壁紙のハウスクリーニング

家の壁紙は、気づいた時にはすでに色が変わってしまっているということも珍しくありません。 それだけ知らず知らずのうちに壁紙は汚れてしまうものなのです。さらに一度汚れてしまった壁紙をきれいにするのは骨が折れるもの。 ここでは壁紙の掃除をハウスクリーニングに頼むときのシチュエーションやプロの掃除方法を紹介していきます。

壁紙のハウスクリーニングを依頼するのはどんなとき?

壁紙のハウスクリーニングを業者に依頼するタイミングは、思っていたよりも壁紙が汚れてしまっており「自身での掃除が難しい!」と感じた時です。 プロのハウスクリーニング業者であれば、どのような状態であっても手を尽くしてくれます。ここではシチュエーション別に詳しく解説をしていきます。

自分で掃除することに不安があるとき

ご自身で壁紙の掃除をするしない以前に、壁紙の掃除そのものに不安を抱いている場合はハウスクリーニング業者に依頼をしましょう。例えば壁紙の掃除の仕方がわからない・壁紙を傷つけてしまいそうと感じている場合です。

ハウスクリーニング業者はプロですから、壁紙を傷つけず効果的な掃除方法を行ってくれます。壁紙の素材や特徴を確認した上で掃除を行ってくれるので壁紙を傷つけずキレイに仕上げてくれるでしょう。

自分で汚れが落としきれないとき

実際にご自身で汚れを落とそうとしたものの、思うように落ちなかったという場合もハウスクリーニング業者の出番です。 その場合も、先ほどと同様に掃除方法がマッチしていないため思うように汚れが落ちないケースがほとんどです。

例えばキッチン周辺であれば調理の油煙による汚れ・リビングであれば湿気によるカビといったように汚れの原因は様々。クリーニング業者に依頼をすれば、自分で落としきれなかった汚れも見違えるようにきれいにしてくれるはずです。

壁紙の清掃方法

ここからはハウスクリーニング業者による壁紙の清掃方法の手順例をまとめています。

汚れを落とす

単に汚れを落とすだけであれば、まず周りを汚さないようにしっかり養生を行います。その後全体のホコリを取り除き、壁紙に適した専用洗剤で洗浄。汚れや壁紙にマッチしたものを選ぶ・混ぜ合わせるというのはプロならではの知識と技術の賜物。もちろん薬剤を間違って使用するというような事故もありません。全体的に染料が済んだ後は乾拭きをして終了です。

塗料を使う

壁紙が汚れている、つまり変色しているというケース以外にも壁に傷がついてしまっている場合があります。そのような場合であってもハウスクリーニング業者であれば適切な処理を行ってくれます。例えば少し傷が付いているという場合であればタッチアップをします。タッチアップは壁紙の色に合わせた染料を塗ってキズを目立たなくさせる方法です。

一方、大きく壁紙が傷ついている場合は、同じ種類の壁紙をその部分にはめ込むように貼り直すというパッチワークを行います。 それぞれのポイントとしては既存の壁紙の色に合わせるということ。ここをしっかり合わせてくるというのは、まさにプロならではの仕事といえます。

壁紙を塗り替える

一部のハウスクリーニング業者では壁紙の塗り替えまで対応してくれる所も。これは清掃よりも塗り替える方が早くきれいになると判断した場合に行われます。賃貸の場合であれば大家さんの許可を得る必要がある場合もあるので必ず確認しましょう。壁紙の張替えによって、新築時のようなきれいな状態の壁になります。

ほかにも、子どもによる壁への落書きや喫煙によるヤニの黄ばみも解決します。壁紙の塗り替えによって、より確実に素早く元々の色に近づくという点は大きなメリットです。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査