ビカンテック

こちらではビカンテックの特色、フランチャイズ概要、オーナーの声などについて紹介します。

ビカンテックのフランチャイズ開業の特色

ビカンテックは、一般的なハウスクリーニングとは異なり、特殊洗剤を刷毛で塗って、水洗いや拭き取るだけの、特別な技術が不要なクリーニングを行うフランチャイズです。

特殊洗剤を塗り水で流すか拭き取るだけなので、難しい技術が必要なく、未経験者でも始められます。

注目ポイント

  • 特殊洗剤と刷毛の消耗品だけで、その他の在庫を抱えることなく一人で始めることができる。
  • 特別なスキルが不要なので、未経験者でも始めやすい。
  • 開業前には、商品特性、施工方法、営業方法などの1日研修が受けられる。開業後も施工に関する不明点や収益の上げ方など質問できるフォロー体制が整っている。
  • 低資金かつ自宅や小さなスペースから開業できる。
ビカンテックのフランチャイズ概要
開業資金・加盟金

60万5,000円~

ロイヤリティ

不要

契約タイプ 代理店、特約店
契約期間 1年間(自動更新)
開業地 自宅や小さなスペースでも可能
収益モデル
  • 一人で開業可能
  • 1件で30万円超えの利益も可能(粗利70%超え)

個人住宅メインで受注5件の場合
●月商65万円
▼経費14万円
 →◎粗利51万円

大型物件を含む受注5件した場合
●月商220万円
▼経費62万円
 →◎粗利158万円

サポート体制
  • 開業前:1日研修あり
  • 開業後:施工に関する疑問や収益の上げ方などの質問可能
加盟条件
  • 要問合せ
ビカンテックの特徴って?フランチャイズ_特徴

在庫を抱えず一人で開業することが可能

必要なものは、清掃に使用する特殊洗剤と刷毛といった消耗品のみなので、在庫を抱える心配がありません。また、使用する特殊精算も受注ごとに注文することができるので安心です。

デモを行うと見積もり依頼をもらえる可能性が高まる

ビカンテックの営業は、お客様の前でデモを行うことを推奨しています。デモを実施することで、見積依頼をもらえる確率が増えるからです。

開業前には商品説明や施工方法の説明だけではなく、こうした営業方法についての研修を受けることが可能です。また、開業後も「思ったように契約が取れない…」といった悩みを相談できるサポート体制が整っています。

ビカンテックの売上をチェック

会計

特殊洗剤を塗って拭き取るだけの簡単作業で、粗利が70%を超えることも可能(2022年1月時点・公式サイトより)なビカンテック。

公式サイトでは1件で30万円の利益を超えることがあるといわれています。

本業でも会社員の副業でも始めることができるので、それぞれの売上を確認していきましょう。

本業で月20日稼働した場合

まずは、本業として週休2日で働いた場合の収益について確認していきましょう。
施工の規模によって得られる収益も異なりますが、ここでは分かりやすく1件30万円で計算していきます。

  • 1日1件、20日施工した場合:30万円 × 20日 = 600万円
  • 月の半分は営業活動、10件の契約を獲得した場合:30万円 × 10日 = 300万円

人件費や移動費、消耗品費用などの必要経費が発生する可能性があるので、あくまで目安として参照ください。詳細については直接お問い合わせください。

副業として週末のみ働いた場合

ビカンテックは、副業としても始めることができるフランチャイズです。
ここでは、週休2日の会社員が週末のみ稼働した場合の売り上げについて確認していきましょう。

  • 月8回施工した場合:30万円 × 8日 = 240万円
  • 月4回施工した場合:30万円 × 4日 = 120万円

会社員としての本業があるなか、ビカンテックの営業活動を行うので、難易度は上がりますが、副業の平均月収が約6万円(2021年1月時点)※であることから20倍以上を目指すことが可能です。ただしあくまで目安の金額のため、ここから必要経費が差し引かれる可能性があります。

※参照元:マイナビ転職 キャリアトレンド研究所
(https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/careertrend/05)

ビカンテックにかかる必要経費

こちらの項目では、ビカンテックにかかる必要経費についてまとめていきます。
ビカンテックでは、ロイヤリティが一切かかりませんが、月額制の会費が発生します。

  • 代理店/1万1,000円
  • 特約店/5500円

契約期間は1年間(自動更新)なので、代理店の場合には年間で13.2万円、特約店で年間6.6万円の会費がかかります。
また、施工に必要な特殊洗剤や刷毛の購入にも費用がかかりますが、こちらの金額は公開されていないので問合せが必要です。

損益計算書(簡易)

ここでは、収益モデルから1件あたりの諸経費を割り出し、実際にどの程度の利益を出せるのか確認していきましょう。

個人住宅メインで受注5件の場合

  • 月商65万円
  • 経費14万円

上記の場合、1件につき13万円、経費が2万8,000円の計算です。これらを差し引いた粗利は51万円となります。

大型物件を含む受注5件した場合

  • 月商220万円
  • 経費62万円

上記の場合は、1件につき44万円、経費は12.4万円です。これらを差し引いた粗利は158万円となります。

個人住宅よりも大型物件の方が、経費がかかる傾向にありますが、1件あたりの粗利も大きく、月収100万円超えを目指すことが可能です。当然、自身の頑張りも必要ですが年収1,000万円も夢ではありません。

ビカンテックでハウスクリーニングを開業したオーナーの声

ビカンテックでフランチャイズを開業したオーナーの声を見つけることができませんでした。

ビカンテックでのハウスクリーニング開業まとめ

特別な技術が不要なので未経験者でも参入しやすい

ロイヤリティ

ビカンテックの施工は、特殊洗剤を刷毛で塗り、水洗いや拭き取るだけなので特別な技術がなくてもできます。
開業前には、こうした施工方法に関する研修も行っているので、ハウスクリーニング業をしたことがない未経験者でも参入しやすいといえるでしょう。

開業資金や月額会費がリーズナブル

開業資金は、初期投資が60万5,000円から、月額会費も5,500円~1万1,000円なので、比較的リーズナブルな費用で開業できるのが魅力です。
ノルマもないので、初期投資を回収したあとは、月額会費分だけの利益を出せれば、マイナスになることはありません。
副業からでも始めることができるので、自身で業務フローを確立してから、徐々に本業として稼働させていくといった方法もおすすめです。

在庫を抱える心配がない

「在庫を抱えてしまうのでは?」と、フランチャイズを始めるにあたり、このような心配をしている人は少なくありません。
ビカンテックでも特殊洗剤や刷毛などを購入しなければなりませんが、これらは受注ごとに注文することができるので、定期的に購入する必要はなく、在庫を抱える心配がありません。

一人でも開業できる

「法人化するのはちょっと…」「一人で気楽にやりたい」など、開業に対する思いは人によってさまざまです。
ビカンテックは、特別な技術がいらないことから、必要な道具も少なく、簡単に施工することができるので、一人でも開業することが可能です。

開業後の計画を立てる必要がある

在庫を抱えることなく、特別な技術なしで、一人でも開業できるビカンテックですが、決して楽観視せず、開業後の計画をしっかり立てることが重要です。
開業前、開業後どちらでもサポートしてくれる体制は整っていますが、営業活動で案件を獲得できなければ1円の収益も上げることができません。
自身の周りにお客様になってくれる人がいるのか、どのように営業活動をするのかなど、事前に計画や具体的なイメージをすることが、失敗しないポイントであるといえるでしょう。

会社概要

運営会社:株式会社ビカンテック
所在地:大阪府大阪市中央区平野町2-2-12
問い合わせ:06-7636-2212

おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 268.7万円
おそうじ本舗
初期費用 333.5万円
おそうじ革命
初期費用 381万円

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査
おすすめフランチャイズ3選
「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています
「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、
開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています