塾のフランチャイズの資金と特徴とは?

塾のフランチャイズとは?

フランチャイズの本部と加盟する側が契約を交わすことで、塾と同じグループとして経営できる事業形態です。加盟する側が本部へ加盟金を支払い、本部が加盟店へノウハウを伝授し、同じ屋号を使えるためブランド力も借りられます。経営のサポートもしてもらえるので、1から始めるより安定した経営が見込めます。

塾の形態は、一人ひとりに合わせた指導を行う「個別学習塾」や集団で切磋琢磨しながら学習していく「集団学習塾」・生徒が自主的に学習し講師がサポートする自立型学習塾などがあります。

塾のフランチャイズ開業と運営に必要な資金の目安は?

塾のフランチャイズの開業や運営で必要となる資金の目安について紹介します。

塾のフランチャイズ開業に必要な初期費用目安

初期費用に必要な開業資金は、約760万円が目安です。

内訳としては、加盟金:100~300万円・保証金:50万円・部権取得費や内外装費などの店舗関連費:350万円・研修費:60万円となっています。1000万円に近いお金が必要になることはよく確認しておきましょう。

参照元:フランチャイズ比較ネット(https://www.fc-hikaku.net/franchises/2585)

塾フランチャイズに必要な運営資金目安

塾フランチャイズの運営資金としては、1ヶ月860万円となり、この3ヶ月分の2580万円程度が必要です。これは人件費500万円・賃貸費200万円・教材費10万円・ロイヤリティ150万円が1か月あたりかかったと想定して割り出した数字です。設備や状況によって多少金額が変わる可能性もありますが、大体の目安として考えておきましょう

参照元:フランチャイズ比較ネット(https://www.fc-hikaku.net/franchises/2585)

塾のフランチャイズを開校する流れ

塾のフランチャイズを開講するまでには情報収集から加盟審査など様々なステップがあります。事前に確認しておきましょう。

ステップ1. 情報収集

まず、加盟したい塾のフランチャイズに電話や公式サイトから問い合わせや資料請求をしましょう。塾のフランチャイズには、その塾のフランチャイズごとにサポートの充実度やノウハウの豊富さなどの様々な特徴があります。情報収集をしながら、自分の中で何を優先して選びたいかを決めましょう。

事前にどんな塾にしたいか考えておくと、優先すべきものも明確になりそうです。

ステップ2. 説明会への参加・見学

事前に行った資料請求や情報収集で加盟したい塾のフランチャイズの候補を絞り、実際に説明会へ参加します。塾のフランチャイズの本部によって、開業支援の内容やどのような教育に対する考えや教育体系が異なるので確認しておきましょう。また、開業に準備する資金についても確認しておきましょう。

説明会でスタッフの対応は本部を映す鏡になっていることもあるので、横柄で強引な姿勢やデメリットについての回答を避けるなど、不信感を感じる様子が無いかチェックしておきましょう。

また、経営イメージを掴むために加盟店へ見学ができることもあるので、機会があれば行ってみましょう。

ステップ3. 事業計画の決定・加盟審査

加盟したい塾のフランチャイズが決まったら、実際に塾を開く場所をはじめとした細かな部分を決めていきます。契約を結ぶ前に、本部に支払う加盟金や研修費・加盟金などの初期費用の金額が適切なものになっているか・相場と大きく差が無いか、契約期間や中途解約の条件などの条件をよく確認しておきましょう。特に初期費用に関しては契約したフランチャイズの本部次第といった面が大きいので、注意が必要です。

その後、具体的に目標を達成するための「事業計画書の作成」で行っていきます。そして開業後の売上や経費などを計算し、どうやって事業の利益を上げていくのかを考えていきます。

事業を成功させたり銀行から融資をもらったりするためには事業計画書の作成が欠かせないので、しっかりと行いましょう。

ステップ4. 開校準備

フランチャイズの本部が行う研修に参加してノウハウを身に着けていきます。教室や教材を探したり考えたりしながら、塾に勤務する講師の募集・研修・入会する生徒獲得のために宣伝活動も並行して行ってみましょう。

ステップ5. 開校

フランチャイズを順調に開校できたら、その後は売上の一部をロイヤリティとして毎月本部に支払いながら経営していきます。

塾のフランチャイズの経営にかかわる注意点

講師を学歴のみで選ばない

塾の講師として働いてもらう際には、学力や学歴も1つの判断基準ではあります。しかし、それだけでなく、子供が好きだったりコミュニケーションをとるのが好きだったりといった適性・学習塾や家庭教師としてのアルバイト経験なども重要です。講師は塾にとって、経営していく上で中核を担う存在なので慎重に選びましょう。

開校場所選びは慎重に

塾を始める場合は、教える場所も大切になります。一般的には「自宅の一室を塾として利用する」「テナント募集している場所を借りる」のいずれかから選ぶことになります。

自分が目標にしている塾を経営できる物件を探していくことが大切です。

そのほかに低資金で開業できる業種は?

ハウスクリーニング

ハウスクリーニングは特別な資格が必要なく、やる気さえあれば誰でも開業できます。個人向けにエアコンや換気扇の油汚れのクリーニングを行ったり、不動産業者や物件オーナーから請け負う現状回復クリーニングを行ったりする事業です。

ハウスクリーニング業界自体がまだ成熟しきっていない業界であり、伸びしろも多いといえます。また、顧客に気に入ってもらえれば安定して依頼してもらえる可能性もあるので、やりがいも感じられるでしょう。

結婚相談所

結婚相談所は資格が不要で、ロイヤリティも比較的少なく設定されているフランチャイズです。フランチャイズ本部によっては、なんとロイヤリティがゼロで設定されていることもあります。

また、結婚相談所は月会費制となっていることが多く、安定した収入も期待できます。紹介した相手同士が結婚することになると成婚ボーナス報酬が支払われます。婚活パーティーやお見合いなどのセッティングをした際は費用を請求できる場合もあるので、報酬が得やすいのも魅力です。

まとめ

塾のフランチャイズで経営をする場合、大きく分けて「集団学習塾」「個別学習塾」「自立型学習塾」の3種類のスタイルがありました。本部によって教育の考え方や教育体系も変わってくるので、しっかりと確認をしておきましょう。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 268.7万円
おそうじ本舗
初期費用 333.5万円
おそうじ革命
初期費用 381万円

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査
おすすめフランチャイズ3選
「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています
「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、
開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています