食数自体も増えています。これから成長しやすい業種でしょう。

結婚相談所

会員のデータから最適な相手を紹介・月1回の面談・メールでのサポート・お見合いのセットをする仕事です。世話好き、人事業務の経験がある方におすすめ。体力を消耗しない仕事で定年はありません。長く続けられるのが魅力です。

オーナーが用意するのは、パソコンと電話のみ。店舗を構えないので、低リスクで開業できるのが嬉しいポイントです。

市場

近年は生活の多様化が広がり、結婚しない方も増えてきました。またマッチングアプリの登場によって、結婚相談所の利用数も減っています。

しかしマッチングサイトで出会えなかった人達が行きつく先として、人気があるのも事実。結婚相談所を開業したい方は、これからの社会情勢や婚活コンテンツの行方をチェックしておきましょう。

自宅で開業できるフランチャイズ4選

衣料クリーニング店

スーツやおしゃれ着など、自宅では洗濯が難しい衣料品を預かってクリーニングする仕事です。フランチャイズ加盟なら高額な機械を設置する必要はなく、受付カウンターと保管スペースがあればOK。洗濯や染み抜きは本部が行うため、技術も必要ありません。

自宅を若干改装する手間はかかりますが、駅前や住宅街など立地が良いところに住んでいるならおすすめです。

市場

自宅で洗濯できるスーツの登場や洗濯機・洗剤の進化などもあり、衣料クリーニング業界全体はやや縮小傾向にあるようです。

しかし、最近は洗いにくい布団やまくらのクリーニングサービスや宅配クリーニングなど新しいサービスも登場しています。高齢化が進むこともあり、自分で洗濯が難しくなった高齢者向けのサービスなども需要があるでしょう。収納スペースが少ない都市部や住宅地では、季節ものの預かりサービスなども根強い需要があります。

美容系サロン

フェイシャルエステやネイルサロンなど、外見を整える仕事です。自宅の一室で手軽に開業でき、フランチャイズの研修制度を使えば未経験でも技術を習得できます。美容関係の仕事に興味がある方におすすめです。

個人開業の場合最初の集客が大変ですが、フランチャイズブランドを販促に活用できるのが強みとなります。

市場

女性の美に対する需要はいつの時代もなくなることはないため、今後も手堅い業界といえるでしょう。若者からマダムまで、年代を問わず需要がある点も特徴です。

習い事教室

パソコンや英会話などの実用スキルや料理やギターなど、趣味の技術を受講者に教える仕事です。もともと自分が持っているスキルや興味のある分野を選べるため、得意なことがある方におすすめと言えます。

最近は英会話のようにリモートで対応できる習い事も多いため、パソコン一つあれば始められるのが大きなメリットです。

市場

さまざまな分野のグローバル化に伴い、個人・企業問わず英会話教室の需要は増加中です。ギターやカメラなどの定番の趣味系習い事は、一定の需要が見込めます。

スマートフォン修理

iPhoneやアンドロイドなどのスマートフォンの故障を修理する仕事です。フランチャイズチェーンも多数展開されていて、技術指導もあるため未経験での開業も不可能ではありません。細かい作業に自信がある方にはおすすめの仕事といえるでしょう。

大きな設備投資が不要で、郵送スタイルなら無店舗の自宅開業も可能です。

市場

従来のフィーチャーフォンに変わって、スマートフォンの需要は伸びています。今後もライフラインの一つとして使われ続けるため、需要が減る可能性は少ないでしょう。

自宅開業には開業届が必要

開業届とは?

自宅で何らかの事業を営む場合、開業届を地域の税務署に提出しなければいけません。正確には「個人事業の開業届出・廃業届出等手続」という手続きで、基本的に起業した日から1か月以内に提出する必要があります。

手数料はかからず特別な必要書類もないため、インターネットで入手した書類に記入して提出すればOKです。

開業届を提出するメリット

開業届は基本的に提出するよう義務付けられていますが、提出しなくても罰則はありません。しかし、開業届を提出すると2つのメリットがあります。

1つ目は確定申告のときに青色申告が選べるようになり、節税効果があるという点です。開業届と一緒に「所得税の青色申告承認申請書」が提出できるようになり、個人事業主として確定申告できます。青色申告は所得控除額の拡大や赤字の繰り越しなど優遇されているため、所得が大きくなるほど節税効果が期待できるのがメリットです。

2つ目のメリットとして、屋号で銀行口座をつくることができます。開業届には事業の屋号を記入する欄があり、自分で決められるのがポイントです。必須項目ではありませんが、屋号を決めることで事業専用の口座を作れるようになります。信頼性のアピールにつながり、融資の審査などにも有利に働くのは大きなメリットとなるでしょう。

自宅で開業するメリットは?

自宅で開業できる業種のほとんどは、店舗を必要としないため開業資金を低く抑えられます。また店舗維持のランニングコストもかからず、利益率が高くなるビジネスです

ただ、店舗を必要とする業種よりもスキルを求められることがあります。スキルを身に付けて、長期間働きたいという方にこそおすすめです。

通勤時間がない

自宅で働くスタイルは通勤する必要がないため、時間と負担を軽減できるのはとても魅力です。浮いた時間で事業を強化したり、趣味を楽しんだりできます。毎朝の通勤電車を回避できる、精神的なメリットも大きいでしょう。交通費がかからず、車・自転車・バイクなどの移動手段も必要ありません。

好きな時に働ける

ITやWEB関係の自宅開業なら、就業時間に縛られず好きな時間に働ける点は大きなメリットです。集中しやすい時間に効率良く働き、すき間時間に用事を済ませられます。平日フルタイムで働いていると難しい役所への手続きも、自宅開業スタイルならスムーズにこなせるでしょう。

早朝から働いてお昼はプライベートタイム、夜からまた働くといった自由な働き方も可能です。仕事の日も習い事や友人との会食などの予定も組みやすくなります。

育児や介護と両立しやすい

小さな子供や介護が必要な家族がいる場合も、自宅開業なら仕事と両立できます。子どもを幼稚園・保育園に送り迎えする手間がなく、いつでも目が届く場所で見守れるので子育ても安心です。介護シーンでもトイレの補助など必要なときに手を貸せて、体調の変化にも気を配りやすくなります。

人間関係に悩まず済む

基本的に一人で働く自宅開業スタイルなら、上司や同僚との人間関係に悩む心配がありません。飲み会や会議に時間を取られることもなく、効率的に働ける点は大きなメリットです。

従業員を雇う場合も自宅営業なら少人数になるため、仲が悪くなることは少ないでしょう。転職の原因で多いといわれる人間関係の悩みが少ない点は、自宅開業ならではの魅力です。

自宅で開業するデメリットは?

情報の取り扱いに注意

顧客情報や売上記録など、流出すると困る情報の取り扱いには注意が必要です。自宅の一室やリビングなど共有スペースで事務作業をする場合、家族が間違えて持ちださないようにしなければなりません。お客さんを自宅に招く業種の場合、売上データなどは目に触れない場所に保管することも重要です。

情報が目につかないような専用のワークスペース、金庫などセキュリティ面の強化は必要になるでしょう。

集客が難しいケースも

エステサロンや習い事などの業種だと、自宅環境では集客が難しい場合もあります。駅やバス停といった公共交通機関からの距離や駐車場の有無など、通いやすい環境でないとお客さんが集まりにくいかもしれません。

自宅だとお客さんから「個人経営のお店」と認識されるため、大手志向のお客さんを捕まえにくい点もデメリットと言えます。駅前や大型駐車場を備える店舗型と比べると、若干のデメリットがある点は把握しておきましょう。

仕事とプライベートの区別が難しい

自宅でいつでも働ける反面、常に仕事が目の前にあってプライベートとの切り替えが難しい点も注意が必要です。

クリーニング店のような店舗型運営の場合、営業時間内にお客さんが来たら常に対応しなければいけません。従業員を雇う余裕があれば負担を軽減できますが、一人で運営するなら常に在宅する必要があります。

勤め人として働いているときは出退勤の時間が気持ちの切り替えになっていた人も、通勤がなくなり切り替えが難しくなるかもしれません。大抵は慣れれば問題ありませんが、自宅開業してしばらくは戸惑いがあるでしょう。

ご近所さんとの人間関係に注意

料理教室やクリーニング店など接客を伴う業種の場合、ご近所さんとのトラブルリスクがあるのはデメリットといえます。知り合いに利用してもらえるのはありがたい反面、万が一クレームがあると近所で噂が広まってしまう可能性も。「あそこはサービスが良くない」とネガティブなイメージがつくと、大きな機会損失につながるかもしれません。

無茶なクレームや要望を投げつけられても、知り合いだと対処が難しいものです。円満に解決できないと、自治会などの地域コミュニティで気まずい思いをする可能性も…。地元で開業する場合のリスクも考え、日ごろから近隣の方と良好な関係を築いておく必要があります。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査