買取業のフランチャイズの特徴・資金とは?

買取のフランチャイズとは?

買取は特別な技術がなくても始められる仕事として人気がありますが、収益を出すためにはしっかりとものを見極めて値付けをする必要があり、決して簡単な仕事ではありません。そうしたところをサポートしてくれるフランチャイズへの加入は、個人で仕事を始めるよりもはるかに成功率が高いので、こちらの情報を独立を考える際の参考にしてみてください。

買取のフランチャイズ開業と運営に必要な資金の目安は?

買取のフランチャイズ開業と運営に必要なお金は、加盟するフランチャイズによってまちまちです。そして、どこにお店を構えるかが大きなポイントとなります。予算をかけた方がいいことは確かですが、必要以上にお金を使わないよう、何が必要なのかをしっかりと見極めていく必要があるでしょう。

買取のフランチャイズ開業に必要な初期費用目安

買取のフランチャイズを開業する際に必要なお金としては、「加盟金」「許可取得」「研修費」そして「店舗関連費」があります。

フランチャイズに加盟する際に支払う加盟金は、ブランド使用料や買取ビジネスのノウハウの伝授、サポートなどに必要なお金となります。払ったお金に見合うサポートを受けられるのかをしっかりと精査しましょう。

なお、加盟金はフランチャイズによって金額設定がまちまちで、中にはゼロ円というところもあります。ただ、そういうところはサポートがほとんどなかったり、後述するロイヤリティーがとても高かったりするので、金額だけで飛びつくのは禁物です。

買取業を行う際に、中古品の買取・販売を行う場合は「古物商の営業許可」という許可証が必要になります。店舗を管轄する警察署に提出する必要があり、総じて2万円程度を用意しておく必要があります。

そして、仕事を始めるために必要な研修もフランチャイズが行ってくれるのですが、研修を受けるためのお金も必要になります。オーナー一人で受けるのであればある程度抑えられますが、これも数十万円必要になります。

そして、最も大きいのが店舗を立ちあげるためのお金。小さいスペースでよければそれほどお金はかかりませんが、ある程度在庫を持つなら相応の資金がかかります。また、駅の近くなど立地が良い場所は家賃も高くなります。

これらをトータルで見ていくと、だいたい500万から1000万、場合によってはそれ以上に初期費用がかかることも考えられます。

買取フランチャイズに必要な運営資金目安

買取業は、運営を始めた後の資金としては、それほどかからないのが特徴です。特に人件費に関しては、1日10人程度であればオーナー一人でさばけますので、基本的には自分の分だけを考えておけばいいでしょう。ランニングコストとして大きいのは、物件の賃料。これも、どのような業態で開業するかで変わります。

それから、買取業は売上や利益に応じてロイヤリティーが発生することが多いのですが、中には月額固定にしているところもあり、その場合は、それが運営費に絡んでくることになります。

そして、ランニングコストとは少し違うのですが、買取業という仕事の性質上、物品を買い取るためのお金は常に用意しておく必要があります。扱う物品にもよりますが、おおむね500万円から1000万円くらいあるといいでしょう。

買取でフランチャイズ開業する流れ

ステップ1. お問い合わせ・資料請求

まずは、フランチャイズ元に、加盟に関しての問い合わせをするところから始めてください。資料をもらえたり、事業説明会への案内をもらえたりします。

ステップ2. 事業説明会

事業説明会では、直接事業運営のイメージなどを話してもらえます。そこでイメージしてみて、実際にやっていけるようなら申し込みをしましょう。

ステップ3. お申し込み・本部審査

本部に対して申し込みを行います。ただし本部側でも審査があり、そこで落とされてしまうことがあるので、気をつけてください。

ステップ4. FC加盟のご契約

審査をクリアし、FC加盟の契約を結べば、晴れてフランチャイズオーナーになれます。

ステップ5. 店舗物件開発

店舗をどこに構えるかを、フランチャイズ元と共に探していきます。フランチャイズ側には膨大なノウハウや情報があり、それを元に、出店エリアを勧めてくれるでしょう。

ステップ6.物件契約・オープン準備

希望の物件が見つかったら契約を結び、それと共に研修を受けるなどのオープン準備をしていきます。

ステップ7.店舗オープン

実際に店舗がオープンした後は、フランチャイズのサポートを受けながら、事業を運営していくことになります。

買取フランチャイズの経営にかかわる注意点

本部の集客体制やサポート体制を確認する

本部の集客体制やサポート体制がどれくらい整っているのかは、買取業をフランチャイズで行っていく上で非常に重要な要素となります。高額の加盟金を払っている分、相応のサポートを受けられるのかどうか、しっかりと見極めていきましょう。

経営は小規模から

経営規模をいきなり大きくすると、つまずいたときに非常に大きな痛手を被ることになります。最初は小規模でスタートし、軌道に乗ったら徐々に事業を広げていくようにしましょう。

そのほかに低資金で開業できる業種は?

ハウスクリーニング

ハウスクリーニングは出張型で仕事をしているところが多く、店舗を構えなくていいことから、比較的低資金で始められる仕事です。フランチャイズ企業も数多くあり、それぞれにサポート体制を整えています。

結婚相談所

結婚相談所は特別な技術や機材が必要なく、自宅でも開業できることから、低資金で始められるビジネスの一つです。しかし、その分人によるところが非常に大きく、資質が問われる仕事でもあります。

まとめ

買取業のフランチャイズに加盟する場合には、何よりも本部のサポート体制が重要になります。二人三脚で、一緒に頑張っていけるところを選ぶようにしてください。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 268.7万円
おそうじ本舗
初期費用 333.5万円
おそうじ革命
初期費用 381万円

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査
おすすめフランチャイズ3選
「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています
「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、
開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています