ハウスクリーニング開業にSNSアカウントは必要か?

SNSは集客のために広く活用されていますが、ハウスクリーニングの独立開業でSNSアカウントがあると、低コストで高い集客効果が期待できます。しかしSNSアカウントによる集客にはメリットばかりではなく、デメリットもあるため、運用方法によっては効果が現れないことも少なくありません。そこでここでは、ハウスクリーニング開業でのSNS活用のメリット・デメリットと運用のポイントを解説します。

ハウスクリーニング開業にSNSアカウントを活用するメリット

無料で宣伝ができる

SNSアカウントを集客に活用する大きなメリットが、基本的に無料で利用できることです。ほとんどの媒体では広告を出すために費用がかかります。しかしSNSであれば無料であるため、リスクのない宣伝が可能です。

特にフランチャイズに加盟していないハウスクリーニング業者にとって心強い宣伝方法だと言えます。

情報拡散力が高い

SNSの特徴は「情報拡散力が高い」ことです。たとえばハウスクリーニング開業にあたって作成したSNSアカウントのフォロワー数が10名であっても、10万人のフォロワーがいる人に情報を拡散してもらえれば、一気に10万人以上の人に見てもらえる可能性もあります。

顧客とのコミュニケーション増加

顧客と簡単にコミュニケーションが取れるのも、SNSの大きな特徴です。ホームページなどでは難しい会話形式のコミュニケーションも取れ、顧客から親近感を抱いてもらいやすくなります。気軽に質問してもらえることもあるかもしれません。

ハウスクリーニング開業にSNSアカウントを活用するデメリット

悪い評判が流れる恐れがある

SNSの情報拡散力は、良い情報にだけ言えることではありません。ハウスクリーニング開業にSNSを活用した場合、店舗にとって都合の悪い評判が広まる可能性もあります。

運用コスト

SNSは基本的に無料ですが、ハウスクリーニング開業にあたり「SNS広告」を出稿する場合は費用が発生します。また運用を継続していくには、運用コストもかかるはずです。

ハウスクリーニング開業にSNSアカウントを活用するポイント

複数のSNSを活用すること

集客を成功させるには、複数のSNSを活用すると効果が現れやすくなります。Twitter、Instagram、Threads、Facebookなど利用するSNSが増えるほど消費者の目に留まりやすくなる上に、異なった視点からのアプローチが可能となるためです。

たとえば文字での宣伝ならTwitter を、店内の雰囲気を伝えたいならInstagramを…と、使い分けてください。

価値のある内容を発信すること

続いてのポイントは価値のある内容を発信することです。ただの宣伝であったり、いつも同じような内容であったりすると興味を持たれにくくなります。

ハウスクリーニングであれば、自宅のお掃除に使える豆知識や便利な掃除道具紹介、時期ごとの掃除のポイントなどを発信すると消費者にとって「価値ある内容」となるはずです。

まとめ

ハウスクリーニング独立開業でSNSアカウントを活用すると、ともすれば低費用で高い集客効果が現れるかもしれません。ただしなかなか効果が上がらないことも多いため、ご紹介したポイントを把握して、継続的に価値ある内容の投稿を続けてください。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 268.7万円
おそうじ本舗
初期費用 333.5万円
おそうじ革命
初期費用 381万円

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査
おすすめフランチャイズ3選
「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています
「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、
開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています