50代で脱サラするための秘訣

50代と言えば、定年後の生活を意識する年齢でしょう。会社での立場も高くなり、自分一人でも仕事ができるなど、自分の仕事にも自信を持っている頃です。そのため、このままサラリーマンとして仕事を続けていくか、諦めた夢をもう一度追いかけるのか悩んでいる人も多いはず。50代でも脱サラするのは遅くありません。50代で脱サラするためのポイントを紹介します。

脱サラするのに50代は遅くない

50代で今さら起業なんて難しいと考えている人もいるでしょう。しかし50代は脱サラに絶好のタイミングです。若い世代よりも経験や人脈が圧倒的に豊富のため、起業後に何かトラブルが起こったとしても上手く回避することができるでしょう。またポジション的にも若手を指導する立場になっているため、起業後に人を雇ったとしてもしっかり教育することができます。

さらに50代であれば、子育てがひと段落しており、住宅ローンの支払いの目途もたっている頃でしょう。そのため背負うものが減ってきているため、脱サラへのハードルも下がってきています。そういった面を考えれば、50代で独立するのは決して遅いとは言い切れません。

定年まで待つのは遅い

50代までサラリーマンとして頑張ったなら、そのまま定年まで待つという人もいるでしょう。しかし定年まで待つということのデメリットもあります。定年後に独立しようと思っても、体力的に難しいというケースもあるからです。独立するとなると新しいことを再度学ばなければならないため、非常に体力が必要となってくるでしょう。また会社が傾く、年金の受け取り年齢が高くなるなど、定年まで待っていても必ず悠々自適な暮らしができるとは言い切れない現実があります。そのため脱サラをしたいと考えているのなら、少しでも早めに行動に移してくださいね。

50代で脱サラするための成功の秘訣

柔軟さを持つ

年齢が高くなるにつれて、自身の考え方を変えることが難しくなってしまいます。しかし今は支払い方法も様々な手段が増えてきているなど、多くのことが変わっている時代です。そういった変化に対し、柔軟に対応できなければ、起業をしても成功する可能性は低いでしょう。成功するためにも柔軟な発想を持ち、様々な分野に対しても柔軟に対応できるようにしてくださいね

開業資金をできるだけ抑える

若ければ、開業資金がなくても銀行から借りることも可能です。しかし50代となると、銀行もお金を貸し渋る可能性が高まるでしょう。たとえば脱サラしてカフェをオープンするとなると開業資金が数千万程度かかるケースもあり、退職金だけでは足りないことも。そのため開業資金を抑えることが大切になってきます。無理なく始めることで、支払いの負担も最小限に抑えることができるでしょう。

50代だからこそフランチャイズ加盟もアリ

50代で誰からのサポートも受けずに独立するのは、本当に大変です。少しでも負担を減らしたいと考えるのであれば、フランチャイズの加盟を考えても良いでしょう。フランチャイズによっては研修制度を取り入れているところも多く、未経験の人でも始められるサポート制度が充実しています。また資金面のサポート体制が整っているところもあるため、50代であっても気軽に独立することができるでしょう。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月

※2021年9月17日現在、情報は変更されています

おそうじ隊501
初期費用 250万円
ロイヤリティ 売上の6%
おそうじ本舗
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2016年11月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2016年11月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査