ハウスクリーニング独立開業フランチャイズおすすめガイド » ハウスクリーニング業界のすすめ » ハウスクリーニング開業に「向いている人・向いていない人」

ハウスクリーニング開業に「向いている人・向いていない人」

開業資金も少なく安定した収入が見込めるハウスクリーニングですが、実際に開業するにあたり、「向いている人・向いていない人」が存在するようです。

ハウスクリーニング開業を考えているのなら、知っておきたい「向いている人・向いていない人」の特徴についてご紹介します。

ハウスクリーニングに向いている人の特徴

ハウスクリーニングの開業は男性だけではなく女性にもおすすめといわれていますが、その理由はハウスクリーニングに向いている人の特徴を見てみるとよくわかります。 ハウスクリーニングが向いている人の特徴について詳しく見ていきましょう。

真面目に仕事に取り組める

ハウスクリーニングは手抜きのできない仕事です。 徹底的にお部屋を綺麗にし、誰が見ても汚れがないという状態に仕上げなければいけません。

「このぐらいでいい」という妥協はできない仕事ですので、まじめに仕事に取り組める人はハウスクリーニングにとても向いています。

明るい性格である

一般家庭へ赴くハウスクリーニングでは、お客様のいる状態でハウスクリーニングを行います。 初めの挨拶、仕事中、最後の挨拶、いつでも明るく元気に「お客様に不快感を与えない」接客ができる人はハウスクリーニングに向いているといえるでしょう。

体力がある

ハウスクリーニングは体が資本の仕事です。 予約が入っていたのに体調を崩してしまい、仕事ができなかったとなれば信用にかかわります。

かといって、人にうつる病気、例えば風邪やインフルエンザにもかかわらず客先に出向くことは絶対にあってはいけません。 元々体が丈夫で健康な方は、この仕事を長く続けることができるでしょう。

細やかな気遣いができる

個人宅での清掃は、特に細やかな気遣いを求められます。

綺麗に掃除をするだけではなく、家具や壁紙を傷つけないように、細心の注意を払いながら仕事をしなければいけません。

さらにリピーターを獲得するためには、他社のハウスクリーニングと差をつける必要があります。

仕事が丁寧、細かな部分まで気を遣う、時には依頼主の世間話に付き合い、仲を深めることも大切です。

こういった能力は、一般的に女性のほうが長けています

特に子どもがいる家庭やハウスクリーニングが入る時間帯に女性しかいない家庭では、女性のハウスクリーニング業者のほうが安心という家庭が多くなっています。

開業ならフランチャイズ加盟がおすすめフランチャイズ_特徴

独立をサポート

ハウスクリーニング業に向いている性格だけど、開業・独立は少し不安…という方にはフランチャイズがおすすめです。

今まで店舗を持ったことがない方が営業・経営の知識なしに独立すると、赤字になってしまうことも。フランチャイズには開業前に研修があり、清掃のスキルはもちろんのこと、営業や店舗の経営方法までしっかりと学べます。オーナー初心者でも、不安を最小限にした状態で開業ができるのです。

大手のネームバリューが使える

お客様の家に伺って清掃をするハウスクリーニング。営業をするうえで、「信頼できそうな会社かどうか」は見落とせないところです。フランチャイズはネームバリューがあるため、個人経営のハウスクリーニング店舗より信頼されやすいメリットがあります。名前を使う分ロイヤリティとして毎月支払いが生じますが、個人で広告を出す費用を考えるとお得になるでしょう。

自分にあったフランチャイズを選ぶのがポイント

メリットの多いフランチャイズですが、会社によって経営の考え方や営業方法が異なります。開業で成功するためには、自分の考え方にフィットするフランチャイザーを選ぶのがポイントです。

またロイヤリティも、フランチャイザーによって違うもの。ネームバリューとロイヤリティのバランスを見て選びましょう。

ハウスクリーニングに向いていない人

ハウスクリーニングは誰にでもできる仕事だと思われがちですが、実は向かない人もいるようです。どのような人に向いていないのか細かく見ていきましょう。

スケジュール管理が苦手

ハウスクリーニングはお客様と自分の仕事状況を照らし合わせ、上手にスケジュール管理をしなければいけません。

スケジュール管理をせずに感覚だけで仕事を受けてしまう、安請け合いをしてしまうという方は向かないでしょう。

「1件目が長引いて2件目が遅れ、お客様からの信用がなくなってしまった」ということがないようにゆとりを持ったスケジュールを立てる必要があります。

集中力が持続しない人

ハウスクリーニングという仕事は集中力を必要とします。

汚れのある箇所に集中し、綺麗になるまで同じ場所に取り組まなければいけません。

普段から注意力が散漫で、同じ物事に取り組むことができないという方は、ハウスクリーニングの仕事には向きません。

楽観的過ぎる

何事もマイナスに捉え、考えすぎる人も開業に向きませんが、あまりにも楽観的で物事を軽く考えてしまう人もハウスクリーニングの開業には向きません。

開業後は個人事業主となるので、しっかりと事業計画を立てて数年先のことまで考える必要があります。

「今月は目標の収入があったからいい」と、目先のお金のことしか考えられないのであれば、開業しても資金繰りがうまくいかなくなる可能性が高いでしょう。

ハウスクリーニング開店は誰でもできる

ハウスクリーニングは、男性だけではなく女性にもおすすめの仕事です。

個人事業主という響きから大げさに考えてしまう人もいますが、性別に関係なく誰でも個人事業主になれます。

ハウスクリーニングは資格を必要としない職業です。

さらにフランチャイズ開業なら、研修やしっかりとしたサポートがあるため安心して開業できます。

主婦業の合間にできるのもこの仕事の魅力ですから、なかなか良い仕事が見つからないという方はハウスクリーニングの独立開業はいかがでしょうか。

開業する際の注意点

資金不足に陥ると、独立開業を成功させるのは非常に困難です。必要な投資を見極めて、しっかりと開業資金をプランニングしましょう。開業成功のカギを握る注意点をまとめているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

サービスの品質低下に繋がる、無理なコストダウンはNG

ハウスクリーニング業においてホウキや洗剤、ワックスは重要な商売道具です。コストばかりを気にして品質を無視すると、ハウスクリーニング自体のクオリティ低下に繋がってしまいます。クレームの原因になり得ますし、リピーターも獲得できません。

おすすめは、品質の良い掃除道具を低価格で提供してくれるFCに加盟すること。機会があれば、先輩オーナーからアドバイスをもらうのも良いでしょう。

完全自営の場合は安易に大量仕入れを行なわず、まずは品質を試してみるのが◎です。

必要なものを見極めて安易に資金を投資しない

開業当初は無理な設備投資をせず、経営が軌道に乗るのを待ちましょう。必要なものにだけしっかり投資することで、開業直後の資金不足を回避できます。

とくに完全自営の場合は顧客ゼロの状態からスタートするため、開業直後の売り上げにはあまり期待できません。自宅を事務所として使用する、備品は中古を購入するなど、資金削減の工夫も大切です。

集客のために広告費宣伝費も計算にいれる

FCに加盟したら顧客や仕事を紹介してもらえるので、広告宣伝費の負担はほとんどありません。紹介料の金額だけ、しっかり確認しておいてくださいね。

完全自営の場合は、顧客獲得が開業後最初の課題です。インターネットやフリーペーパーなどを利用して知名度を伸ばさなくてはなりません。広告宣伝費として20万円程度見積もっておくと良いでしょう。

開業に必要な資金

開業資金の事例の一つを紹介

  • 契約条件
    • 対象者:20歳~65歳位まで、学歴、性別不問、(普通自動車免許)
    • 契約期間:1年
    • 開業地:全国
  • 開業資金
    • 加盟金:900,000円
    • 保証金:300,000円
    • 資材費:~650,000円
    • 合計 1,974,000円
  • ロイヤリティ(毎月)
    • 30,000円

ハウスクリーニング事業としての開業に必要な届出

個人事業の開業・廃業等届出書

「所得税」に関する、開業してから一か月以内に税務署に提出することが定められている書類です。個人事業を開業する際も、廃業する際も同じ書類を使います。

青色申告承認申請書

個人事業の確定申告には、白色申告と青色申告の2種類があります。青色申告の方が、申請の作業は煩雑になりますが、その分節税のメリットが多くなります。

個人事業開始等申告書

地方税の「事業税」「住民税」に関する書類です。所得が290万円以上を超えた場合対象となります。名称や提出期間など各自治体により異なるので確認をしてください。

請負業者賠償責任保険

必須ではありませんが、お客様の家具などを破損してしまい、多額の賠償金を支払う必要に迫られる場合もあるかもしれません。そういった時に安心です。

失敗と成功要因

失敗の主な要因

  • 仕事内容の想定が甘かった
  • 開業後の計画性が不十分だった
  • 儲からなかった
  • FC本部に頼りすぎた

ハウスクリーニングの起業を成功させるポイントは?

  • 信頼できるフランチャイズ本部を選ぶ
  • 開業前にきちんと準備する
  • 地元密着型の営業スタイルをとる
  • 常にサービスの品質を向上させる

ハウスクリーニング開業するなら?
チェックしておくべきFC3社

当サイトでおすすめのハウスクリーニングフランチャイズ企業の特徴や、1カ月の売上の見込み、どのようなサポートをしてくれるのかなどをまとめています。ハウスクリーニング業に興味があるけど自分に向いているか不安を抱いている方は、ぜひ参考にしてください。

開業資金 ロイヤリティ
ハウスコンシェルジュ
公式HPへ
197.4万円 32,400円/月
おそうじ隊501
公式HPへ
250万円 売上の6%
おそうじ本舗
公式HPへ
279.7万円 86,400円/月

「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2016年11月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスコンシェルジュ

ハウスコンシェルジュの収益モデル例をひとつ挙げてみました。

収益モデル

比較的依頼が多いのはエアコン清掃です。壁掛け型エアコンの清掃(1台1.2万円~)を1日3台行ったと仮定した場合、1カ月の収益は次のようになります。

  • 1カ月の売上:(1.2万円×3台)×25日=90万円
  • 営業売上90万円-ロイヤリティ3.24万円-必要経費40万円=46.76万円の収益

ハウスコンシェルジュの注目ポイント

  • 母体は老舗の洗剤・ワックスの製造販売メーカーである
  • そのため洗剤や清掃のための消耗品は卸値価格で購入可能
  • ロイヤリティが月額3万円(税別)の定額
  • 本部からの案件紹介されることも多いため安心して加入できる

サポート体制

  • 開業前の研修(5日間)で基礎から技術までマスター可能
  • その他、営業マナーなどサービス面も習得
  • 開業当初は現場への同行や相談などのサポートがある
  • 希望すれば車両リースが可能

おそうじ隊501

収益モデル

壁掛け型エアコンの清掃(1台1.65万円~)を1日3台行ったと仮定した場合、1カ月の収益は次のようになります。

  • 1カ月の売上:(1.65万円×3台)×25日=123.75万円
  • 営業売上123.75万円-ロイヤリティ(売上の6%:7.73万円)-必要経費40万円=76.33万円の収益

おそうじ隊501の注目ポイント

  • 運営会社のモリサービスは店舗やオフィス、商業施設の清掃を45年以上行っている会社
  • オフィスビルの清掃は、個人宅より1日の売上高が高い
  • 1人体制では開業できない(2名以上の専属従業員が必要)
  • ロイヤリティは毎月売り上げの6%
  • オフィス清掃は定期清掃の契約が取りやすい(定期収入が見込める)

サポート体制

  • 開業前の研修では、清掃実技のほか、経営管理やパソコン、営業業務などの実務も学ぶ
  • マーケティングや広告、営業戦略などのバックアップあり
  • 開業当初は営業のための同行を支援
  • 定期的に講習会を実施して技術や知識を向上

おそうじ本舗

収益モデル

壁掛け型エアコンの清掃(1台1.12万円~)を1日3台行ったと仮定した場合、1カ月の収益は次のようになります。

  • 1カ月の売上:(1.12万円×3台)×25日=84万円
  • 営業売上84万円-ロイヤリティ8.64万円-必要経費40万円=35.36万円の収益

おそうじ本舗の注目ポイント

  • 全国ネットのテレビCMやWeb広告などで認知度が高い
  • おそうじ本舗本部からの顧客紹介がある
  • 店舗は必要なし、ひとりで開業できる
  • FC加入から開業までのシステムが確立されている
  • 定期的な説明会や資料なども充実
  • ロイヤリティ6万円+広告費2万円の計8万円が毎月かかる

サポート体制

  • 開業前には14日間の集中的な研修あり
  • 希望すれば再研修が可能(無料)
  • 研修内容は清掃の基礎・トレーナーとの実践・営業・店舗経営と多彩
  • HP・チラシ作成のプロからサポートを受けられる
  • 先輩オーナーの協力制度がある
おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月

※2021年9月17日現在、情報は変更されています

おそうじ隊501
初期費用 250万円
ロイヤリティ 売上の6%
おそうじ本舗
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2016年11月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2016年11月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査