ハウスクリーニングのサービスメニュー

ハウスクリーニングのサービスメニューは、集客に影響を与える大切な要素となります。なぜならハウスクリーニング業界は競合が多いと言われており、その中から見つけてもらうには独自性を打ち出す必要があるためです。特にフランチャイズに加盟していないハウスクリーニングでは、独自性の高いメニューも作りやすいため工夫したいポイントと言えます。ここではサービスメニューの作り方について解説しますので、ハウスクリーニング独立開業のための参考としてください。

ハウスクリーニングのサービスメニューの作り方

基本メニューの作り方

多くのハウスクリーニング業者では「キッチン」「浴室」「水回り」など、場所別にサービスメニューが用意されています。部屋全体のクリーニングメニューを設置しているところも見られます。

メニュー数が多ければ多くの需要に応えられますが、「どこまで対応できるか」を基本として考えなければなりません。掃除の技量によっては、難しいメニューもあるはずです。

オプションメニューの作り方

「レンジフード」「浴室追い焚き配管」「洗濯機分解クリーニング」など、特に汚れやすい部分のクリーニングメニューがオプションにあれば、基本メニューとあわせての依頼で客単価がアップしやすくなります。

汚れやすい部分は一般の方では掃除が難しいため、定期的な依頼も期待できるはずです。「庭の草むしり」「洗車」などのオプションも定期依頼されやすいメニューと言えます。

料金体系について

料金体系には「時間制」「場所制」の2種類が見られます。時間制の場合は「30分◯◯◯円」などで、場所制は「キッチン◯◯◯円」などの設定です。

キッチンや浴室など、場所を限定するメニューでは場所制となり、部屋や家全体のクリーニングでは時間制が採用される傾向があります。

ハウスクリーニングのサービスメニュー作りの注意点

競合との差別化を意識する

まずは競合との差別化を意識してください。特にオプションメニューは競合との差別化をはかるために重要です。他にも複数のメニューを依頼したときの「セット割」を設定するのも差別化につながります。

他にも独自性のあるクリーニング方法をメニューにするのも方法のひとつです。たとえば石鹸と漂白剤だけを使用する、環境に配慮したクリーニングをするメニューなどが考えられます。

キャンペーンで集客しリピーター獲得を目指す

ハウスクリーニング業界は競合が多いため、まずはキャンペーンで目立ち、そこからの集客でリピーター獲得を目指す方法があります。たとえば「ハウスクリーニングサービスメニュー全品30%オフ」「エアコンクリーニング半額」などです。

開店・1周年・夏前期間限定…と時期を変えてさまざまなキャンペーンを開催すれば、徐々にリピーターが増えていくかもしれません。

まとめ

ハウスクリーニングのサービスメニューを作るには、まず対応できる範囲内で基本メニューを決め、独自性のあるオプションで差別化をはかることを意識してください。セット割やおまとめパックなど、複数のメニューをまとめて依頼してもらいやすい仕組みを作ると客単価アップにつながります。

ハウスクリーニングのサービスメニューは集客力に影響を与えるため、多くのハウスクリーニングの業者の中から見つけてもらえるようなメニュー作りをしましょう。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 268.7万円
おそうじ本舗
初期費用 333.5万円
おそうじ革命
初期費用 381万円

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査
おすすめフランチャイズ3選
「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています
「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、
開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています