需要増加の背景

こちらでは、何故ハウスクリーニング業界が成長市場として注目を集めているのか、その社会的背景について説明します 。

ハウスクリーニングで独立開業する人が増えている

独立して起業する人の理由は色々ありますが、まず第一は収入を増やしたいということがあげられるでしょう。

そんな方たちの間では、現在需要が伸びているハウスクリーニング業界が人気です。

今、ハウスクリーニング業界が伸びている理由には、現代の社会的背景が関係しています。

超少子・高齢化で需要が増加

2010年に超高齢化社会へ突入してから、高齢者の割合は増加の一途をたどっています。

高齢者の健康を守るために掃除は欠かせません。ものが散らかっているとつまずいて転倒するおそれがありますし、ハウスダストやダニを吸い込んでしまうことで体調を悪化させるリスクがあるからです。

しかし、高齢になると思うように体が動かなくなり、これまでできたことができなくなるという局面に立たされます。

例えば、階段の上り下りが億劫になり、腰をかがめて床掃除をすることがつらくなります。そればかりか、掃除中にちょっとした段差につまずいただけでも、骨折などの大きな怪我に繋がる可能性があるのです。

そうしてだんだん掃除そのものが大きなタスクになると、掃除が追いつかなくなっていきます。

核家族化が進み、家族が祖父母の元で掃除を手伝う機会が失われつつあることも、掃除の担い手が不足している要因の1つかもしれません。

こうした背景の中で、家族に替わる掃除の担い手として、ハウスクリーニングビジネスが台頭してきました。

共働き家庭の増加

不況による賃金減少や、男女雇用機会均等法の施行による女性の社会進出によって、家庭内の掃除の担い手が減少してきています。

フルタイムで働いていれば、家事に割ける時間はおのずと減るものです。仕事で疲れて帰ってきてから掃除をするのは負担が大きく、男女共に「できれば掃除はしたくない…」というのが正直な感想ではないでしょうか。

こうして行き届かなくなっていった掃除を、ビジネスとしてカバーするのがハウスクリーニングサービスです。

共働きの家庭は今後ますます増えていくでしょう。そうした中で、在宅クリーニングビジネスの需要は拡大し続けると見込めるのです。

ライフスタイルの変化

近年は晩婚が進むことで核家族世帯も増え、男女共に単身者も増加しつつあります。多くの核家族世帯や単身者は生活を支えるために働いており、なかなか掃除の時間が取れないのが現状です。

とはいえ、きちんと掃除をしないと、ハウスダストや花粉などで健康に影響が出ることも考えられます。赤ちゃんやペットがいる家庭ではなおさら、掃除をしないわけにはいきません。そこで、「掃除をハウスクリーニングに委託しよう」と考えるのはごく自然なことでしょう。

また、専業主婦によるハウスクリーニング利用も増えています。専業主婦とはいえ、掃除のプロとして訓練を積んだわけではありません。「自分では落とせない汚れはプロにお任せする」という考えが市民権を得つつあるのも、ハウスクリーニングのビジネス需要が伸びている理由の1つです。

アレルギー対策

ダニやハウスダスト、カビなどを原因とするアレルギーへの関心の高まりなどにより、「プロの手による掃除」への着目度合いが高まっています。

衣替えや梅雨のシーズンになると、ハウスダストが原因でくしゃみや鼻水といったアレルギー症状が出てしまう方もいます。春先になると花粉症に悩まされる方もいるでしょう。また、小児喘息の多くはダニに起因するといわれています。

室内にあるハウスダスト、花粉、ダニといったアレルゲンを減らすことで、発作やアレルギー症状を和らげることが可能です。

アレルギー発症の原因は、ハウスダストやダニ、花粉だけではありません。洗浄剤に含まれる化学物質に反応するアレルギーを持つ方もいます。そのような方に配慮して、植物由来のクリーニング剤を使うハウスクリーニング業者も増えてきています。

企業のコスト削減

不況といわれて久しい昨今。これまで社内で担ってきた掃除業務を営業などのコアビジネスに回さざるを得ない状況となってきています。

その対策の一環として、オフィスの定期的な清掃を委託する企業が増えています。オフィスがハウスクリーニングに定期清掃を依頼することがコストの削減に繋がるからです。

例えば、時給1,500円の仕事をする社員に毎日15分の掃除をさせると、単純計算で週75分を清掃時間に費やします。これを1ヶ月20営業日で計算すると5時間。時給換算で7,500円です。このような社員が20人もいればあっという間に15万円のコストが掃除に消えてしまいます。

見逃されがちですが、社員による清掃時間も「コスト」の1つ。ハウスクリーニングに委託することで、大幅なコスト削減に繋がるため、オフィス清掃の依頼が増えているのです。

民泊の増加

国内外からの観光客が増加し、日本はホテル不足に悩まされています。国際化が進むにあたり、今後ますます多くの外国人観光客が訪れることが予想され、ホテル不足はより深刻になるでしょう。

そこで、ホテルに代わって一般の住居を貸し出す「民泊」が盛り上がりの兆しを見せています。民泊マッチングサービスのAirbnbを遣えば誰でも民泊を提供できるとあって、副業の1つとして利用する方が増えています。

とはいえ、一室を貸し出す民泊を運営するのはかなりの手間。ゲストからの問い合わせ対応はもちろん、肝心の部屋じはいつでもキレイに保っておかなくてはなりません。

しかし、部屋をいくつも貸し出しているホストが自分ですべての部屋を掃除するのはほとんど不可能。そのため、民泊を定期的に清掃するためのハウスクリーニングの需要が少しずつ高まっているのです。

早めの参入で成長する需要を捕まえよう

需要がどんどん増えているハウスクリーニングサービスですが、参入のタイミングが遅れると、その需要を売上につなげることが難しくなります。

ハウスクリーニングを利用する人は、一度利用した店舗が気に入った場合そのままリピーターとして同じところに依頼する傾向があるので、参入が遅くなると、顧客を掴みそびれるからです。

このサイトでは、独立開業におすすめのハウスクリーニングのフランチャイズ本部を集めて、初期費用の安さやロイヤリティの規定、開業後のサポート体制などを比較検討したランキングを作っています。

拡大する需要をしっかりと売上に結びつけ、がんばった分だけ稼ぎにつながるフランチャイズ選びの参考にしてください。

まず押さえておきたいフランチャイズ本部

今後ますます需要の高まりを見せると予想されるハウスクリーニング業界。こちらでは、ハウスクリーニングで独立するためのサポートをしてくれるフランチャイズチェーン(FC)を特集しています。代表的なFC10社のなかから、もっともおすすめできる3社をまとめました!

ハウスコンシェルジュ

ハウスコンシェルジュは創業55年、老舗の業務用洗剤・清掃用具メーカーです。使用する洗剤やクリーナー、ワックスは自社製品を使っているので、卸値以下で購入できるのが魅力的。初期費用は最大202.8万円、ロイヤリティは3万2,400円と、比較的安くて始めやすいFCなので、できるだけ費用を抑えたい人におすすめです。大手ハウスメーカーやマンションビルの管理会社と取引をしており、安定して仕事を続けられます。研修は異例のマンツーマン対応を導入。1対1で手厚くサポートしてくれるので、疑問や不安を残さずしっかり学べます。

おそうじ本舗

全国ネットのテレビCMで名前が知られるおそうじ本舗。大手ならではの知名度で顧客を獲得しやすいFCです。 店舗を持っていなくても開業できる点が魅力。研修内容も充実しているので、無資格・未経験でもフランチャイズ開業が可能です。多くのオフィスや店舗と法人契約をしているので、顧客に困ることはないでしょう。

おそうじ革命

おそうじ革命は、ハウスクリーニング業界では異例のバイク便によるサービス。「そうじのできる商売人」を育てることを目指し、研修やアフターサポート体制を充実させているFCです。45日間、徹底的に技術・営業・集客を学びます。研修中から営業活動や集客を行い、実践的なスキルを身に付けていくので、独立後も自分の力で切り盛りできるでしょう。もし集客に自信がなくても大丈夫。顧客紹介制度もあるので、売り上げを担保できます。

まずは独立開業のビジョンを明確にする

ハウスクリーニングのフランチャイズ本店といっても、このようにさまざまな特徴があります。まずはハウスクリーニングで独立開業する方法をしっかり理解してから、自分が独立開業している明確なビジョンを固めておくことが大切。「こんな独立をしたい」というビジョンが明確になったらいよいよどこのフランチャイズ本店に加盟するかを決めましょう。それぞれの特徴や加盟金・ロイヤリティの違いはありますが、頑張れば頑張るほどちゃんと利益が出るようなフランチャイズ本店を選ぶのがおすすめです。

清掃業で起業のチャンス!エアコンクリーニングに注文が殺到している理由とは?

年々、エアコンクリーニングを清掃業者などのプロに依頼される方が増えています。こういった背景に加え、ハウスクリーニング業界自体が大きく成長しておりこれからも伸びしろが見込めることから、その分野で実際に起業なさる方は少なくありません。

なぜこれほどまでにエアコンクリーニングの依頼が増えているのか、その理由をご紹介します。

健康志向の高まり

長時間お手入れや掃除をしませんと、エアコンの内部はカビやほこりなどが溜まってしまい、エアコンを稼働する際に空気と共に流れ出し、やがては私達の体内に入ってしまいます。

このエアコンに溜まったカビやほこりはアレルギーや風邪をはじめ、様々な症状を引き起こす原因になると言われております。体質や状況によっては、気管支炎といった呼吸器系の症状が出て重篤化してしまうこともありますので注意が必要です。

現在エアコンと健康被害に関する知識はかなり浸透しつつあり、エアコン内部を清潔に保ち快適で安全に過ごしたいという健康志向の高まりからエアコンのクリーニングをする方は沢山いらっしゃいます。

ただ、個人でクリーニングするとなりますと高い場所に設置されたエアコンは作業しにくく、カビやほこりなどを完全に除去することが難しいということがあります。

それで、多少の費用をかけてでも業者に依頼し、徹底的にクリーニングしてもらう方が増えています。

個人で徹底的に掃除するのが難しい

エアコンには、温かい空気を冷たい空気に換える熱交換器が搭載されています。

この熱交換器は冷房機能を使用する際、特に稼働する部分で水分がついてカビが発生しやすく、ほこりやゴミが詰まりやすい部分ですので、掃除する際に一番手をかけたいところです。

ただし、エアコンは取扱説明書などに「専門的な知識がない場合は故障や不具合の原因となってしまうので分解などは絶対に行わないように」と注意書きがされているほど、内部構造が複雑で素人が隅々まで掃除することがかなり難しい電化製品です。

個人でできるのはエアコンを掃除、メンテナンスすると言ってもフィルターを取り外してほこりやゴミを吸い取る程度で、一番カビやほこりがつきやすい熱交換器周辺の内部を徹底的に掃除することは出来ません。

そこでエアコンの内部まで徹底的に掃除するため、業者にクリーニングを依頼する方が増えているのです。

中にはエアコン内部の防カビ処理を請け負っている業者もあり、クリーニングやサービスの幅が多様化していることからご自分の目的や予算に合わせてエアコンのクリーニングやメンテナンスを依頼できるようになっています。

エアコンのパフォーマンス向上

エアコンの内部にほこりやゴミが詰まり、カビが発生していますとエアコンのパフォーマンス(稼働能率)が下がってしまい、余分に電気を消費してしまいます。

エアコンのクリーニングをすることで、エアコンのパフォーマンスが向上しスムーズに稼働することが可能です。

また電気の消費量を抑え、節電効果を期待することができることから、エアコンのパフォーマンスが下がったと感じた時に業者にクリーニングを依頼する方が沢山いらっしゃいます。

エアコンの寿命延長

エアコンの内部にほこりやゴミ、カビが溜まると本体や室外機の内部にまで入り込み、突然の故障や寿命を縮める原因となることがあります。

定期的にエアコンを業者にクリーニングしてもらうことで寿命を延ばし、エアコンを使いたい時に故障して使えないという事態を防ぐことができるのです。

クリーニングには多少の費用がかかるものの、エアコンの寿命を延ばし、長い目で見るとエアコンにかかる費用を節約することができることも、年々クリーニングを業者に依頼される方が増えている理由のひとつと言えるでしょう。

このように様々な要因からエアコンのクリーニングを業者に依頼なさる方は年々増えており、今後も需要の増加の見込みがあることから、ひとつのビジネスチャンスに成り得る業種として注目を集めているのです。

ハウスクリーニングギフトの人気が高まっている5つの理由

ハウスクリーニングギフトとは、ハウスクリーニングのサービスを受けられるギフト券などのことです。

そんなハウスクリーニングギフトの人気が高まっている理由を5つご紹介します。

1.需要に合ったサービスを選ぶことができる

ハウスクリーニングギフトの中には、サービスを選ぶことができるものが多いです。

エアコンのクリーニングや洗濯槽の掃除、レンジフード、トイレ、浴室、フロアクリーニングなどなど……。

ハウスクリーニングギフトを贈る人でなく、受け取った人がサービスを選ぶことができるので、より気になるところをピンポイントで掃除してもらうことが可能です。

遠くに住んでいて、何に悩んでいるのか分からない……という方が贈るのにもぴったりです。

2.プロによる行き届いたサービスを負担なく贈ることができる

ハウスクリーニングギフトは、贈るだけであとはハウスクリーニング業者が掃除をしてくれるので気軽という点でも人気があります。

掃除は面倒で、ある程度知識も必要ですので、なかなか簡単には「お掃除してあげるよ!」とは言いにくいですよね。

しかし、ハウスクリーニング業者に依頼できるハウスクリーニングギフトなら、簡単にプロの力を借りることが可能です。

母の日や敬老の日のプレゼントなどにハウスクリーニングギフトを贈れば、毎日がんばっている家族を労わりつつ、自分の負担も少なく済ませることができますね。

3.なかなか掃除ができない共働きの家庭におすすめ

専業主婦で室内をスキマ時間にでも掃除できる環境にある方ならいいですが、共働きをしている家庭だとなかなか徹底した掃除ができませんよね。

室内の汚れは気になっているものの、フルタイムで働いて休日はゆっくりしたい……とお考えの夫婦も多いですよね。

また、小さなお子様がいるご家庭や出産後すぐでまだ育児が大変、お母さんの体力が回復していないなどの場合も掃除は後回しにしてしまいがちです。

そんなご家庭にハウスクリーニングギフトを送れば、休日をのんびり過ごしながら、室内を徹底的にキレイにすることができます。

出産祝いには、子供服や商品券などが贈られることがほとんどですが、このようなハウスクリーニングギフトを贈れば、より喜ばれることでしょう。

4.体の不自由な方がいるご家庭にも最適

体の不自由な方だけが住んでいる家庭では、なかなかひとりだけで掃除を行うことができません。

日本は、高齢化が進んでおり、体力的にも掃除をできないとお悩みの方も多いですよね。

そんな方にハウスクリーニングギフトを贈れば、今まで気になっていたけどできていなかった室内の掃除をすることができます。

また、エアコンやレンジフードなどの高い場所や、素人ではなかなか掃除ができない部屋の隅々まで徹底的に掃除してくれますので、まるで新築のような仕上がりに新しい気持ちで日々を送ることができるでしょう。ご高齢の方などには敬老の日のギフトにも最適です。

5.年末や新年度などの忙しい時期にもぴったり

年末は、どうしても忙しくなり、大掃除といっても簡単なことしかできないとお悩みのご家庭は多いです。

また、徹底的に掃除をしたいけど素人の手には負えない……と感じている方も多いですよね。そんなときにハウスクリーニングギフトを利用すれば、心機一転、清々しい気持ちで新年を迎えることができます。

ハウスクリーニングギフトは、異動や入学などの忙しい時期にも大いに役立ちますので、遠くで一人暮らしを始めるお子様にも入学祝いとして、ぜひ、プレゼントしてみてはいかがでしょうか。

ハウスクリーニングの現状

かつて日本では「家の掃除は主婦か家族がおこなって当たり前」という考えでした。掃除は自分たちでするべきと考えており、業者に家の掃除を任せようとは考えなかったのです。

しかし現代では、「掃除が難しい箇所をやってもらいたい」「プロに掃除をしてもらいたい」という人が増えており、ハウスクリーニングの利用客は増加しています。なかでもエアコンクリーニングはテレビCMなどの効果もあり、「エアコンの汚れや臭いをしっかり落とすには業者に依頼すべき」と認識している人が多いでしょう。

そして高齢化社会や共働き世帯の増加などにより、今後もハウスクリーニングの需要は高まっていくと考えられています。では、ハウスクリーニングの現状はどのようになっているのでしょうか?

事業所は増加している

現在のハウスクリーニング事業所数は正確に把握するためのデータがないためわかりませんが、事業所数は年々増えているようです。

ハウスクリーニングの事業所が増え続けている理由は、ハウスクリーニングの需要の高まりを受け大手企業の参入や個人事業主が増加したことにあります。今ではホームセンターや警備会社などもハウスクリーニング事業を展開していますし、注目されている事業といえるでしょう。また、ハウスクリーニング業は初期費用を抑えて開業できることもあり、個人事業主も増えているのだそうです。

なお、事業所が増えているということは、それだけ業界内の競争も激しくなっているということ。需要が高まっているため開業しても顧客が獲得できない…とはなりにくいものの、価格やサービスの質や内容で他社との差別化を図る必要があります。

需要や事業所は増加しているものの、利用したことがない人も多数

ハウスクリーニングの需要は高まっており、ハウスクリーニングサービスを利用する人は増えています。しかし、これまでにハウスクリーニングを利用したことのある人とない人では、利用したことがない人の方が多いのが現状でしょう。

近年では新型コロナウイルスの流行により、新しい生活様式が確立されつつあります。あらゆるサービスにおいて「非対面型」であることが求められており、ハウスクリーニングにおいても「他人を家に入れるのは感染症対策の面でもリスクがある」と考える人も。

