窓ガラスのハウスクリーニング

窓ガラスは、お住まいの周辺環境によって汚れやすさが異なる部分のひとつです。気づいたら窓ガラスの汚れがかなり目立っていたということも珍しくありません。 ここでは窓ガラス周りの掃除をハウスクリーニングに頼むと便利なシチュエーションやプロの掃除方法を紹介していきます。

窓ガラスのハウスクリーニングを依頼するのはどんなとき?

窓ガラスのハウスクリーニングを依頼するときは、まず汚れが目立ってきた時です 。窓ガラス自体はもちろん網戸も汚れが目立ちやすい部分。その他にも窓を開ける時に嫌な音がする場合も汚れが原因になっているケースがあります。ここではシチュエーション別に詳しく解説をしていきます。

汚れが目立ってきたとき

せっかく景色がいい住宅に住んだとしても、窓ガラスの汚れによってその景色が霞んでしまうようでは残念です。内側は手垢や油・外側は土ぼこり。大きな窓をせめて自分で掃除するというのも骨が折れます。

ハウスクリーニング業者であれば汚れにあわせた洗剤や道具を使い分けて汚れを落とします。また、汚れが溜まりやすい場所も熟知しているのでピンポイントで対応が可能です。ご自身では気づかないような汚れであっても拭き跡を残さずキレイに仕上げてくれるでしょう。また手が届かない天窓であっても対応してくれます。自宅では用意できないような道具や準備によって見違えるように掃除をしてくれるでしょう。

網戸やサッシの汚れが気になるとき

窓ガラスそのもの意外に、網戸やサッシの汚れもプロならではの技術でキレイにしてくれます。網戸はざっとふいても細かくは掃除しないという人も少なくないでしょう。そんな網戸の細かい網目には、外の汚れがたくさんついてしまっているものです。雨によって網戸の汚れが窓に付着するというケースもあります。

ハウスクリーニング業者であれば、網戸全体の掃除からカビの生えやすいサッシの部分まで素早く掃除をしてくれます。

窓の開閉時の嫌な音が気になるとき

窓の開閉時の嫌な音が気になる場合もハウスクリーニング業者への依頼で解決することがあります。この嫌な音は立てつけの問題である場合もありますが、窓サッシにたまった汚れが原因になっていることもあります。上述のように窓サッシをきれいにすれば、嫌な音が解決したという事例も珍しくありません。

窓ガラスの清掃方法

ここからはハウスクリーニング業者による窓ガラスの清掃方法の手順例をまとめています。

点検・養生

実際の清掃の前に点検を行います。ここでは正装の対象となる箇所やそうでない箇所、清掃の内容・そのリスクについても説明をしてくれます。点検や説明の上、了承が得られたら養生。これは清掃中に発生する水や汚れが周囲を汚さないように行います。もちろん養生の方法は丁寧そのものです。

サッシの洗浄

サッシの洗浄には小さなブラシや掃除機を使用します。ここでゴミを出来る限り出し、カビや細かい部分はタオルを使用し丁寧に清掃を行っていきます。

網戸の洗浄

網戸の洗浄では専用の洗浄液を使用し両面を丁寧にブラッシングしていきます。ブラッシングをすると、汚れが浮き上がるのでそれをマイクロファイバークロスで拭き取り。これを汚れの付着がなくなるまで丁寧に繰り返していきます。

窓の洗浄

窓の洗浄も外側と内側を細かく行っていきます。窓枠からパッキン部分まで洗浄を行い、窓ガラスについては専用の洗剤液を使用。キレイになった後は、スクイージーで水気を取り除きます。仕上げは乾燥したガラス用のファイバークロスで行い、ピカピカになるまで丁寧に吹き上げていきます。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月

※2021年9月17日現在、情報は変更されています

おそうじ隊501
初期費用 250万円
ロイヤリティ 売上の6%
おそうじ本舗
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2016年11月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2016年11月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査