集客できるホームページの作り方

ハウスクリーニングとして独立開業を考えたとき、まず考えなくてはならないのが、どう集客するかです。最近ではネットから依頼するお客様も多いので、ホームページでいかに集客できるかも成功のポイントとなります。

このページでは、集客できるホームページの作り方や成功のコツをお伝えしていきます。

競合を先に調べておく

集客に強いホームページにするには、競合他社と比較したときに、いかに自社のほうに魅力を感じて選んでもらえるかです。そのため、比較検討されていることを想定してホームページを作成し、自社の強みを売り出すことが大切です。

ターゲットにする顧客がどんな情報を見ているのかを知るためにも、ライバルとなる企業のホームページは必ずチェックしておきましょう。

リアルなライバルだけが競合とは限らない

競合他社を知る上で注意しておかなくてはならないのが、ネット上では、リアルな現場、つまり近隣の店舗だけがライバルとは限らない点です。

中には、特定の地域だけではなく、全国エリアにサービスを展開しているハウスクリーニングもあるでしょう。

反対に、規模やサービス拠点は小さくても、積極的な情報発信やWeb施策によって検索エンジンから高い評価を受け、大規模店よりも検索結果の上位につけている競合もあります。

これら競合が狙っているターゲット、そして検索キーワードが同じであれば、そこに現れる企業や店舗はすべて「競合」なのです。

集客できている業者を参考にする

ホームページで集客に成功したいなら、実際に成功している店舗や会社のホームページをよく調べ、真似てみることも大切です。

例えば、SNSを使って情報をこまめに発信してホームページへの流入につなげている、お役立ちコンテンツを充実させてユーザーの再訪を増やす、動画を取り入れて分かりやすいPRを行っているなどです。

自社でもできそうな施策があれば、すぐに導入してみる価値は大いにあります。

ホームページを作っても集客できない原因

知りたい情報がない

多くの人がインターネットで調べ物をする今、情報は常に比較されています。

ユーザーが見やすく見映えの良いデザインのWebサイトは、確かに一見良いように思えますが、肝心なのはサイトの中身です。いくらデザインが良くても、訪れたユーザーの知りたい情報が載っていないと、結局ユーザーが離れてしまう原因になります。

自社のホームページが、見た目やデザインにこだわって満足してしまっていませんか?電話帳のように、住所やアクセス情報だけで「中身のないサイト」になってしまっていませんか?せっかくホームページを作ったのに集客できないでいるなら、まず「情報の質」を見直してみましょう。

ターゲットを決めていない

自社のホームページを見に来る人、利用しそうな人の人物像について考えてたことはありますか?ホームページを作るにあたり、ターゲットの設定は重要です。

ターゲットを決めないままだと、どんな人に何を伝えたいかが曖昧になってしまい、情報にブレが生じてしまうからです。

ターゲットユーザーがどんな年齢や性別で、どこに住んでいるのか、家族構成や職業は何かなど、なるべく細かく絞り込んでおきましょう。

ターゲットを設定することで内容のブレを防ぎ、伝えたい人に伝えたい情報を届けられるサイトになります。

更新していない

ホームページは、作成しただけで集客できるわけではありません。Web上に情報を公開してから、いかに運用するかが大切です。とくに、ユーザーに最新の情報を届けるのは必須。会社がしっかりと活動していることを理解してもらうのにも役立ちます。

ホームページを作成しただけで更新していないのであれば、新しいコンテンツを追加する、リアルタイムな情報を発信するなど、情報を追加しながら改善していきましょう。

読みにくいコンテンツが続く

いくらユーザーにとって有益な情報を掲載しても、文章が読みにくかったり情報を探しにくかったりすると、結局ユーザーの離脱につながってしまいます。

また、最近では、多くの人がパソコンからではなくスマートフォンやタブレットからホームページを訪れます。スマホように画面が最適かされていないと、テキストが読みにくく離脱されてしまうのです。

自社のホームページは、パソコンでもスマホでも読みやすい作りになっているでしょうか?テキストの大きさは最適か、ボタンの位置は分かりやすいか、どのページに遷移するかが明瞭かなど、読みやすい・使いやすいサイトになっているかをチェックし、必要であれば改善を加えましょう。

ホームページで集客するには

目的を決める

まず、ユーザーが自社のホームページを訪れて「何をしてほしいか」を考える、つまり目的を決めることが大切です。ひと口に「集客」と言ってもゴールは複数あります。

例えば、単に自社について広く知って欲しい、電話で問い合わせしてほしい、資料請求をしてほしいなどです。

最終的な目的はもちろん「集客による売上アップ」ですが、その手前でホームページの目的を決めることによって、ゴールを明確にできるようになります。

電話での問い合わせを目指すなら見えやすいところに電話番号のボタンを設置する、資料請求が目的なら、問合せフォームへ遷移するボタンを設置するなどです。

見る側のことを考えたサイト構成にする

ホームページを作る際にもうひとつ大切なのが「ユーザーファースト」であるかどうかです。

ユーザーは欲しい情報を探しにサイトを訪れますが、このとき、どこにどんな情報があるのかが分からないと離脱を招いてしまいます。ユーザーの視点から見て分かりやすい構成を心がけてホームページを作りましょう。

強みを紹介する

ホームページで単に会社情報や施工事例の写真を紹介しただけでは、ユーザーにとっては何が言いたいのか伝わりません。

しっかりと「自社の強み」を紹介して、「ここにお願いしてみようかな」と思わせることが大切です。

このとき「自社が考えている強み」を推測して紹介するのではなく、客観的に見た強みを伝えることを意識しましょう。可能であれば、実際の顧客やリピーターに自社の魅力を聞いてみるのもひとつの手です。

客観的な強みを見出すのに活用できる具体的な手法として、マーケティングのフレームワークが挙げられます。「STP分析」や「4P分析」などを実践して、自社の強みや価値を見出してみてください。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 268.7万円
おそうじ本舗
初期費用 333.5万円
おそうじ革命
初期費用 381万円

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査
おすすめフランチャイズ3選
「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています
「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、
開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています