ハウスクリーニングと家事代行の違い

ハウスクリーニングと家事代行の違いをご存じでしょうか?区別が明確についていない人もおり、「家事代行でキッチンの換気扇まで徹底的にキレイにしてもらおう!」と考えたり、「ハウスクリーニングを依頼して1回でいろいろなエリアをキレイにしてもらおう!」と考えていることも多いのだとか。

似ている印象のあるハウスクリーニングと家事代行ですが、サービス内容は異なります。そこで、ハウスクリーニングと家事代行の違いや独立開業のしやすさなどについて紹介します。

ハウスクリーニングと家事代行の違いとは

掃除をおこなう目的

ハウスクリーニングでは、依頼された箇所を「できる限り新品同様になるように」掃除をおこないます。

一方、家事代行ではあくまでも「日常的な掃除でキレイを目指す」ため、特別な清掃をおこなうわけではありません。

そのため、いつも自分でおこなっているような掃除を代わりに依頼する場合は家事代行で十分ですが、掃除のクオリティを求める場合はハウスクリーニングを依頼する方が良いといえます。

掃除に使用する道具

ハウスクリーニングでは、プロ仕様の特別な洗剤や道具を使って掃除をおこないます。市販では手に入れられないような洗剤や掃除用具を使うため、頑固な汚れ落としはもちろん、普段は目にしないような箇所まで掃除をおこなえます。

一方、家事代行では依頼者が用意した道具を使用します。家にある洗剤や掃除用具を使用するため、掃除のクオリティは普段自分でおこなう場合とそれほど変わらないでしょう。

掃除をおこなう人のスキル

ハウスクリーニングでは「掃除のプロ」が対応し、依頼されたピンポイントな箇所を徹底的に掃除します。

家事代行では家事が得意な主婦などのスタッフが対応するため、とくに掃除に特化したスキルをもっているわけではありません。掃除以外にも料理や洗濯も依頼したい場合は家事代行が便利ですが、掃除に特化したサービスを受けたい場合はハウスクリーニングへの依頼が適しているでしょう。

掃除の範囲

ハウスクリーニングではお風呂や洗面台、キッチンの水回り、換気扇やガスコンロなどピンポイントな箇所に絞って掃除をおこないます。1回の依頼でお風呂とキッチンなどの複数個所の掃除をおこなうことはなく、複数個所の掃除を希望する場合は都度依頼する必要があります。

一方家事代行では依頼者の希望によってキッチンやお風呂、洗面台など複数個所の掃除をおこないます。日常の家事の範囲内での掃除のため、ひとつひとつのエリアにかける掃除時間は短めです。

作業時間

ハウスクリーニングでは依頼された箇所の掃除が終わったら作業終了です。たとえば1時間で掃除が終われば作業終了ですし、掃除に時間がかかる場合はそれ以上の作業時間がかかります。

しかし家事代行では、依頼時に決定した作業時間内で掃除をおこないます。たとえば3時間の契約をした場合は、3時間が経つまで料理や掃除などの依頼された家事をおこなってくれます。もちろん雑な仕事をするわけではありませんが、あくまでも決められた作業時間内での掃除に留まります。

ターゲットとなる顧客の違い

ハウスクリーニングのターゲットとなる顧客は

  • ひとつの箇所を徹底的に掃除してもらいたい人
  • 掃除に高いクオリティを求める人
  • プロによる掃除を依頼したい人

など、気になる箇所を隅々までキレイにしてもらいたい人に向いているサービスです。

家事代行のターゲットとなる顧客は

  • 日常の掃除レベルでかまわないので掃除を代わりにしてほしい人
  • 広い範囲の掃除を依頼したい人
  • にも料理や洗濯などの家事も依頼したい人

など、代わりに家事をおこなってもらうなかのひとつに掃除が含まれている人に向いています。

なお、ハウスクリーニングは単発での依頼が基本的であるのに対し、家事代行では継続的な利用を前提としています。そのため、ハウスクリーニングと家事代行の利用料金を比較すると、家事代行の方が低料金で設定されていることが多いようです。

独立開業しやすいのはどっち?

独立開業のしやすさで比較すると、ハウスクリーニングがおすすめです。

どちらも特別な資格を必要としませんが、家事代行では料理や掃除、洗濯などさまざまなサービスを提供するのに対し、ハウスクリーニングは掃除に特化したサービスを提供します。もちろん掃除では家事代行以上のプロのスキルが求められますが、しっかり勉強すれば問題ありません。

また、ハウスクリーニングは単発での依頼のため、継続利用を前提とした家事代行に比べて顧客が気軽に利用しやすいメリットもあります。掃除だけの依頼であれば他人が家で作業をする抵抗感も少なく、幅広いターゲット層からの需要が見込めるでしょう。

スキルが身に着きやすいのはどっち?

ハウスクリーニングでは掃除に特化したスキルが身に着きます。専用の道具を使ってひとつの箇所を徹底的に掃除するため、作業ひとつひとつのクオリティも追求します。

一方家事代行では掃除以外にも料理や洗濯など、依頼者が求めるクオリティを確保しながら作業をおこないます。とはいえ日常の家事レベルでOKなため、ひとつひとつのスキルは専門のプロに比べればそれほど高くありません。

つまりハウスクリーニングでは狭く深く、家事代行では広く浅いスキルが身に着きます。このことから、手に職をつけられるのはハウスクリーニングといえるでしょう。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査