30代で転職できる仕事

30代で転職を考えるのは不安なものです。特に未経験の職種に転職したくても「30代だし」と心配になるのも当然でしょう。「現在の仕事は辛くてやめたい。でも具体的に転職したい職種や業界までは考えていない」と漠然と考えているなら、余計に悩むのも当然です。そんな方向けに、転職先探しのポイントをご紹介します。

30代未経験で転職できる仕事はある?実はたくさんあります

30代で職種の未経験者でも歓迎する企業は案外ある

「未経験者歓迎」と記載されている求人票を見た方も多いでしょう。では、どうして未経験でも応募しているのか?そこには3つの理由があります。

「人手不足」「他業種のスキルを持っている人が欲しい」「真っ白な状態の人のほうが教育しやすい」です。3つに共通しているのは、すべて「会社の利益になる」ことでしょう。

一般的に企業が求人を出す時、即戦力になる人材を確保したいと考えるものです。その点「他業種のスキルを持っている」「真っ白な状態の人」は長い目で見ると企業に利益にもたらしてくれる可能性が高い人材といえます。

猫の手も借りたいほどの慢性的な人手不足

慢性的な人手不足に悩んでいる企業もあります。経験者しか受け入れない条件にすれば「応募者が少ないかも」と不安になるのも仕方ありません。

しかし、30代業界未経験者でも対応できる仕事はあります。「物を運ぶ」「簡単な接客」「正社員のサポート」など、簡単だけど人手が必要になる仕事も多いのです。大きな利益が見込める話があったとしても、人手不足なら手を挙げることさえできません。

将来的に正社員と同程度のレベルに成長することを期待し、未経験者でも受け入れると考えられます。

新しい風やスキルを得られるチャンス

他業種で培ったスキルを持った人を求めている場合があります。各企業は、長年経営をする中で培ったスキルや経験や知識を蓄積しているものです。スムーズに機能しているなら問題ないですが、効率化、結果を出したいと考えるなら、新しい風が欲しくなります。その時、他業種のスキルが変化をもたらす場合があるのです。

例えばアパレル店員と工業系の営業職や飲食店のホールスタッフは異業種ですが、共通してコミュニケーション能力が求められます。アパレル店員や営業も、製品やサービスを相手に購入してもらうのが仕事です。

アパレル店員の接客スキルが、相手の心を動かす場合もあるでしょう。会社で培った営業トークにないスキルが、既存のノウハウに良い影響を与えるのです。

未経験だからこそ教育がしやすい

真っ白な状態の人は、適応しやすいというメリットがあります。企業理念、社会人としての教育がしやすい点を評価されるのです。

各企業で理念や価値観や仕事の方法は違うので、柔軟に切り替えられればいいですが、それが難しい方もいます。例えば「会社の利益が絶対」という価値観の中で働いてきた人が「お客様の幸せを第一に」の会社に転職すれば、ギャップに戸惑うかもしれません。価値観だけでなく、仕事の方法も同様です。

自分の考えを押し通そうとすれば、社内でトラブルが生じて大問題になります。そのため、柔軟な考えのできる「真っ白な人」を求める企業もあるのです。

未経験者が転職先を選ぶにはどうすればいい?ポイントを理解して失敗を避けよう

社会人として経験不足と感じるなら規模が大きな企業

規模が大きな企業なら、30代で業種未経験社でも受け入れてくれる可能性があります。逆に小さなベンチャー企業などのほうが、苦労する可能性が高いです。例外はありますが、規模が大きな会社の多くは経営状態に余裕があります。安定性を求めるなら、経験済みでも未経験も魅力的な転職先といえるでしょう。

規模が中程度でも、勢いある将来性豊かな企業もあります。途中入社でも、余裕を持って面倒をみてくれる可能性が高いです。

逆に、ベンチャー企業は難しいかもしれません。ベンチャー企業が求める人材は、専門的な知識や経験を持ち即戦力であることが多いからです。

また、ベンチャー企業は夢や目標を掲げ、成長に貪欲な分、社員が無理な働き方になる場合があります。残業も多く、給与を十分に出すことができない企業もあるでしょう。一緒の夢と目標を追いかけたい、経験を積みたいならいい環境ですが、無理をしたくないなら別の選択肢を検討してみるのが無難です。

ブラック企業は避けたほうが良い

現在働いている会社が長時間労働、低賃金で愛想が尽きて転職をしたのに、もっとひどい労働環境の職場に転職してしまったでは本末転倒でしょう。入社した結果、給与も労働時間も話が違うから辞めたいといっても、聞き入れてもらえないケースも考えられます。

「ホワイト」か「ブラック」を見極めるには、情報収集をしなければなりません。インターネットなどでも口コミなどである程度、情報を集められます。また、四季報のように離職率について紹介しているサイトをチェックするのもいいでしょう。

長く経営をしている

長期間、経営をしている会社は中小企業でも安定性があります。長い歴史の中で培ったノウハウで、共通した業務内容や方法などマニュアル化されていることも多いのがその理由です。トラブルがあっても、対応方法までマニュアル化されているため、未経験だとしても安心して対応できます。

安定していない可能性があるとすれば、設立したばかりの企業です。社員も自分の仕事で必死となり、教育する余裕がないケースもあります。そのため、長く経営しているところを選んだほうが良いでしょう。

資格や技能がなくても転職しやすい職業3選

ハウスクリーニングは特別な資格や技能がなくても転職しやすい職種です。家事代行と似ていますが、ハウスクリーニングは掃除に特化しています。掃除のプロとして「エアコンの掃除」「落ちにくい汚れをキレイにする」「家具を動かして掃除」など、家や店舗やビルをクリーニングしていく仕事です。

大手のハウスクリーニング会社なら、パートから正社員までライフスタイルに合わせた働き方ができます。研修が充実しており、未経験でもスキルを磨けば最終的に独立も可能です。また、全国ハウスクリーニング協会主催の国家資格「ハウスクリーニング技能検定」もあります。取得できればスキルが認められたまさに掃除のプロを名乗れるでしょう。

人に接するのが好きなら営業や販売

人とコミュニケーションを取るのが好きなら、営業職や販売職も選択肢に入ります。未経験でも採用されやすいですし、企業によっては「未経験のほうが教育しやすい」と考えるところもあるぐらいです。

服や雑貨や本など、好きな分野があるなら販売職もいいでしょう。研修も充実しているところも多いですし、好きな商品なら新しい情報をいち早く得られます。また、営業職と同じく人と接するのが好きという方にぴったりです。

介護職

少子高齢化の時代となり、団塊の世代が後期高齢者を迎える2025年問題を控えている現代。介護職は人手不足に悩んでいます。介護職は、高齢者の面倒を見るのが好き、人を助けたいという方に向いている職種です。家族に高齢者がいる場合、そのスキルが助けとなります。

また、キャリアアップという面でも、国が人材育成に力を入れているため有利な職種です。未経験者でスタートしても、勉強して実務経験を積み重ねれば護福祉士やケアマネージャーなどになれば待遇面が上がるため、やる気も出るでしょう。

未経験でも歓迎してくれる業種はたくさんある

未経験でも転職しやすい業種はたくさんあります。30代という年齢でも、それは変わりません。ハウスクリーニングなどは手に職を付けられる仕事で、国家資格を取得すれば独立もできます。きれい好きな方にもおすすめですし、掃除のテクニックを得られるため日常生活でも役立つのです。

ハウスクリーニングだけではなく、営業や販売業や介護職など、資格や技能がなくて30代の未経験者でも歓迎してくれる職種はたくさんあります。ただし、どんな企業や業種でも「ホワイトかどうか」「長く働けそうか」「歴史が長く経営は安定してそうか」などは最低限チェックしましょう。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 268.7万円
おそうじ本舗
初期費用 333.5万円
おそうじ革命
初期費用 381万円

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査