ハウスクリーニングを開業する立地

ハウスクリーニングサービスを開業する際、立地の選定は事業の成功を左右する重要な要素です。良い立地を選定するためには市場調査から始め、サービス内容の決定から必要書類の提出まで計画的に進めることが求められます。ここではハウスクリーニング開業の立地について解説します。

ハウスクリーニング開業の立地を決める方法

ハウスクリーニングは自宅で開業することも可能ですが、従業員を雇い機材や車両を用意するとなると、事務所を設置することになります。

事務所を設置するときはさまざまな条件と照らし合わせながら、適切な立地を選定することが大切です。ここからはハウスクリーニング開業の立地を決める方法について詳しく解説していきます。

サービス内容を決定する

まずは提供するサービスの内容を決定します。「家庭向けのクリーニングサービスを中心にする」「オフィスビルや商業施設向けの大規模クリーニングを専門にする」など、サービス内容により必要な立地も変わります。

市場調査を行う

サービス内容が決定したら市場調査を行い、対象エリアの需要を把握します。エリア内の家庭の数、ビルやオフィスの数、他のハウスクリーニング業者の存在などを調査し、需要と供給のバランスを理解することが大切です。

物件を選定する

物件の選定はサービス内容と密接に関わります。例えば、大規模なオフィスビル向けのクリーニングを行うなら、ビルが多いエリアから近い場所を選ぶことが望ましいです。

一方で家庭向けのサービスを提供する場合は、住宅地に近い場所や利便性の高い場所が適しています。

車両・機材などを揃える

ハウスクリーニングに必要な機材、車両を揃える場合は、保管するためのスペースが必要になるため、駐車場や倉庫の設置も考慮して立地を選定します。セキュリティ対策を併せて検討すると良いでしょう。

ハウスクリーニング開業の立地を決める際の注意点

ハウスクリーニングの開業で立地を決める方法に加えて、以下の注意点を踏まえると失敗するリスクを減らせます。開業をお考えの方は参考にしてください。

営業中の移動距離が発生する

サービスの提供地域が広範囲に及ぶと、営業中の移動距離が増え移動時間が長くなります。移動時間は労働時間の一部であるため、その間は直接的な収入は得られません。

そのため、効率的にサービスを提供するためには事務所の場所と移動時間を考慮して立地を選ぶことが重要です。

事務所の賃料や運営資金が発生する

事務所の賃料や設備投資、運営資金など、開業にはさまざまなコストが発生します。立地が良ければ良いほど賃料は高くなる傾向にあるため、サービス料金とのバランスを考慮しながら適切な立地を選ぶ必要があります。

集客が見込める立地で事務所を構える

立地によっては歩行者の通行量が多いところなど、事務所自体が宣伝となる場合もあります。ただし、宣伝効果を狙うと賃料が上がる可能性も考えられるため、広告費とのバランスも考慮する必要があります。

まとめ

ハウスクリーニング事業を開業する際の立地選びは、需要と供給のバランスを理解し、サービス内容に適した立地を選ぶことが大切です。また、さまざまなコストが発生することも考えなければいけません。

当サイトではハウスクリーニングのフランチャイズを紹介しています。個人で開業する以外にフランチャイズという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 268.7万円
おそうじ本舗
初期費用 333.5万円
おそうじ革命
初期費用 381万円

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査
おすすめフランチャイズ3選
「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています
「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、
開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています