脱サラで独立する前に抑えるべきポイント

誰かに雇われるスタイルではなく、脱サラし独立を目指している人も数多くいます。法人として会社を立ち上げたいと思う人もいれば、個人事業主として開業したい人など状況は様々ですが、どんな形にしても経営者という立場は変わりません。これまでサラリーマンと経営者では、働き方や納税方法など大きく変わってしまうでしょう。そのため準備もせずに独立をしてしまうと、様々な段階で躓いてしまうことも。だからこそ脱サラを思い立ったら、まずは念入りに準備を行ってください。しっかり準備を行うことが成功するための秘訣です。

脱サラ前に準備するポイント

事業内容を具体的に思い描く

ただ「脱サラしたい」「金持ちになりたい」では、独立が上手くいくとは思えません。まずは何がしたいか、どのような経営を行っていくのか、具体的なプランを思い描きましょう。その際、実現性の低い夢物語を思い描いても意味がありません。できる限り具体的で、かつ実現可能なプランを考えましょう。また質の高い事業内容を創り上げることで、銀行からの融資を受けやすくなるメリットもあります。

どうしても一人では考えられないという方は、同業者として働いている人の話を聞くようにしましょう。同じ夢を追いかける者として、様々なアドバイスがもらえるはずですよ。

税金や社会保険料について学ぶ

サラリーマンの場合、健康保険料や厚生年金保険などは給与から天引きされています。さらに人によっては住民税などの税金も一緒に差し引かれているでしょう。そのため税金や健康保険料について全く知識がない方も多いはず。知識ゼロの状態で独立すれば、支払額を見てビックリするでしょう。その結果、想定以上の費用を捻出しなければならず、脱サラを後悔するかもしれません。脱サラをする前に、しっかりと必要経費として税金や社会保険料の額を確認しておいてください。

準備資金・必要物品を考える

独立をする場合、業種によって準備資金が大きく異なります。たとえばカフェなど店舗を出す場合には家賃や内装工事などの費用がかかってくるでしょう。反対にネットを使った業種であれば、準備資金は抑えやすくなります。手持ちのお金で充分足りる状況であれば問題はありませんが、もし不足するのであれば銀行に融資を相談しなければなりません。ただ融資が必ずしも通る訳ではなく、返済に苦労するリスクも背負います。長期的プランを考え、本当に返済可能なのか慎重に見極めましょう。

また準備資金を考える際に、必要な物品について考えることも大切です。一つ一つは少額であっても、トータルすると想定以上の金額になってしまうことも。少し余裕をもって見積もることで、本当の意味の必要経費を把握することができますよ。

学びの機会を増やす

経営者になることは、想像している以上に労力が必要になってきます。本やネットなどで学んだり、セミナーに参加するなど、知識を増やしていくようにしましょう。知識を増やすことは、どんな業種であれ、何らかの役に立つはずです。もちろんサラリーマンとして本業を抱えながら、勉強をするのは大変かもしれません。しかし独立後の経営をスムーズにするためにも、勉強にかける時間は惜しまないようにしてくださいね。

まとめ

脱サラし、独立することは簡単です。しかし独立し、成功することは非常に大変でしょう。後悔しない独立をするためにも、事前準備をしっかり行ってくださいね。資金面や経営などに不安を抱えている場合なら、フランチャイズという独立方法も一つの手です。大手のブランド力を手に入れるだけでなく、金銭面や経営のノウハウなど様々な支援を受けることもできるでしょう。少しでも負担なく脱サラを行うためにも、慎重に考えてみてくださいね。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月

※2021年9月17日現在、情報は変更されています

おそうじ隊501
初期費用 250万円
ロイヤリティ 売上の6%
おそうじ本舗
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2016年11月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2016年11月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査