ゼロクリーニング

このページではハウスクリーニングFCの「ゼロクリーニング」の特色や開業資金、サポート体制などのフランチャイズの概要について紹介していきます。

ゼロクリーニングのハウスクリーニング開業の特色

店舗がいらず、低資金で開業できるハウスクリーニングFCの「ゼロクリーニング」。母体の株式会社M&Sは、ハウスクリーニング業務のほかに、IMコーティングという耐久性の高いガラスコーティング事業やレザーリメイク事業、自社開発のエアコンフィルターの販売、総合コンサルティング事業など多角的業務を行っている会社です。

ゼロクリーニング加盟店は自社製のオリジナル洗剤を安く仕入れられたリ、面倒な経理や事務作業を本社が運営しているコンサルティング事業に代行してもらうことができます。またハウスクリーニング加盟店には、自社のオリジナル洗剤や商品の販売権利も与えられます。商品販売による利益を得ることもできます!

ゼロクリーニングの注目ポイント

  • 自社製のオリジナル洗剤でランニングコストを抑えられる
  • 面倒な事務や経理業務は本社に任せられる(有料)
  • 自社オリジナル洗剤や商品の販売権利を与えられる
  • 初期資金を抑えて開業できる(必要機材費や研修費を合わせて144万円)
  • 研修期間は自己設定。納得できるまで現場研修可能
ゼロクリーニングのフランチャイズ概要
開業資金・加盟金
  • 開業資金:144万円
  • ※詳細は不明ですが、加盟金・必要機材費・研修費を含みます
ロイヤリティ
  • 定額:5万円/月
契約タイプ
  • フランチャイズ契約
契約期間
  • 2年間(以降自動更新)
開業地
  • 公式HPに記載なし(現在は神奈川エリアを中心に展開)
収益モデル
  • 売上:お掃除機能付きエアコン洗浄2台分48,400円×15件=72.6万円
  • 営業利益:72.6万円−経費16.2万円=56.4万円
サポート体制
  • 開業前の研修
  • 研修内容は、座学(清掃業務の基礎知識・技術・サービス)、現場での実技研修、営業研修
  • 実技研修は教育スタッフが担当
  • 研修期間はFC加盟者が納得できるまで実施
  • 開業後も技術のスキルアップ研修や集客研修などフォローアップ研修あり
  • 事務・経理代行(有料)あり
  • 開業資金の融資制度あり
加盟条件
  • 公式HPに記載なし
車両
  • 車、または原付を加盟者が用意

ゼロクリニック公式HPのほかに次のサイトを参考にしています。
参照元:マイナビ独立「ゼロクリニック」(https://dokuritsu.mynavi.jp/contents/3646)

最新の情報はゼロクリニックへ直接お問い合わせください。

ゼロクリーニングの特徴って?フランチャイズ_特徴

開業資金は研修費を含み144万円!

具体的な内訳は不明ですが、ゼロクリーニングのFC開業資金は144万円とのこと。こちらには加盟金、研修費用、ハウスクリーニングに必要な機材費も含まれています。またマイナビ独立の情報によると、起業資金の融資も行っているようです。個人で開業資金を用意するのが困難な人は、その他の疑問点も含めて相談してみましょう。

またゼロクリーニングは、母体の「M&S」が開発した洗剤やコーティングなどを格安料金で卸してもらえるので、ランニングコストを安く抑えられます。

技術や営業面のサポート環境が確立されているのも嬉しいポイントです。開業前の研修制度は日数が決められておらず、個人で開業できる自信がつくまで受講できます。また開業後も引き続き技術のスキルアップ研修や、集客のための営業研修を受けることができます。

自社オリジナル商品の販売権利が得られるため、メディアで紹介されたエアコンフィルターなどを販売して収入アップすることも可能です。

フランチャイズ加盟希望者に配布する資料

ゼロクリーニングのFCに加盟したい希望者に配布する資料についての記載はありませんでした。直接お問い合わせください。

ゼロクリーニングの説明会

公式HPにFC加盟説明会についての記載はありませんでした。

ゼロクリーニングで開業した場合いくらの利益がでるのか

ゼロクリーニングのフランチャイジーとして開業した場合、一ケ月あたりの利益はいくらになるのか、シミュレーションしてみました。

ハウスクリーニング業でかかる必要経費を計算しよう

会計

一人体制の起業で、ひと月あたりにかかる消耗品費や販売管理費などの必要経費を計算してみましょう。

  • ロイヤリティ:50,000円(固定)
  • 広告分担費:15,000円(固定)
  • ガソリン代・駐車場代:約20,000円
  • 資材費:約32,000円
  • 通信費:約15,000円
  • ※事務代行費:30,000円(固定)

月々の経費合計は162,000円となります。事務処理を自己で行う場合は132,000円です。

売上高をシミュレーションしよう

次にひと月あたりどれくらいの売上高が期待できるか、ゼロクリーニングの料金表からシミュレーションしてみます。

部分クリーニングの料金目安

  • 壁掛けノーマルエアコン:9,900円
  • おそうじ機能付きエアコン:15,400円
  • エアコン室外機:5,500円
  • エアコン防カビコーティング:3,300円
  • キッチン全体:24,500円
  • トイレ全体:11,000円
  • 浴室全体:14,300円
  • 洗面台全体:11,000円〜
  • フロア洗浄ワックス(20m²以下):13,200円

ハウスクリーニングの依頼は家庭ごと異なりますが、最も多いのがエアコンの清掃です。

仮に壁掛けノーマルエアコンと室外機、防かびコーティングを1家庭2台分、1カ月に15件の依頼が入ったた場合、次のようになります。

  • (15,400円+5,500円+3,300円)×2台×15件=726,000円

1カ月の売り上げは約72万円になりました。

月々45万円〜が営業利益に

1カ月の売り上げの72.6万円から必要経費の16.2万円を引くと、56.4万円が営業利益として残ります。実際は開業資金の融資の返済なども発生しますが、それを差し引いても45万円以上の利益が見込めます。

さらにゼロクリーニングは自社のオリジナル商品を販売して利益を得ることも可能です。営業次第ですが、オーナーによってはハウスクリーニングの利益とは別に、1カ月13万円以上の販売利益を得ている人もいるようです。

ゼロクリーニングでハウスクリーニングを開業したオーナーの声

ゼロクリーニングでハウスクリーニングを開業したオーナーの声を見つけることはできませんでした。

ゼロクリーニングでのハウスクリーニング開業まとめ

定額式のロイヤリティとリーズナブルな初期費用

ロイヤリティ

「ゼロクリーニング」の開業資金は機材や研修費を含み144万円と、比較的安価なのがポイント。また月々にロイヤリティと広告分担費合わせて定額6.5万円が発生しますが、クリーニング業務に集中できることを考えれば、大きな負担とは言えないはず。収入がアップすれば、定額式は売上歩合制より負担は軽くなります。

安心できる手厚いサポート

ハウスクリーニングのFC会社の中には、加盟金目当てで加盟者を増やすことにやっきでサポートが手薄な会社もあります。しかしゼロクリーニングは、開業前の研修および開業後のサポートが手厚く、お客様に安定したサービスを提供できるよう技術接&接客研修をしっかりと行っています。リピートされるハウスクリーニングを目指し、本部と加盟店がウインウイン関係を築けるノウハウを取得できます。

会社概要

  • 運営会社:株式会社M&S
  • 所在地:神奈川県川崎市高津区久末676-1
  • 設立:2013年 7月
おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 268.7万円
おそうじ本舗
初期費用 333.5万円
おそうじ革命
初期費用 381万円

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査