冷蔵庫のハウスクリーニング

冷蔵庫は毎日使うものではあるものの、 いざ掃除をしようとすると面倒に感じてしまう場所です。とはいえ掃除をせずに放っておくと、食中毒や悪臭の原因・庫内の温度にも影響を及ぼしてしまうこともあります。ここでは冷蔵庫の掃除をハウスクリーニングに頼むと便利なシチュエーションやプロの掃除方法を紹介していきます 。

冷蔵庫のハウスクリーニングを依頼するのはどんなとき?

冷蔵庫の掃除をこまめにできれば、ハウスクリーニングを依頼することも少ないかもしれません。しかしほとんどの場合、冷蔵庫の中にはモノが入っているため、こまめな掃除が面倒と感じてしまうものです。ここでは冷蔵庫の掃除をハウスクリーニングに依頼するべきシチュエーションをまとめてみました。

冷蔵庫内の汚れが蓄積されてしまったとき

冷蔵庫の中の汚れが蓄積されてしまうと、なかなか取りづらいものもあります。汚れが溜まってしまうことに冷蔵庫内の食品への悪影響も考えられます。そのため、汚れた場合はすぐに拭き取るほうがベターです。しかしこまめに拭き取れず、汚れが目立ったり固まってしまっている場合は、ハウスクリーニング業者に依頼しリセットしてしまうのも一つの方法です。

食品の腐敗による臭いが気になったとき

食品の腐敗による臭いが気になった時も、 ハウスクリーニング業者に依頼するタイミングかもしれません。 最近は以前よりも冷蔵庫の中に食材を多く抱える家庭も増えています。

しかし、その一方で奥に置いた食材の腐敗に気付かないといったケースも。食材が腐敗してしまえば冷蔵庫内が汚れるだけではなく、臭いも気になるでしょう。臭いが充満してしまうとご自身だけの掃除でスッキリとさせるのは、なかなか腰が折れる作業になる場合があります。

ドリップによる汚れが気になったとき

ドリップによる汚れが気になった時も、ハウスクリーニング業者に依頼してリセットするタイミングのひとつです。そもそもドリップは、肉や魚を解凍した際に出てくる血のような赤い汁です。元々は食材の旨味成分や成分が出てしまったものなのですが、細菌が繁殖しやすく食中毒の原因になることもあります。

そのため普段からの食材の解凍方法に気を配り、ドリップによる汚れや臭いが気になった場合は 一度徹底的に掃除をしてしまいましょう。

冷蔵庫の清掃方法

ここからは、ハウスクリーニング業者による冷蔵庫の清掃方法の手順例をまとめています。

冷蔵庫の養生

まずは、冷蔵庫内の移動できるものを移動し、周りをしっかりと養生します。そのため、保冷バッグのように保管ができるものをハウスクリーニング業者が持参。一旦そちらに中の物を移動させ、徹底的にキレイにする準備を行います。

部品の洗浄・拭き取り

食材の移動や養生が終わると、各部品の洗浄や拭き取りです。野菜室や内部の棚はもちろん、パッキンのような細かい部分や自動製氷機の給水タンクといった外せる部品は全て外し洗浄を行います。使用する洗剤は安心・安全な界面活性剤を含まないもの。できる部分の洗浄が終わった後は、余計な水気を残さないように丁寧に吹上げます。

コーティング仕上げと最終吹きあげ

冷蔵庫内が乾燥した後は、内部に防カビチタンコーティングを行っていきます。この防カビチタンコーティングは効果は大きいものの、全てのカビを抑制するものではありません。また、使用状況によって効果的な期間が変わるので、しっかりと説明を受けておきましょう。

ここまで来れば、かなりすっきりとキレイな冷蔵庫になっているはずです。 最後は、取り外した部品や庫内の食材を元に戻し、冷蔵庫をふきあげます。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査