ハウスクリーニングはきつい?その理由を解説

ハウスクリーニングがきついと感じる要因

ハウスクリーニングは、やりがいや充実感のある仕事のひとつです。ただし、その中には少なからず「きつい」と感じる場面も少なくありません。そこでこちらでは、ハウスクリーニングがきついと感じる場面やその原因について紹介していきます。

そもそもハウスクリーニングは重労働なのか

結論から言うとハウスクリーニングが重労働と思うかどうかは仕事内容や現場の環境によって左右されます。必ずしも当てはまるわけではありませんが、 きつい=重労働というイメージがあるもの。 では重労働はどんなものかと言うと、精神的・体力的に消耗してしまうような労働と言えるでしょう。これをハウスクリーニングの仕事に当てはめてみると、 伺った先の汚れ具合による、と言えそうです。例えば新築の物件であればそこまで汚れていないでしょうし、そうでない場合であればかなり手のかかる現場というケースもあります。以下ではどんな時にハウスクリーニングの仕事を重労働と感じるのか、状況について5つお伝えしていきます。

力仕事

ハウスクリーニングでも力仕事が必要になるときもあります。例えば、新築引き渡し前の現場であれば室内に石膏ボードや床材などが残されている場合も。ハウスクリーニングで伺っている以上、そういったものを屋外に搬出しなくてはいけません。しかし石膏ボードは一枚あたり15キロ程度になることも珍しくありません。一度ならまだしも、何度も運び出すとなればかなりの力仕事になります。運び出しに階段の上り下りが伴う場合であれば、より体力的にはきつい業務になるでしょう。

手作業

上述のような力仕事が伴わない場合であっても、ハウスクリーニングは細かい手作業が多い仕事です。一つひとつは力仕事でなくても、同じような体勢で同じような作業を繰り返すというのは見た目以上にきついもの。 室内であれば階段やドアなどの拭き掃除・浴室であればスポンジを使った全面的な掃除が必要です。特に力を入れる必要がない場合もありますが、同じ作業を続けるうちに体への負担がかかるものです。

腰痛

同じ体勢をキープして作業をしていると、足腰への負担もかかってきます。特に、しゃがんだり屈んだりする体勢は腰痛のもとになってしまいます。また、そういった姿勢は掃除だけではありません。特に新築物件の引き渡し前には養生シートがそのままになっています。本格的なクリーニングの前にはその全てを剥がさなければいけません。養生シートは工事中の傷や汚れ防止のために使われているため、家全体の隅々まで貼られています。それを何度も立ったりしゃがんだりして剥がしていくのは、腰への負担も大きくなるのは想像に容易いでしょう。

臭い

「ハウスクリーニング」というぐらいですから、かなり汚れてしまった部屋が現場になることもあります。汚れていれば、当然臭いが気になることも多々あります。臭いも様々で、カビのような軽い臭いから生ゴミの腐ったような臭いまで。マスクをしていても、その臭いが気になるというケースもあるでしょう。 臭いに対して敏感な方であれば、 精神的負担は少なくありません。

夏の暑さ

夏場のハウスクリーニング作業は体力的にきついと感じる場合があります。特に空室や新築引き渡し前のハウスクリーニングであればエアコンがないことも珍しくありません。そんな中、7月や8月のような猛暑期に作業を行うと体力は大きく削られてしまいます。熱中症のリスクもあります。 また、そのような環境下であれば汗が止まりません。作業中には汗が床に落ちていないかどうかの気遣いも必要です。つまり精神的・体力的にも夏のエアコンのないハウスクリーニング作業は辛いものになるのです。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月

※2021年9月17日現在、情報は変更されています

おそうじ隊501
初期費用 250万円
ロイヤリティ 売上の6%
おそうじ本舗
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2016年11月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2016年11月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査