30代で脱サラするための秘訣

30代と言えば、結婚する、会社での地位が上がるなどワンランクアップする年齢です。そのため守るものが増え、現状を変えることに二の足を踏んでしまう人も多いでしょう。もちろん現状に満足していれば脱サラをする必要はありません。しかし現状に満足できずにいるなら、一度脱サラ後の独立や起業も踏まえた人生計画をじっくり考えてみることも大切です。

30代で脱サラするメリット

30代は脱サラするのに適している年齢とも言われています。それは20代と比べると社会人としての経験やスキルも豊富にあるからです。これまでの経験は、いざ独立しようと思うとき、必ず役に立つでしょう。また仕事でできた人脈も、独立する際のプラスになるはずです。

勢いだけで脱サラをすれば、失敗するリスクが高くなってしまい非常に危険です。しかし30代は仕事を覚え、少し余裕が出てくる時期。そのため将来について、ゆっくり考える時間も割くことができるでしょう。

30代で脱サラするためのポイント

家族や恋人の了承を得ておく

30代であれば結婚をしている人もいるでしょう。また恋人という関係性であっても、もしかしたら相手は結婚を意識しているかもしれません。脱サラは必ず成功する訳ではなく、どんな業種で独立してもリスクが伴います。家族や恋人に黙ったまま脱サラをすれば、何かあった時に「騙された!」と泣かれてしまうこともあるでしょう。もちろん伝えても反対されることがほとんど。しかし、自分の想いをしっかり話すことで、相手にも起業に対する熱意が伝わります。また独立したときに家族や恋人のサポートを受けることができれば、身体的・精神的負担が減るメリットに繋がるでしょう。

何をしたいか、いくら準備金がいるのかなどを考える

ただ脱サラをしたい!という気持ちだけで会社を辞めるのはNGです。何も考えずに独立しようと思っても、上手くいく訳がありません。自分自身が何をしたいか、どんな業種に就きたいのかをしっかり考えておきましょう。その上で、いくら準備金がいるのか、生活費を踏まえて計算をしてみてください。

新たな事業が安定するまで、資金面で苦労をするケースは多々あります。苦労をしないためにも余裕を持った資金計画が大切になってくるでしょう。サラリーマン時代なら税金などは給与から差し引かれていましたが、独立後は想像以上に税金の負担が多くなってきます。そういった面をあらかじめ考えておくことで、後悔のない脱サラになるはずです。

リスクの少ない起業をしたいなら

完全にゼロから独自で起業をする場合、よほどの経営手腕がなければ経営を安定させるまで時間がかなりかかってしまうでしょう。家族や恋人など守りたいものがあれば、早く安定を手に入れたいと思うはず。そう考えれば、リスクを最小限に抑えられるフランチャイズに加盟するのも一つの手です。

フランチャイズに加盟することで、大手が持っている経営マニュアルで起業をすることができます。また大手であれば、高いブランド力もあるため、起業後すぐから経営を安定させやすくなるでしょう。

とくに未経験であっても無理なく始められるという点は、フランチャイズの最大の強みと言えます。しっかりサポートを受けながら、やりがいを持った起業をスタートさせてみてはいかがですか?フランチャイズに加盟するかどうかも含めて、脱サラについて検討してくださいね。

30代で脱サラする方法は主に3つ

転職

今の職場を退職し、新しい職場で働くことです。今よりも自分に合った仕事を探したいのであれば、転職は最もハードルの低い選択肢となるはずです。独立するのではなく再び会社に属するわけですから、労災保険法や労働基準法などで保護されますし、雇用保険、健康保険などの保障も受けられます。

ただし、すでにある組織に属するわけですから、当然ながら全てが自分の理想通りにいく、というわけではありません。一定の制約はあるので、それを踏まえて選択してください。

フリーランス

会社に雇用されるのではなく、フリーランスとして働くのも一つの方法です。働く場所や時間を問わず自由に働けるので、会社組織で大きなストレスを感じているのであれば、そこから解放されるという非常に大きなメリットがあります。

ただし、そのスタイルで生きていくためには、フリーランスで仕事を請けられるだけのスキルや営業力、あるいは人脈が必要になります。

また、保障なども国が定める最低限のものしかないので、将来の備えなどは自分で行っていかなければいけません。

起業(フランチャイズ)

フリーランスではなく、自分で会社を立ちあげるという選択肢もあります。会社法人を立ちあげると、税務区分が個人とは大きく変わり、役員報酬を給与所得として扱えるようになるので、控除を受けられます。

また、フリーランスよりも社会的信用が高く、銀行などの融資が通りやすくなりますし、取引先企業も取引口座を開きやすくなります。ただし、フリーランスのときよりも煩雑な事務処理が膨大に増えますし、赤字でも法人住民税の支払いが生じるなどのデメリットもあります。

低資金から始められるフランチャイズ

ハウスクリーニング

ハウスクリーニングは実店舗を設ける必要がないため、フランチャイズに加盟すれば比較的低資金で始められる仕事の一つです。必要なスキルなどに関しても、フランチャイズ側からしっかりとサポートを受けられるので、未経験の人でも始めやすいと言えるでしょう。興味があれば、大手に相談してみてはいかがでしょうか。

リペア

リペアサービスは、ある程度特殊な技術、資材などが必要になる仕事ですが、フランチャイズに加盟すればそうした点もしっかりとサポートしてもらうことができます。リペアは店舗を構えなくてもできる仕事ですが、店舗があるとより幅広い仕事にも対応できるようになりそうです。

買取・販売

買取・販売の仕事は、特殊な機材や資材を購入する必要がないという意味で、比較的開業のハードルが低い仕事になります。もちろん鑑定眼が求められることになりますが、そのあたりはフランチャイズがしっかりとサポートしてくれるでしょう。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 268.7万円
おそうじ本舗
初期費用 333.5万円
おそうじ革命
初期費用 381万円

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査
おすすめフランチャイズ3選
「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています
「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、
開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています