脱サラしてフリーランスになるメリット・デメリット

フリーランスって何?

フリーランスとは特定の企業と雇用契約を結ばずに、独自で業務を行う働き方のことですフリーランスとして活躍する職種として、ライターやイラストレーター、WEBデザイナーなどがあります。

はじめから大きな利益が得られる確証がない場合、まずはフリーランスや個人事業主としてスタートする人が多いでしょう。法人になれば様々な手続きや費用が必要になってきますが、個人事業主なら開業届を出すだけなので、非常に簡単に事業をスタートすることが可能です。もちろん最初から大きな利益が出ると分かっている場合には、法人の方が最適でしょう。手続きが複雑な分、税金面などでメリットが大きいからです。

個人事業主であっても、確定申告は必須です。年に一度、収支を計算し所得税などを申告しましょう。

フリーランスのメリット

フリーランスの最大のメリットは「自由」という点。働く場所や時間、休みなど全て自由に決めることができます。そのため急な用が入ったとしても、休みもとりやすいでしょう。またフリーランスは案件ごとに契約を結んでいるケースが多いため、一つの企業だけでなく複数の企業と仕事を行っています。そのため人脈が広げやすいというメリットもあるでしょう。幅広く人脈を持つことで、今後の経営にプラスに働くケースも少なくありません。

フリーランスのデメリット

フリーランスのデメリットは信用の低さ。案件ごとで仕事を受けるため、収入面が不安定になりがちです。そのため融資が受けにくい、カードの審査が通りにくいなど、対外的な信用が必要な場面でデメリットを感じてしまうでしょう。

フリーランスで働くために

手続きに必要な書類などの準備

フリーランスで仕事をする場合、まずは保険や年金を切り替える必要があります。サラリーマンであれば社会保険や厚生年金に加入していた人がほとんどでしょう。しかし脱サラするなら国民健康保険に加入するか、社会保険を任意継続するか選択しなければなりません。また年金も国民年金に切り替える必要があります。どちらも退職後すぐに手続きを行う必要があるため、前もって手続きの仕方を調べておきましょう。

またフリーランスの中には開業届を出さない人もいますが、税金でのメリットを考えれば開業届を出しておいた方が良いでしょう。近くの税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書」を提出するだけなので、手続き自体は非常に簡単です。もちろん開業届をだすことで確定申告が必要になってくるため、確定申告の方法なども調べておくようにしてくださいね。

本当に稼げるのか一度やってみる

フリーランスの場合、WEBライターなどネットを活用した職種がほとんどです。そのためサラリーマンのときに副業として、いくらぐらい稼げるのかやってみましょう。もちろん会社によっては副業禁止のケースもあるので注意してくださいね。事前に稼ぐことが分かれば、安心して脱サラしやすくなるでしょう。生活費が稼げると分かってから、脱サラしても遅くはありませんよ。

対外的な信用が必要な手続きを行っておく

フリーランスは残念ながら信用が低い働き方です。そのため脱サラをする前にクレジットカードを作っておきましょう。1枚で充分と思いがちですが、仕事用とプライベート用は分けておいた方が良いと言われています。また限度額も引き上げておけば、いざと言うときに助かるでしょう。

他にも引っ越しの予定がある方は、サラリーマンのときに賃貸契約を結んでおく方がオススメです。マンションやアパートによっては信用が低いと入居を拒否されることもありますよ。

まとめ

脱サラして、フリーランスとして働く方法も一つの手です。ただし信用が下がるなどのデメリットもあるので注意しましょう。フリーランス以外にもフランチャイズの経営者になる方法などもありますよ。自分に合った働き方を考えてみてくださいね。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ隊501
初期費用 250万円
ロイヤリティ 売上の6%
おそうじ本舗
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2016年11月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査