新しい生活様式は今後も人々の生活に影響を与えるでしょうから、「ハウスクリーニングに興味があるけれど、結果や料金、感染症対策に不安がある」という潜在顧客をどのようにして獲得するかが今後の成功の鍵になりそうです。

ハウスクリーニングの市場規模

市場動向

株式会社矢野経済研究所のデータによると、ハウスクリーニング事業を含めた生活支援サービス(ハウスクリーニング・家事代行サービス・ホームセキュリティ・見守りサービス・家具家電レンタルサービス)の2017年の市場規模は4,405億円。2018年には4,729億円、2019年には4,770億円と上昇傾向を見せています。そして2020年には新型コロナウイルスの流行により市場拡大に歯止めがかかったものの、予測値は4,746億円と高い数値をキープ。

今後さらに市場規模を拡大していくにはいくつか課題があるものの、潜在顧客の多いハウスクリーニング事業には成長の見込みが十分あります。

参考:株式会社矢野経済研究所「住まいと生活支援サービスに関する調査を実施」
(https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2500)

今後の動き

ハウスクリーニング業界は今後どうなっていくのでしょうか?

新しい生活様式が確立されつつある現代でも、ハウスクリーニングの需要は十分見込める状態です。しかし事業所数は増えており、顧客獲得のための競争は激化していくでしょう。

また、ハウスクリーニングサービスを知っている・興味があるけれど利用に至っていない潜在顧客をどう取り込めるかも重要なポイントです。

ハウスクリーニングを利用したことのない人のなかには「高い料金を支払うだけの対価が見込めるのか」「トラブル発生のリスクが大きいのでは」などの不安がある場合も。そのため、ハウスクリーニング業界全体の課題としてトラブル防止や質の高いサービスの提供に取り組んでいく必要があるでしょう。

 ハウスクリーニングの課題

トラブル防止

ハウスクリーニング事業は比較的歴史が浅く、契約内容や料金体系が統一されていないことなどから、利用者と事業者の間でトラブルとなる可能性があります。特に利用者にとっては他の事業者との比較対象が難しい業種でもあることから、サービス内容と料金については事前にできるだけきちんと説明しておく必要があります。

 業者の質のばらつき

専門資格不要で初期費用があまりかからないことから、安易にハウスクリーニング業に参入する事業者が少なくありません。同じ時間・同じ料金であっても、事業者によりクリーニングの質や掃除範囲に極端な差が出ることもあり得るでしょう。初めて依頼する場合、その質を事前に確かめることが難しいという問題があります。

また、利用者が留守の間にクリーニングを行うケースもあるかと思いますが、信頼を得られるかといったところも課題です。

 NPO法人日本ハウスクリーニング協会の取り組み

NPO法人日本ハウスクリーニング協会(以下「協会」)は「ハウスクリーニングの指導と育成」および「ハウスクリーニングの普及と啓発」を目的として設立された団体で、ハウスクリーニング事業者の質を高めるための活動を行っています。

 優良企業認定制度の立ち上げ

協会では「クレームへの対応体制」、「受注・発注から作業完了までの書類の整備」等の独自に定めた審査基準を満たした事業者に対する優良企業認定を行っています。認定を受けた事業者は「優良企業マーク」を提示することができるので、利用者が事業者を決める際に目安にでき、トラブルへの不安を減らせます。

 専門の人材を育成

協会では、ハウスクリーニング業を営む上で必要な基礎知識及び技術を習得しているかの試験を行い、合格者に「ハウスクリーニング士」の認定を行っています。この認定システムにより、一定の水準の質を持ったハウスクリーニング業者を利用者が判断しやすくなり、業界全体の質の向上にも繋がります。

 開業・企業への手助け

誰でも始められるとはいえ、いきなりハウスクリーニング業を開業するのはさまざまな面で不安です。協会では起業に関する相談会を随時行っています。また、独立開業に向けての研修(ベーシックコース・プロフェッショナルコース)を開催しており、基礎知識や仕事に必要な技術を一から身につけることができます。スクール修了後も参加できるコミュニティーを作っており、相談や集客力アップ講座等の研修、仕事の依頼などを行っています。ハウスクリーニングは個人で行っている事業者も多いので、情報交換のできる場があるのは何かと心強いですね。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月

※2021年9月17日現在、情報は変更されています

おそうじ隊501
初期費用 250万円
ロイヤリティ 売上の6%
おそうじ本舗
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2016年11月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2016年11月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査