20代で脱サラする魅力とリスク

サラリーマンとして働いたものの、仕事環境に馴染めない、自分には合わないと悩んでいる人もいるはず。ここでは20代で脱サラをする魅力やリスクについて解説していきます。脱サラを成功させるためにも、魅力だけでなくリスクもしっかりチェックしてくださいね。

20代で脱サラするメリット

失敗しても人生をやり直せる

20代で脱サラする最大のメリットが「若さ」です。自分で会社を立ち上げたとしても、必ず成功する訳ではありません。残念なことに失敗するケースもあり、失敗したときに新たな道を再度探す可能性も大です。20代であれば再挑戦もしやすいため、比較的気楽に起業を考えることができるでしょう。

自由度が高い

年齢と自由度は関係ないと思われがちですが、20代の方が圧倒的に自由に行動をしやすいでしょう。それは年齢が上がるにつれて、家族を養ったり、車や家など高額なローンを組んでいるケースが多いからです。そうなれば安定を捨てて、脱サラすることが難しいと考えるかもしれませんね。

体力がある

新しい仕事を始めると、仕事が安定するまで睡眠や食事時間を削る必要も出てきます。もちろん人にも寄りますが、若さは脱サラをする上で最強の武器と言えるでしょう。

20代で脱サラするデメリット

資本金が少ない

起業するとなれば内容にもよりますが、ある程度の資本金が必要になります。もちろん手元に資金を持っていれば問題ありませんが、なければ銀行から融資してもらいたいでしょう。しかし肩書も経験もない若い人が、融資を受けるのは非常に大変です。そのため若い年齢で企業をするとなると、資金面で苦労をする可能性が高いでしょう。

しかし事業計画がしっかりしていれば融資が受けられることもあるため、一度相談するようにしてくださいね。またクラウドファンディングなどで資金を募るケースもありますよ。さらに仕事の内容によっては、ほとんど資金が要らないケースもあるので、自身が何をしたいか、どれくらいの資金が必要なのかを前もって考えておくようにしましょう。

経験が少ない

仕事で失敗や揉め事など様々な経験をすることで、どうしたらクリアできるか分かるようになっていきます。その結果、どんな困難であってもスムーズに乗り越える対応力が身につくでしょう。しかし20代であれば、仕事で経験したことは非常に少ないです。それは20代で脱サラする上で、デメリットになってくるでしょう。

しかし友人や知人などと繋がりを持つことで、サポートを受けることができます。またネットで調べることもできるため、経験不足が脱サラの不利に絶対になるとは言いにくいでしょう。

20代にもオススメ!フランチャイズでの起業

起業するとなると不安…と思う人もいるでしょう。そんな方にオススメなのがフランチャイズでの起業です。フランチャイズであれば資金面をサポートしてくれるだけでなく、経営のノウハウもしっかり教えてくれるなど初めての起業にとって嬉しいポイントが沢山あります。

高いブランド力でサポート

自分でお店を出すとなると、顧客にお店を認知させることが重要になってきます。しかし宣伝をしても、なかなか思うように集客できないことも。フランチャイズなら、宣伝も本部が行ってくれることが多く、既存の顧客をはじめ認知もされやすいメリットがあるでしょう。その結果、短期間で安定した経営を行いやすくなります。

ノウハウを指導してくれる

独立するとなると、試行錯誤しながらイチからすべてを覚える必要があります。しかしフランチャイズに加盟することで、大手が持っている経営ノウハウを一度に入手することが可能です。また研修制度を設けているフランチャイズ本部もあるため、未経験の方でも安心してスタートすることができるでしょう。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査