マンションのハウスクリーニング

普段の掃除で隅々まで家の中をきれいにするというのはなかなか難しいものです。日々の汚れが溜まっていくというのは自然なことで、 どこかのタイミングで徹底的に掃除を行うことも必要でしょう。ここではマンションの掃除をハウスクリーニングに頼むと便利なシチュエーションやプロの掃除方法を紹介していきます。

マンションのハウスクリーニングを依頼するのはどんなとき?

マンションのハウスクリーニングを業者に依頼するタイミングは、旧居や新居の清掃・普段の掃除で足りない部分が目立ってきた時です。どの状況であってもプロの手が入れば、すっきりと住まいが生まれ変わるような掃除を行ってくれます。 ここでは各シチュエーションについて詳しく解説をしていきます。

旧居の清掃

これは賃貸の場合ですが、引っ越しの際にハウスクリーニングを入れて原状回復をしておくとベターです。特にキッチン周りや浴室などはほとんどの場合原状回復が求められます。原状回復は借主が行う契約になっていることがほとんどで、敷金の返金額にも影響が出るケースもあります。

そのため、不動産屋さんや大家さんが提携している業者ではなく、安いハウスクリーニング業者に依頼できればその分敷金が多く戻ることもあるでしょう。

新居の清掃

新居であればハウスクリーニングが入った状態で引き渡されるケースがほとんどです。そのため全体的にキレイな状態がほとんど。ですが、いざ住んでみたら・よく見てみたら汚れているということもあります。せっかくの新居ですから、気持ちよく新しい生活を始めたいと考えるのはごく自然なことです。

ハウスクリーニングに依頼をすれば、して欲しい場所の掃除を徹底的に行ってくれます。

普段手が回らない部分の清掃

上述以外でも、普段手が回らない部分の清掃を依頼することもあるでしょう。掃除をする時間がうまく取れなければ掃除をしていない箇所はどんどん汚れがたまっていきます。それぞれの汚れにマッチした洗剤を選び、適切な方法で汚れを落としていくことがハウスクリーニングであれば可能です。普段できない箇所の掃除や大掃除のような大掛かりな場合であってもプロに頼めばキレイに仕上げてくれます。

マンションの清掃方法

ここからはハウスクリーニング業者によるマンションの清掃方法の手順例をまとめています。

窓・サッシの掃除

窓の掃除は高圧洗浄機を使用します。その後洗剤を吹き付けタオルで水切り。サッシのレールについても隅々まで丁寧に掃除していきます。

キッチンや換気扇

汚れが溜まりやすいキッチンや換気扇については、パーツを分解し強力な洗剤でつけ置きを行います。ある程度浸け置きを行った後、すみずみまでキレイにしていきます。その後は調理台やシンクの汚れ。排水口についても掃除を行っていきます。

トイレの掃除

トイレの換気扇はカバーを水洗いし、表面は掃除機でホコリを吸い取ります。 カバーや便座は洗剤で汚れを拭き取った後、乾拭き。意外と汚れのたまりやすいウォシュレットについても洗剤を使い、汚れを落としていきます。もちろん床や壁収納棚などについても、丁寧に拭き掃除を行います。

浴室の掃除

浴室も、汚れがたまりやすい部分のひとつです。 換気扇は汚れを落とした後カビ取り剤をつけます。その間に洗剤で素材が痛まないよう天井や壁・浴槽などに水をかけます。また石鹸カスが目立つ天井や床などについては洗剤と金属のヘラで落とし、浴槽については歯磨き粉のようなペースト状の洗剤を使用。頑固な水垢やウロコにも効果的です。

他にもドアや出入り口の溝にたまった汚れについても丁寧に落としていきます。

洗面所

洗面所も浴室と同様、換気扇の汚れ・水垢・ウロコ落としを行います。排水口もパーツを取り外し丁寧に洗います。収納についても掃除機で吸い取った後、拭き掃除。ブレーカーの配電盤がある場合も、カバーを取り外してから表面の水洗いを丁寧に行います。

フローリング

フローリングは掃き掃除を行い、汚れがひどい場合にはワックスを剥がします。剥離剤を床にまきワイパーで伸ばしつつ、目立つ汚れの部分は丁寧に擦って行きます。汚水を専用の機械で吸い取った後、すすぎを実施。隅々まできれいになった後はワックスがけを丁寧に行なっていきます。

玄関や壁・天井など

上述以外の玄関や壁・天井などについても丁寧に掃除を行っていきます。特に壁や天井は高さがあることから埃が溜まりがち。かさやカバーが取り外せる照明のタイプであれば、取り外して水洗いや拭き掃除を行います。

また、壁や天井で汚れが広範囲に広がっている場合は張替えになるケースも。部分的であれば、その場で汚れを落としてくれます。玄関はタイルに洗剤を吹き付け、ブラシでこすります。その後は丁寧に出てきた汚れと洗剤を吹き上げて終了です。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月

※2021年9月17日現在、情報は変更されています

おそうじ隊501
初期費用 250万円
ロイヤリティ 売上の6%
おそうじ本舗
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2016年11月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2016年11月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査