リペアの(修理)フランチャイズの特徴・資金とは?

リペア(修理)のフランチャイズとは?

リペアは、傷を補修したり壊れたものを直したりする作業で、リペア対象は靴や車をはじめ、さまざまなものがあります。現在では需要が高まってきており、個人事業主やフランチャイズで開業する人も増えてきています。

リペア(修理)のフランチャイズ開業と運営に必要な資金の目安は?

リペアのフランチャイズ開業には、ある程度まとまった金額が必要となってきます。フランチャイズ加盟金などもあるので、個人での独立よりお金がかかるところもありますが、個人でゼロから独立するのと比べるとフランチャイズそのものの知名度がありますし、ノウハウなども教えてくれるので、初期の集客などの点ではアドバンテージがあると言えます。

リペア(修理)のフランチャイズ開業に必要な初期費用目安

リペアのフランチャイズを開業する際に必要な初期費用は、おおよそ400〜500万円を見積もっておくといいでしょう。主な内訳としては、フランチャイズへの加盟金、仕事で使う車両のお金、リペアに必要な材料や機材のお金、フランチャイズでの研修費などになります。なお、リペアのフランチャイズは出張型のサービスが多く、その場合は固定の店舗が必要ありません。そのため、他の業態と比べると比較的コストを抑えて開業することができるのです。

加盟金はフランチャイズによってまちまちで、数百万単位で必要なところもありますが、その分サポートは手厚くなるでしょう。研修費も、どこまでしっかりと研修してくれるかで価値が変わってくるので、出す金額と受けられるリターンの内容をしっかりと精査する必要があります。

材料代、機材のお金については、どんなものを対象にするのかで大きく変わります。最初は安価なものからスタートし、次第に扱える範囲を大きくしていく、というのもいいかもしれません。

リペア(修理)フランチャイズに必要な運営資金目安

リペアのフランチャイズの運営資金としては、人件費や家賃がかからないとした場合、材料費が最も大きなウエートを占めることになります。1ヵ月あたりの売上に対し、最大で20パーセントくらいを目安にしていくといいでしょう。もちろん、内容によっては抑えることも可能ですが、あまり材料費をケチるとリペア自体の質が落ち、サービス面の低下、引いては売上や評判が下がることにつながってくるので、注意が必要です。

また、出張型のサービスの場合、車の維持費やガソリン代など、車両にかかるお金が非常に重要になってきます。

そして、フランチャイズに加盟するのであれば、ロイヤリティなども運営資金としてしっかりと確保しておかなければいけないでしょう。

リペア(修理)でフランチャイズ開業する流れ

リペアのフランチャイズで開業するまでとしては、以下のような流れになります。

ステップ1. WEBセミナー参加

まずはフランチャイズ本部の担当役員が行う、開業に関するセミナーに参加します。そこで内容などを把握していって、加入するかどうかを決めましょう。

ステップ2. フランチャイズ契約

フランチャイズ加入を決めた後は、実際に申し込んで契約を結びます。後で考えの齟齬がないよう、契約書はしっかりと読み込んでください。

ステップ3. 初期講習+技術講習受講+加盟店専用動画サイトで復習

フランチャイズ加入が正式に決まった後は、相応の技術力を得るための講習を受けることになります。しっかりと利益を得られるようになるまで勉強できますし、復習も可能ですが、場合によっては追加でお金がかかる場合もあります。

ステップ4. 営業準備・営業スタート

実際にフランチャイズとして営業を開始するための準備を行っていきます。価格設定やリサーチなどを行い、実際に営業を始めます。

ステップ5. 開業

開業後は、基本的にはフランチャイズ店オーナーの頑張り次第となります。仕事そのものはもちろん、宣伝・集客活動にもしっかり力を入れ、安定して仕事が得られるように頑張っていきましょう。

リペア(修理)フランチャイズの経営にかかわる注意点

リペアのフランチャイズを経営していくにあたっては、いくつかの注意点があります。そこがしっかりとクリアできているかを見極めていく必要があります。

十分な集客が見込めるか

リペアのフランチャイズは店舗を構える必要がなく、無店舗・出張型のお店が多くなっています。そのため、営業活動をしっかりと行っていかないと人々に認知してもらえず、開業したもののなかなかお客さんが来ない、という状況にもなりかねません。

多様なサービスを提供できるか

リペアの仕事にはさまざまなものがあり、当然ながら仕事の幅が広いほど請けられる仕事量も増えます。多様なサービスを提供できるようにすることは、安定して事業を続けていくためには非常に重要です。

そのほかに低資金で開業できる業種は?

ハウスクリーニング

ハウスクリーニングも無店舗型で集客できる仕事で、フランチャイズ店も非常に多くなっています。地域を問わず需要の高い仕事なので、開業のハードルも比較的低いと言えそうですが、その分競争も激しいジャンルだと言えるでしょう。

結婚相談所

結婚相談所は特別な材料費や機材費などがほぼ必要なく、低資金で開業できる仕事の一つです。場所も自宅に使えるスペースがあればそこを使うなどできますし、マッチングも本部のシステムを活用して行っていくことになります。しかしその分、「人」の資質が問われる仕事にもなっています。

まとめ

リペアのフランチャイズで独立を考えていくのであれば、必要な資金や準備などをしっかりと把握した上で、信頼できるフランチャイズを見極めて、契約を結んでいくようにしてください。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 268.7万円
おそうじ本舗
初期費用 333.5万円
おそうじ革命
初期費用 381万円

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査
おすすめフランチャイズ3選
「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています
「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、
開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています