60代で脱サラしてフランチャイズを始めるための秘訣

現在ではサラリーマン生活を終え、いざ定年となった場合でも「まだまだ元気に働ける」 という方も多くいらっしゃいます。定年を迎えた60代の方の中にはフランチャイズで脱サラをして夢をかなえるという方も多くなってきています。もちろん、60代での起業は決して遅くはありません。ここでは60代からフランチャイズで脱サラするポイントを紹介します。

60代での起業は決して遅くない

「人生100年時代」と言われる現代では、60代からの起業は決して遅くはありません。60代と言えば、定年によって仕事が落ち着いたり子どもが独立したりと比較的自由な時間が持てる年代でもあります。

そこで、昔やりたかった仕事にチャレンジしてみようと考えるのはごく自然なことです。実際に60代で起業をして自分の好きなように夢を叶えている方も大勢いらっしゃいます。何かと不安が叫ばれている現在であればなおさら、60代での起業は決して遅くはない選択肢の一つでもあるのです。

60代からのリスタートをしている方も多い

先程、60代からリスタートしている方は大勢いるとお伝えしました。 実際に独立開業する人の割合としては30代が最も多くなっています。 20代で社会人経験を積み、 夢や目標に向かって自分の力を試すという方が多くなっているからでしょう。 そして60代は30代に続いて独立開業をする割合が多くなっています。これは人生の一区切りである定年を迎え新たなことをやろうと計画する人が多いとも言えます。

60代だから…と諦めてしまうのはもったいなく、何かを始めることに遅いということはありません。60代からのリスタートは十分に可能なのです。初めての開業であれば運営サポートや研修が充実したフランチャイズを利用するというのも一つの方法です。 まったくのゼロから開業を始めるよりも、安心して新たなスタートを切りやすいでしょう。

60代で脱サラするための秘訣

経験を活かす

60代で脱サラするにあたって、今まで培ってきた経験を活かすというのは大きな効果があります。 これから取り組むことが直接的に経験を活かせる業種出なかったとしても、今までの経験や人脈というのは無駄にはなりません。無駄にならないばかりかプラスに働くことも多いでしょう。

何をしたいか自分と向き合う

独立開業する意志が固まったら、改めて「自分は何をしたいか」に向き合いましょう。 先程お伝えしたようなフランチャイズであれば運営上で大きなメリットが得られますし、そうでない場合と比べて困ること少ないはずです。しかし、実は自分がやりたいことではなかったと言う理由でリタイアしてしまう方が多いのも事実です。

そうならないように、改めてご自身と向き合うというのは脱サラして成功するための大切な時間の一つになります。

事前の準備はしっかりと

自分がやりたいこと・経験があることであっても、 綿密な事前準備は行わなくてはいけません。もちろん予想外のことが発生するのは当たり前ですが、事前準備ができているのとそうでないのは大きな差があります。 例えば、どのようなところに出店をして、どのようなコンセプトにするか、スタッフの確保はできるのか。

また、そのための資金はどうするのかといった具体的なイメージを 作り上げていく必要があります。

資金を確保する

資金を確保する方法は多くあります。ですが60代で脱サラをする場合は銀行からの借入は極力避けた方が無難です。また、生活資金を運転資金に回すというのもリスクが大きすぎます。というのも、キャッシュフローが悪化した場合に公私における資金難に落ちてしまうからです。

事業開始当初は、今までの剰余金で賄っていく・シニア向けの助成金や補助金を利用するといった資金の確保の仕方を行っていきましょう。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査