転職と脱サラのメリット・デメリット

ブラック企業、ハラスメント上司など今の職場を辞めたいと思う理由は人それぞれでしょう。しかし辞めたあとのことを考えると、二の足を踏んでいる人は多いはずです。転職するか、脱サラして独立するか、あなたに適した働き方を一度見つめなおしてみましょう。

転職するメリット・デメリット

転職する最大のメリットが、今の職場の問題から逃げることができるという点です。状況によっては精神的に病んでしまうこともあり、環境を変えられるというのは非常に大きなメリットと言えるでしょう。また転職先にも寄りますが、自分がしたかったことができる可能性も出てきます。転職先をじっくり選ぶことで、自分に適した職場で働くこともできるでしょう。

一方、転職するとなると一番不安に思うのは給与面ではないでしょうか?今の給与よりも下がってしまうケースも少なくないため、生活水準を落とす必要も出てきます。また転職で一時的に給与が上がったとしても、トータルするとマイナスになることもあるので、転職を決める前にしっかり見積もりを行ってくださいね。残業時間や業務内容などを踏まえて、給与が十分かどうか検討しましょう。

脱サラするメリット・デメリット

脱サラとはサラリーマンを辞めることです。そのため独立して働くことになるでしょう。働き方としてはフリーランスやカフェ経営、フランチャイズなど様々な方法があります。脱サラすることで、転職と同様に職場環境を変えられるメリットがあるでしょう。また自分で起業するため、自身の好きな事や夢を叶えることが可能です。自分らしく働けるのは脱サラの最大の魅力でしょう。

ただ独立するとなると、経営が安定するまで収入が不安定になるといったデメリットもあります。100%成功する訳ではないため、失敗するリスクを背負ってしまうでしょう。しかし脱サラを成功させるために、しっかり準備し学ぶことで失敗のリスクを最小限にすることも可能です。またリスクの少ない方法もあるので、そういった方法をチョイスすれば無理なく脱サラできるでしょう。

転職か脱サラに迷っているなら…

どうしても結論が出ない場合には、ハウスクリーニングに転職するという手もあります。何故ハウスクリーニングかというと、特別な資格が必要ないからです。そのため掃除技術さえ身に付け、やる気があれば、いつでも始めることができます。

ハウスクリーニングの仕事をする方法として、大手の清掃会社に勤務する方法とフランチャイズに加盟し経営する方法、独自で会社を立ち上げる方法があります。経験が全くない場合には、独自で会社を立ち上げる方法はオススメできません。まずは会社に勤めるか、フランチャイズでノウハウを指導してもらうかの二択になるでしょう。大手の清掃会社の中には、独立や開業の相談やサポートを行ってくれるところも沢山あります。仕事を覚えながら、開業の準備をするのもアリですよ。

ただハウスクリーニングは体力がいる仕事。道具を運ぶだけでなく、窓などの高いところでの作業も行わなければなりません。また汚れを落とすために、力を入れることもあるでしょう。誰でも簡単にできる仕事では決してないので、しっかり自分に向いているかどうか考えてみてくださいね。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月

※2021年9月17日現在、情報は変更されています

おそうじ隊501
初期費用 250万円
ロイヤリティ 売上の6%
おそうじ本舗
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2016年11月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2016年11月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査