30代で脱サラするための秘訣

30代と言えば、結婚する、会社での地位が上がるなどワンランクアップする年齢です。そのため守るものが増え、現状を変えることに二の足を踏んでしまう人も多いでしょう。もちろん現状に満足していれば脱サラをする必要はありません。しかし現状に満足できずにいるなら、一度脱サラ後の独立や起業も踏まえた人生計画をじっくり考えてみることも大切です。

30代で脱サラするメリット

30代は脱サラするのに最適な年齢とも言われています。それは20代と比べると社会人としての経験やスキルも豊富にあるからです。これまでの経験は、いざ独立しようと思うとき、必ず役に立つでしょう。また仕事でできた人脈も、独立する際のプラスになるはずです。

勢いだけで脱サラをすれば、失敗するリスクが高くなってしまい非常に危険です。しかし30代は仕事を覚え、少し余裕が出てくる時期。そのため将来について、ゆっくり考える時間も割くことができるでしょう。

30代で脱サラするためのポイント

家族や恋人の了承を得ておく

30代であれば結婚をしている人もいるでしょう。また恋人という関係性であっても、もしかしたら相手は結婚を意識しているかもしれません。脱サラは必ず成功する訳ではなく、どんな業種で独立してもリスクが伴います。家族や恋人に黙ったまま脱サラをすれば、何かあった時に「騙された!」と泣かれてしまうこともあるでしょう。もちろん伝えても反対されることがほとんど。しかし、自分の想いをしっかり話すことで、相手にも起業に対する熱意が伝わります。また独立したときに家族や恋人のサポートを受けることができれば、身体的・精神的負担が減るメリットに繋がるでしょう。

何をしたいか、いくら準備金がいるのかなどを考える

ただ脱サラをしたい!という気持ちだけで会社を辞めるのはNGです。何も考えずに独立しようと思っても、上手くいく訳がありません。自分自身が何をしたいか、どんな業種に就きたいのかをしっかり考えておきましょう。その上で、いくら準備金がいるのか、生活費を踏まえて計算をしてみてください。

新たな事業が安定するまで、資金面で苦労をするケースは多々あります。苦労をしないためにも余裕を持った資金計画が大切になってくるでしょう。サラリーマン時代なら税金などは給与から差し引かれていましたが、独立後は想像以上に税金の負担が多くなってきます。そういった面をあらかじめ考えておくことで、後悔のない脱サラになるはずです。

リスクの少ない起業をしたいなら

完全にゼロから独自で起業をする場合、よほどの経営手腕がなければ経営を安定させるまで時間がかなりかかってしまうでしょう。家族や恋人など守りたいものがあれば、早く安定を手に入れたいと思うはず。そう考えれば、リスクを最小限に抑えられるフランチャイズに加盟するのも一つの手です。

フランチャイズに加盟することで、大手が持っている経営マニュアルで起業をすることができます。また大手であれば、高いブランド力もあるため、起業後すぐから経営を安定させやすくなるでしょう。

とくに未経験であっても無理なく始められるという点は、フランチャイズの最大の強みと言えます。しっかりサポートを受けながら、やりがいを持った起業をスタートさせてみてはいかがですか?フランチャイズに加盟するかどうかも含めて、脱サラについて検討してくださいね。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査