ハウスクリーニングの集客方法

ハウスクリーニングで起業を検討している方は、集客のことを考えておいたほうがいいでしょう。ハウスクリーニングには需要があり、起業さえすれば依頼が次から次へと来るとは限りません。ここでは、ハウスクリーニングで多くの方から依頼が来るために考えておきたい集客のポイントをご紹介します。

集客方法を知らないとハウスクリーニングで起業しても成功は難しい

ハウスクリーニング業界ではまず知名度を高めるのが大切

プロのハウスクリーニング業者として起業しても、必ず依頼が来るとは限りません。理由はライバルが多いからです。

ライバル同士、見込み客を取り合っている状況のため、集客を無視すると依頼がまったく来ない日々が続くことになります。

ライバルが多いということは、ハウスクリーニングへの依頼を検討している方にとって選択肢がたくさんある状態です。そこから「値段やサービス」「技術力」「スタッフの対応」「有名か無名か」など、あらゆる情報を吟味して選びます。

ハウスクリーニング業者は、競争の舞台に上がって勝ち抜いていかなければなりません。集客を無視すれば、舞台に上がったことにも気づかれない可能性があるのです。ライバルより技術力やサービスや値段に自信があったとしても、知ってもらわなければ依頼が来ないのもしかたありません。

集客は単純に「知ってもらうこと」が最大の目的ではありません。目的は知ってもらう、利用してもらう、満足して固定客になってもらうことです。

統計の法則に、「パレートの法則」があります。パレートの法則は「上位2割が全体の8割の成果を生んでいる」という内容で、企業活動にも当てはまるのです。ハウスクリーニング業者も同じで、利益を得るには上位顧客が固定客となり「また依頼をしたい」と思ってもらわなければなりません。

効率的に利益を出すという視点で考えると、2割に当たる上位顧客に対する集客も考えなければならないのです。

また、新規顧客は一度利用すれば必ず固定客になってくれるわけではありません。再び利用してもらいたいと考えるのなら、サービスや費用面で工夫をしましょう。

単純に知ってもらうだけではなく、「新規顧客を固定客にして上位顧客にする」までが集客です。

集客がうまくいかない理由

まったく集客の努力をしない

「技術さえ持っていれば自然と依頼が来る」というスタイルの方もいます。「技術力さえあれば、自然と評価されるはず」という考え方です。確かに技術力が他社よりも圧倒的に高ければ、利用者が口コミなどで広げてくれると考える方もいるでしょう。しかし、確実に口コミで広がる保証もないですし、そもそも依頼が来なければそれも難しいのです。

口コミでの集客は強力ですが、まず最初に「自分は他社に負けないこんなサービスをしている。高い技術力を持っている」と接客的に発信しないと知ってもらえません。集客がうまくいかないのは「多くの人に自社の存在を知ってもらう積極的な行動」ができていないことが原因の1つとして考えられます。

集客が利益を上げるためというのが見透かされる

集客は固定客を増やして利益を上げるためです。ただ「自分たちの利益を上げるために集客を積極的に行っている」とお客に悪い方向に受け取られると、上手くいきません。多くの方に知ってもらうために集客を行う選択は、ハウスクリーニング業者として間違いではありません。

ただ、そればかり考えていると宣伝広告が「とにかく儲けたい」という雰囲気が強くなってしまうのです。「本当に顧客のために頑張っている業者」と「利益のみを優先」という雰囲気は、人の選択に大きな影響を与えます。後者のほうは見込み客にならず、そっぽを向かれてしまうでしょう。

お客に喜んでもらう集客ができていない

業者の利益だけを考えた集客に通じる失敗例です。お客の立場になってみた際、ハウスクリーニングを利用するとき、どんな業者なら「ぜひ依頼をしたい」と思えるでしょうか。

例えば「お得なお掃除パックサービスがある」「キャンペーン期間を設けて安くする」や「母の日や父の日のプレゼントでハウスクリーニングの提案」「3回利用したら割引サービスをプレゼント」など、業者によって様々ななサービスがあります。

お客の立場になって「どんなことをしたら喜んでくれるか」集客ではこの点を重視したアイディアを考えなければならないでしょう。

集客のポイント!市場状況や利用者に目を向けよう

市場状況を正確に把握しないと勝ち抜けない

ハウスクリーニング業界の数は、8,000店舗以上の大規模市場を形成しています。大規模な市場ということは、ライバルも多いため創意工夫で勝ち抜かなければなりません。ある意味、ハウスクリーニング業界はチャンスでもあるのと同時に、厳しい競争が繰り広げられていると考えたほうがいいでしょう。だからこそ、集客が重要となります。

情報を得られやすくなり、ハウスクリーニング業者の選択肢が増えたことも競争を激化させている理由です。インターネット広告、SNSなどでも各ハウスクリーニング業者が情報を発信しています。

ハウスクリーニング業界で生き残るには、市場状況を把握して他社がどんな集客やサービスを提供しているのか、冷静に見極めて戦略を練ることが今後ますます重要視されるでしょう。

ハウスクリーニングを利用する層はどこか見極める

集客の戦略を練るには「ハウスクリーニングをよく利用する層」を見極めなければなりません。ターゲットを明確にしないと「喜んでくれるサービス」「情報の伝え方」「利用することでどんなメリットがあるのか」を的確に伝えられないからです。

例えば、専業主婦と共働き世帯、どちらの層がハウスクリーニングをより利用したいと考えるでしょうか?専業主婦なら、日常的に家の掃除をしている可能性があります。一方、共働き世帯でお互い忙しいなら掃除まで手が回らないことも多いでしょう。どちらが、ハウスクリーニングに依頼をするか考えると共働き世代だと考えられます。

若者世代と高齢者で利用したい層は異なります。健康面と体力面を考えると、ハウスクリーニングに依頼を検討するのは高齢者が多いです。また、若者世代でも、高齢者と同居している場合は介護で忙しく掃除ができない場合もあります。

ハウスクリーニングに依頼をする層はどこなのか明確にしたほうが、効率的に集客ができるのです。

他社に負けない強みを明確にする

他社に負けない強みはどこか、明確化するのも重要です。価格設定やサービスなどがほとんど同じのライバルがいたとします。依頼者がどちらでもかまわないと考えるなら、あとは運次第です。しかし、他社に負けない強みがあれば話は変わります。その強みが決定打となり、依頼につながる可能性は十分にあるのです。

他社に負けない強みを明確にするためには、前提として「ターゲット」を意識しなければなりません。

高齢者をターゲットにするなら「どんなサービスなら喜んでくれるのか」を考えなければならないでしょう。そうすることで、強みの伝え方も変わってきます。よりストレートに想定したターゲットへ魅力を伝えられることで、ライバルに打ち勝てるでしょう。

強みがわからなければアンケートなどを取ってお客に聞く

どんなに考えても、強みを思いつけない方もいるでしょう。そんな場合、利用してくれたお客にアンケートを取るのもひとつの方法です。お客は利用者ですからシビアですし、社員にとって普通のことでも、客観的に見るとまた違う感想を持っている場合があります。

「誠実な対応で細かい気配りをしてくれる」のは、自分にとって当然と考える方もいるかもしれません。ただ、その点があるからこそ他社より優れていると評価されることもあります。

「プランがたくさんあるからニーズに合わせて選びやすい」「会計が明朗だから安心できる」など、特に気にしていなかった部分がお客にとって他社より魅力的と感じることも。客観的な強みを知りたいなら、アンケート調査をしてもいいでしょう。

具体的な集客方法の例!効率的に依頼を得るためのポイント

フランチャイズも選択肢に入れる

ハウスクリーニングで起業する場合、フランチャイズという選択肢もあります。フランチャイズの強みは「ブランド力」があることです。

お客の立場だと、ハウスクリーニングに依頼した場合、家に入られることを考えます。その場合、個人事業者だと不安に感じられるかもしれません。フランチャイズなら知名度もあり、起業したばかりでも「大手ハウスクリーニングの名前」がバックにあるためお客が不安になりにくいのです。

広告や集客戦略も自分で考えなくて済み、代わりに本部が効果的な方法で行ってくれます。また、ノウハウや技術や商品なども本部が教えてくれるのがメリットです。

ただし、ロイヤリティは支払わなければなりません。加盟費用や研修費用の用意も必要です。メリットもありますが、デメリットも理解して検討したほうがいいでしょう。

コツコツ法人や大家さんに営業をかける

会社やマンションやアパートなどは大口の取引です。仕事が入れば大きな利益になるため、法人や賃貸物件の大家さんにコツコツ営業をかける方法があります。ただし、すでに他のハウスクリーニング業者、しかも大手と長期的な契約をしている場合も多いため困難な方法です。

また、分かりやすく他社との違いを説明し、魅力的と感じてもらわなければなりません。そのために、コミュニケーション能力が重視されます。検討以前に「間に合っている」と、話を聞いてもらえずに即時断られることもあるでしょう。それでもコツコツ営業をかけることで、チャンスをつかめる可能性はあります。

チラシを制作してポストに投函

チラシを制作して1軒ずつポストに投函する方法です。自分で制作するのはもちろん、外部業者への委託でもコストはかかりません。ただし、チラシによる集客に過度な期待は禁物です。1,000枚配っても反応がないケースもあります。

実際、ハウスクリーニングに限らずポストに入れられたチラシを見ても「へー」で終わりか、すぐゴミ箱に捨てていることはありませんか?

それでも、中には興味を持ってくれるご家庭が数件あります。何度も行っていると、徐々に存在を覚えてもらえる可能性も高まるでしょう。

ただ、自分で多くのチラシを配らなければならない、制作への費用や労力というデメリット部分も考えた上で実行しなければなりません。

ホームページやSNSを使って情報発信

現代的な情報発信による集客方法がインターネットの使用です。ホームページやSNSは大手から中小、個人のハウスクリーニング業者まで利用しています。どんなサービスやプランがあるか、金額の情報や依頼の受付までホームページで行えるのがメリットでです。メールなら24時間受付にも対応でき、依頼を受けられるチャンスが増えます。

また、ホームページを見ているのは「ハウスクリーニングを頼みたいと考えている人」の可能性が高いです。両親や友達のために、いいハウスクリーニング業者を探している方かもしれません。

ただし、自分でホームページを作るのは大変な作業です。専門業者に依頼する場合、100万円以上は見積もっておかなければなりません。未来への投資と考えるか、別の方法を選ぶか冷静な判断が求められます。

マッチングサイトを活用する

ハウスクリーニングのマッチングサイトを利用するのもいいでしょう。マッチングサイトとは、ハウスクリーニングなどの業者と利用を検討している方のマッチングをサポートするサイトです。

例えばサイト内にいくつものハウスクリーニング業者が紹介されており、見込み客は自分のニーズにあっているか業者の情報を効率的にチェックできるのです。

セールスポイントなどの強みや口コミ情報、基本料金やサービスの情報を掲載できます。ホームページを自力で作らなくても情報発信ができるの魅力です。

ただし、ライバルが非常に多いため、その中で目立つためには実績をコツコツ積み上げなければなりません。場合によっては、誰にも見られず埋もれてしまうリスクもあります。

ハウスクリーニングで起業するなら集客は必須

ハウスクリーニングで起業する場合、ライバルとの競争を勝ち抜かなければなりません。そのためには集客への意識を高めることが重要です。集客により情報発信し、存在を知ってもらって固定客を複数作らないと仕事が増えません。

現代的な方法としてインターネットの活用があります。サイトやSNSで情報発信すれば多くの人に知ってもらうチャンスが広がるのです。マッチングサイトに情報を掲載するのもいいでしょう。まずは世の人に「知ってもらう」というハードルを超えることが、成功につながるポイントの1つです。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月

※2021年9月17日現在、情報は変更されています

おそうじ隊501
初期費用 250万円
ロイヤリティ 売上の6%
おそうじ本舗
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2016年11月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2016年11月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査