ハウスクリーニングの服装

これからハウスクリーニング業を独立開業しようとする方にとって、どんな服装で作業するかは決めておきたい項目のひとつ。なるべく作業しやすく、お客様から見ても好印象な服装にしたいものですよね。

このページでは、ハウスクリーニングに適した服装の特徴や着用に向いているタイプ、それぞれのお手入れ方法についてご紹介します。

作業着として着られる服とは

ハウスクリーニングでは、作業着でお客様の自宅や事務所などに上がることになります。作業員の服装は動きやすさはもちろん、会社の印象を左右するアイテムでもあるため慎重に選びたいものです。

基本的に動きやすさや着心地、安全を重視して選びますが、服装から清潔感を感じられるかも大切です。

次に会社のイメージに合わせたデザインといった見た目を考えるようにしましょう。

ポロシャツ

見た目が爽やかで、お客様に清潔感を与える服装としてハウスクリーニングの作業着としてよく選ばれるのがポロシャツです。

すぐに着替えられるので、夏場の汗をかきやすい季節にもぴったり。つなぎや作業服のアンダーシャツとしても人気があります。

ただ、首元のボタンを留めない、ズボンの中に裾を入れないなど、ルーズに着るとだらしない印象を与えてしまいます。

ハウスクリーニングの現場で着用するのであれば、ボタンを留める、ズボンにインするなどルールを作ってきちんとした印象を与えることが大切です。

つなぎ

全身をすっぽりと覆うつなぎは、鋭利な工具などの衝撃からある程度体を守ることができるほか、薬剤を使う現場でも肌を守ってくれるためおすすめです。エアコン清掃などの薬剤や工具をよく使う現場で選ばれています。

最近では、夏用の半そでタイプやトイレに入る際に便利な腰割れファスナーがついているものなど、さまざまなつなぎが販売されています。

つなぎの洗い方

つなぎは、薬剤や油がつきやすいため、つけ置きしてから手洗いして干すのが一般的です。普段着と同じ洗濯機に入れてしまうと、油やシンナーなどの薬剤の匂いや汚れがついてしまうからです。

つなぎを洗う場合は洗濯板を使って手洗いするか、作業着用の別の洗濯機を用意すると良いでしょう。重曹や漂白剤などに漬けてから洗うと匂いや汚れが落ちやすくなります。

空調服

空調服とは、作業服の腰や脇の下部分にファンが付いていて、常に風を送ってくれる作業服のこと。充電式のバッテリーを装着することで、1日中快適な環境で過ごすことができます。

最近では夏場の熱中症対策として、多くの企業や現場で取り入れられるようになりました。

特に夏の屋外での作業だと、風で体温や発汗を調節できるため、体力の消耗を抑えられます。また、汗をかいても乾きが早いので、汗を拭ったりする手間を省けます。これらの効果によって従業員の作業効率アップにもつながるでしょう。

空調服の注意点

空調服に付いているファンは小型化されており、外見からはあまり目立たないような作りになっていますが、服の内部に常に風を送り続けるため、作業着を着ている上半身が風船のように膨らんだ状態になります。場合によっては作業がしにくくなることもあるでしょう。

また、ファンやバッテリーを持ち歩かなくてはならない分、重量が増えてかさばってしまいます。特に繊細な動きが必要とされる現場では、空調服を邪魔に感じてしまうかもしれません。

中にはファンの音が気になるという方も。静かな電車や室内、エレベーター内ではスイッチを切るなど、周囲への配慮が求められます。

ワークパンツ

ハウスクリーニングの服装は、トップスだけでなくズボンも大切です。動きやすく、かつ丈夫な生地で作られたワークパンツが定番。スラックスタイプや膝の位置にポケットがついたカーゴパンツなど、さまざまなタイプがあるワークパンツは、メンズファッションとしても定着していますね。

ポロシャツとの相性が良く、トップスのカラーと合わせたり従業員でカラーを合わせたりすると、統一感が出て印象が良くなります。

服装の選び方

サイズは自分に合うものを選ぶ

作業服は、自分のサイズに合ったものを選ぶようにしましょう。

着ている作業服が大きすぎるとだらしなく見えてしまいますし、逆に小さすぎると作業がしにくく、細かな動作ができません。

サイズの合ったユニフォームを着ているほうがきちんとした印象になり、信頼感を得られやすくなります。会社で同じユニフォームを揃えるのであれば、サイズ展開の幅広い服を選ぶと良いですよ。

劣化しにくいものにする

ハウスクリーニングは汚れたものを扱う作業ですので、ユニフォームが汚れやすくこまめな洗濯が必要です。洗濯をしても劣化しにくい、丈夫な生地や素材を選びましょう。

作業服の生地にポリエステルや合成繊維が含まれていると、洗濯してもシワになりにくく、丈夫で長持ちしやすくなります。

動きやすい服装にする

ハウスクリーニングでは特に上半身をよく動かします。腕や肩まわりなどを動かしやすい服装が最適です。ポロシャツなど伸縮性の良い生地や裁断加工された作業服がおすすめ。上半身の関節が動かしやすく、作業効率が上がります。

すぐに乾いたり汗を吸収したりする服装にする

勤務している間、汗をかいてもこまめに着替えられるわけではありません。勤務時間を快適に過ごせるよう、速乾性や吸汗性に優れた服装を選ぶようにしましょう。

特に夏の間は気温が高く汗をかきやすいですし、湿度が高いと体に熱がこもりやすくなります。汗が乾かないまま作業すると、汗の匂いが気になるのはもちろん、体が冷えて風邪をひいてしまう原因にもなります。

ポリエステルや綿のほか、最近では速乾性の高い素材の作業服が出回っています。これらを選んで、少しでも快適に過ごせるようにしてください。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 268.7万円
おそうじ本舗
初期費用 333.5万円
おそうじ革命
初期費用 381万円

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査
おすすめフランチャイズ3選
「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています
「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、
開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています