一戸建てのハウスクリーニング

大切な住居であっても、年末の大掃除のようにいざ掃除をしようとすると面倒に感じてしまうものです。とはいえ日頃から掃除をせずに放っておくと、日々の汚れどんどん蓄積されます。場合によっては臭いが気になると言ったこともあるでしょう。ここでは一戸建ての掃除をハウスクリーニングで対応する場合のシチュエーションやプロの掃除方法を紹介していきます 。

一戸建てのハウスクリーニングを依頼するのはどんなとき?

一戸建てのハウスクリーニングを依頼するタイミングは、大きく3つあります。まずは売却前のクリーニング。同様に新しく入居する家のリセットであっても依頼したいところです。もちろん時間がなくて日々の掃除が疎かになってしまっている場合にプロの手によってスッキリとさせるのもいいでしょう。ここでは一戸建ての掃除をハウスクリーニングに依頼するべきシチュエーションについて詳しく解説していきます。

売却前のクリーニング

まずは売却前のクリーニングです。家を売却しようとしている場合、少しでもキレイにしてから…と考えるのは自然なことです。

経年劣化による変色や色あせなどは交換やリフォームが必要になりますが、汚れが気になる場合であれば迷わずハウスクリーニング業者に依頼したいところ。ハウスクリーニング業者であれば普段の生活で目に入りづらい位置の汚れについても綺麗にしてくれます。これは汚れがたまるポイントを熟知しているプロならではの仕事と言えるでしょう。

入居前のリセット

売却前と同様に新居に入居する前も、ハウスクリーニング業者にキレイにしてもらった方がベターです。 もちろん、これは気持ちよく新しい生活を始めるため。

また、前回の掃除からある程度時間が経っていれば多少の汚れがあるケースもあります。ハウスクリーニング業者であれば全体的な掃除はもちろん、いくつかの気になる部分だけの依頼も可能です。特に水周りやフローリング・ベランダのような、よく使う場所については入居前に一度リセットしておくのも良いでしょう。

自分では思うようにキレイにできない時

上述以外の、自分では思うようにキレイにできない場合もハウスクリーニング業者に頼むと効果的です。そもそも汚れというものは、力を入れてこすれば落ちるというものではありません。その汚れにあった最適な洗剤選びを行い、しっかりと落としていくことが重要なのです。

ハウスクリーニング業者はプロですから、強さや性質の違う洗剤をうまく使い分け、素材を傷めないように掃除を行います。まだ気になる箇所の他にも、大掃除のようなタイミングで一軒まるごとお任せしてしまうのもいいでしょう。

一戸建ての清掃方法

ここからはハウスクリーニング業者による一戸建ての清掃方法の手順例をまとめています。

窓・サッシの掃除

家中の窓・サッシの掃除を分担して行います。窓は高圧洗浄機による水洗いの後、洗剤を吹き付けタオルで拭きます。その後ワイパーで丁寧に水を切り、ピカピカに。サッシのレール部分については細長い金属のヘラのようなものを使いすみまで丁寧に汚れを落としていきます。

キッチンや換気扇

キッチンの五徳や換気扇は、家の中の汚れの中でも特に頑固な汚れが多い箇所です。各パーツを分解し先につけおきを行います。その際に使われるのはつけ置き用の強力な洗剤。最も汚れが落ちる温度まで上昇させ、キレイに掃除を行っていきます。また調理台やシンクの汚れ・排水口についても、つけ置き・掃除を行った後丁寧に仕上げていきます。

トイレの掃除

トイレの換気扇やカバー・便座を水洗いや洗剤では洗剤で汚れを拭き取って行きます。もちろん乾拭きも実施。キレイに仕上げていきます。ウォシュレットや床や壁収納棚などについても、丁寧に拭き掃除を行います。

浴室・洗面所の掃除

浴室や洗面所の換気扇は汚れを落としていきます。また石鹸カスが目立つ天井や床などについては洗剤と金属のヘラを使用。水垢や鱗が目立つ部分については歯磨き粉のようなペースト状の洗剤で掃除をします。ドアや出入り口の溝についても丁寧に汚れを落としていきます。

フローリング

フローリングは掃き掃除を行い、丁寧に仕上げていきます。汚れがひどい場合には剥離剤を床にまきワイパーで伸ばしつつ、丁寧に擦って行きます。その後はワックスがけを丁寧に行なっていきます。

玄関や壁・天井など

上述以外の玄関や壁・天井などは埃が溜まりがち。証明はかさやカバーが取り外せるタイプであれば、取り外して水洗いや拭き掃除。壁や天井の張り替えが不要であれば、その場で汚れを落としてくれます。また、玄関はタイルに洗剤とブラシで汚れを落としていきます。その後は丁寧に出てきた汚れと洗剤を吹き上げて終了です。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月

※2021年9月17日現在、情報は変更されています

おそうじ隊501
初期費用 250万円
ロイヤリティ 売上の6%
おそうじ本舗
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2016年11月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2016年11月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査