ソファのハウスクリーニング

ソファはお家の中でも使用頻度の高い家具です。家族みんなが利用するので、時間の経過とともに皮脂の汚れで色がくすんだり、食べ物や飲み物で汚してしまうこともあるかもしれません。こちらのページではソファの汚れの種類や、ハウスクリーニングでどのように処理するのかをまとめています。

ソファのハウスクリーニングを依頼するのはどんなとき?

家族みんなの憩いの場所である、リビング中央に置かれることが多いソファですが、使用頻度が多いわりに日常的にお手入れされることはあまりありません。それはモノが大きすぎて、丸洗いするということができないからです。

お客さんから「ソファをきれいにしてほしい」という依頼がくる場合、汚れの原因がどのようなタイプのものなのか、こちらではソファの汚れの種類について紹介していきます。

皮脂や汗の汚れ

ソファを使う人たちの皮脂や汗の汚れはあまり目につかないものの、蓄積されれば生地の黄ばみやのくすみが目立つようになります。また女性がいる家庭では、ファンデーションや口紅などが付いてしまうこともあります。コスメ系は油分だけでなく、色もついてしまうので汚れを落とすのは厄介です。

飲み物や食べ物の汚れ

小さなお子さんのいる家庭では、おやつの食べこぼしなどが汚れの原因になることもあります。掃除機などできれいにしたつもりでも、クッションや背もたれのスキマに入った欠片が見逃されているケースも。

またお茶やジュースなどの液体をこぼした場合、すぐに溝や隙間に入り込んでしまうので、掃除は簡単ではありません。とくにジュースはニオイとベタつきがあるため、ゴミがこびりつく原因になります。汚れが拡大される前に、クリーニング依頼が来るケースがあります。

ダニやカビの汚れ

食べ物のカスや皮脂、髪の毛などがソファの隙間や内部に入り込むと、それをエサにダニが繁殖する可能性があります。また湿気の多い時期などはカビが発生できることも。

ダニやカビの処理は個人では難しいため、清掃のプロであるハウスクリーニングに依頼されるケースが多いです。

ソファの清掃方法

清掃のプロである業者であれば、ソファの材質に合う洗剤を選び、専用の機器を使って手際よくきれいにすることができます。

大まかなソファクリーニングの手順は次の通りです。

  1. まずは掃除機を使い、ソファに付いたホコリやゴミなどの汚れを取り除く
  2. 材質にマッチした洗剤を塗布し、専用ブラシを使って汚れを浮き上がらせる
  3. 専門機材(※)を使用し、水ですすぎながら汚れと洗剤を吸引する
  4. 乾燥させて完了

※専門機材には次のようなタイプがあります。

リンサー

リンサーとは布製品の洗浄を行う用途で使われる機械で、ソファ洗浄でよく使われます。洗浄剤を拭きつけると同時に、バキューム機能で洗浄剤と汚れを吸引します。ソファ以外には、カーペットのクリーニングによく使われます。ソファ表面の汚れはよく落ちますが、ソファの奥の汚れまでは落とせないというデメリットもあります。

スチームクリーナー

スチームクリーナーとは、高温の水蒸気を吹き付けて汚れを分解して浮かせて落とす洗浄機材です。リンサーのように洗剤は使いません。汚れ具合によってはスチームクリーナーのほうが適していて、時間も短縮できます。

リンサーと同じく、ソファ内部の奥の汚れは落とせないというデメリットがあります。

高圧吸引機

高圧吸引機は、高圧水を吹き付けると同時にパワーのある吸引で汚れを吸い取る機材のことです。高圧水で奥の汚れまで浮かせて吸い取ります。リンサーより吸引力が高く、ソファの奥まで洗浄できるのがメリットです。

ただし高圧吸引機は比較的高価な機材のため、器材を導入するのが難しかったり、価格設定を高めにしないといけないなどのデメリットもあります。

依頼を受ける際の注意点

ソファのクリーニングを依頼する際、依頼主は単純に新品のような状態が取り戻せると考えていることがあります。しかし実際のところ、長い期間放置された汚れや変色、日焼けや素材の劣化が進んでいるソファ、本革などの取り扱いが難しい素材は、依頼主の期待に添えないケースも存在します。

ソファクリーニング依頼があった場合は、できるだけ現物を確認したうえでクリーニング方法の説明と見積もりを伝えたほうがベターです。落とせるかわからない汚れについて事前に説明して承諾を得ておけば、後々のトラブルを回避することができるでしょう。

誠実な対応と確かなテクニックを披露すれば、同じ依頼主から新たなクリーニング依頼が来る可能性が高くなります。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 268.7万円
おそうじ本舗
初期費用 333.5万円
おそうじ革命
初期費用 381万円

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査