高齢者配食のフランチャイズの特徴・資金とは?

このページでは、高齢者配食のフランチャイズについて考察しています。

高齢者配食のフランチャイズとは?

高齢者配食は高齢者向けのお弁当をはじめとした配色を行うサービス業です。高齢者配食のフランチャイズをする場合は、一般的なフランチャイズと同じく、すでに知名度や実績のあるフランチャイズ本部と契約して加盟店として経営します。加盟金として売上の一部を支払う必要が出てきますが、代わりに本部が持つブランド力やノウハウを得られるので、1から自分で事業を起こすよりもリスクを抑えやすくなっています。

国内の高齢者は年々増加しているため、市場規模も右肩上がりに大きくなっているので、収入アップのチャンスも多い業界といえます。

高齢者配食は食事を利用者の自宅まで配達するため、賃貸料や人件費といった固定費があまりかかりません。また、調理済みの食材が本部から届くので加盟店では盛り付けをしてお届けをする形なので、調理未経験でも安心して経営ができ、高価な設備も不要なので安心です。

高齢者配食のフランチャイズ開業と運営に必要な資金の目安は?

高齢者配食のフランチャイズを開業する時や開店後の運営で必要となる資金について紹介します。

高齢者配食のフランチャイズ開業に必要な初期費用目安

高齢者配食のフランチャイズでは、目安として250万~500万程度が初期費用として必要です。これは、加盟店料や研修費・店舗取得費・広告などを含んだ金額です。一般的に費用が最も高くなる店舗取得費ですが、利便性の高い一等地を借りる必要が無いので抑えられやすい印象です。

参照元:フランチャイズ加盟募集.net(https://fc-kamei.net/fc-column/fc-column/elderly_food_distribution_service)

高齢者配食フランチャイズに必要な運営資金目安

配食のフランチャイズは、運営資金として加盟店料・保証料・研修料の合計で270万円ほど必要となる本部もありますが、保証料も加盟店料もロイヤリティも0円で会費のみが必要という本部もあり、フランチャイズの本部ごとに運営資金は変わります。事前に候補となるフランチャイズの情報収集したり説明会で確認してみたりしておきましょう。

参照元:フランチャイズ加盟募集.net(https://fc-kamei.net/fc-column/fc-column/elderly_food_distribution_service)

高齢者配食のフランチャイズを開校する流れ

高齢者配食のフランチャイズを開校する際の流れを段階ごとに分けて紹介します。

ステップ1. 加盟相談

資料請求や問い合わせをして候補を探しましょう。その後、フランチャイズ本部に加盟相談をして、担当者から事業内容や加盟条件・システムなどに関する細かな説明を受けます。出店希望エリアの希望や意向について確認があったり、店舗を出すのにぴったりな場所を紹介してもらえたりするので、その点もしっかり聞いてみましょう。

ステップ2. 面談・資金相談

事業資金の大まかな見積や高齢者配食の業界の展望について説明が受けられ、資金調達の方法もアドバイスがもらえます。

また、本部によっては店舗の見学をして、実際の経営の様子を見たり先輩オーナーに質問したりできるようです。興味があれば、担当者に聞いてみましょう。

ステップ3. 市場調査

出店を希望しているエリアを調査し、このエリアでの高齢者配食としての事業を展開した場合の予想についても説明が受けられます。

ステップ4. 契約

契約内容を確認し、問題がなければ契約します。その後、店名や出店エリア・開店日を決めていきます。

疑問・質問などがある場合は納得してから契約を進めましょう。

ステップ5. 店舗施工

本部の開業支援SVが、数ある物件の中でも「店舗」としてぴったりな物件を見つける方法を指導します。店舗として利用する物件を取得後は、大掛かりな工事ではありませんが、内装と外装も売上アップにつながるように工夫して施工していきます。

ステップ6. 研修

本部の方針によりますが、本部や既存店でシステムの使い方から店舗運営に関わる業務の研修を行っていきます。本部によっては、オープン直前の5日間で一気に研修することもあります。

ステップ7. 開店準備

開店に向けて実際に経営していくことを見据えて、事前営業や開店前の近隣への挨拶を行います。また、お店で使う備品や食材・容器などの発注も行っていきましょう。

ステップ8. 開業

いよいよ加盟店での営業が開始となります。店長として理想のお店を目指して経営していきましょう。

高齢者配食のフランチャイズの経営にかかわる注意点

高齢者配食のフランチャイズとして開業する場合に、経営に関わる注意点を紹介しています。

自由な経営ができるわけではない

フランチャイズでの企業は色々な支援を本部から受けられます。しかし、本部の屋号を借りて本部のメニューを提供するため、フランチャイズの加盟店は自由にメニューを作ることはできません。

開業後の安定した経営をしやすい環境にある代わりに、本部の指針に沿った形での経営が必要となります。

また、支援に頼りすぎずに、ある程度の制限がある範囲で上手に売上を伸ばしていく工夫が大切です。フランチャイズの本部によっては、エリアごとに店舗が安定して営業できるように複数出店しないといった配慮をしてくれる場合もあるので、事前に説明会や資料請求などをした時に聞いてみましょう。

本部の不祥事に振り回されることも

フランチャイズでの経営は、本部と同じグループのお店・加盟店として経営していくことになります。知名度のある屋号で開店できますが、本部が不祥事を起こしてしまったり他の加盟店が不評だったりすると、自分のお店の売上や評判にまで影響がある場合もあります。経営する上でのダメージにもつながるため、注意が必要です。

そのほかに低資金で開業できる業種は?

高齢者配食以外で低資金で開業できる業種を紹介します。

ハウスクリーニング

換気扇やエアコンなどの掃除から家や店舗・空き部屋全体のクリーニングまで様々な場所を掃除していきます。仕入れがない分、技術力で事業を行っていくため、費用を抑えた経営が可能です。

買取・販売

買取・販売のフランチャイズは、ブランド品から家電製品まで幅広く取り扱える事業です。他業種と見比べても費用を抑えて開業できるため、とても人気のビジネスとなっています。開業や運営に必要な資金は本部によって大きく異なり、加盟金が0円の本部もあれば加盟金200万円が必要となる本部もあります。

まとめ

高齢者配食のフランチャイズは一等地に店を構える必要がなく、調理や加工の手間も不要なことが多いため、低資金でも始めやすいフランチャイズです。加盟金や開業後のサポート体制・研修などの条件・待遇は本部によって異なるため、事前によく確認しておきましょう。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 268.7万円
おそうじ本舗
初期費用 333.5万円
おそうじ革命
初期費用 381万円

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査
おすすめフランチャイズ3選
「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています
「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、
開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています