ハウスクリーニング独立開業フランチャイズおすすめガイド » ハウスクリーニング業界のすすめ » インボイス制度がハウスクリーニング業に与える影響

インボイス制度がハウスクリーニング業に与える影響

インボイス制度は消費税制度の改革であり、ハウスクリーニング業などすべての業界に影響を与える可能性があります。個人事業主はもちろん、フランチャイズオーナーも影響を受けると考えられています。ここではインボイス制度の具体的な内容と、ハウスクリーニング業に対する影響を解説します。

インボイス制度とは?

インボイス制度とは、消費税の転嫁方式を改革する制度で、請求書に消費税額を明記し、税額を基に消費税の納付額と控除額を計算する制度です。課税売上高が1,000万円以下の免税事業者が大きな影響を受ける可能性があります。

インボイス制度の仕組み

販売者(またはサービス提供者)は、商品の販売やサービスの提供に対して消費税を加えた金額で請求書を作成します。そのため請求書には消費税額が明示されます。

購入者(またはサービス受領者)は、請求書に基づいて支払いを行います。その際、支払った消費税額が納税額から控除できる場合があります。

販売者は、これまで免税事業者として支払う必要がなかった消費税を納付する必要があります。

インボイス制度の目的

インボイス制度の目的は、消費税の課税実態を正確に把握し、適正な消費税の納付と控除を促進することです。この制度により、偽装請求などの不正行為を防止し、公平な税制が実現することが期待されています。

インボイス制度の開始時期

インボイス制度は2023年10月の税制改正で導入される予定であり、企業と個人事業主、フランチャイズオーナーはそれまで必要な手続きを済ませ、新しい制度に対応する必要があります。

インボイス制度がハウスクリーニング業に与える影響とは?

個人でハウスクリーニング業務を行っている場合や、フランチャイズオーナーとして活動している場合、インボイス制度の影響を受けることが想定されます。

ここではインボイス制度が与える影響について詳しく解説していきます。

取引が減少する可能性がある

依頼される側がインボイスを発行せず消費税を支払わない場合、一次請けとしてはその分消費税を多く支払う必要があります。そうなると、仕事の依頼が少なくなる可能性が考えられます。

新規案件の獲得が難しくなる

取引が減少する理由と同様に、インボイス制度に対応しなければ一次請けの負担が増えるため、新規案件の獲得が難しくなることも考えられます。

利益が減る可能性がある

課税売上高が1,000万円以下の免税事業者は、これまで受け取っていた消費税は全て利益でした。しかし、インボイス制度に則ることで消費税の支払いが透明化され、納税義務が発生し利益が減ることを想定しなければいけません。

まとめ

インボイス制度の導入は、ハウスクリーニング業にとって新たな課題となります。一方で、全ての業種が直面する共通の課題であり、適切な対応を行うことで新たなビジネスチャンスになるかもしれません。しっかりと検討するようにしましょう。

また、当サイトではハウスクリーニングのフランチャイズを紹介しています。ハウスクリーニング開業を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
   
ハウスコンシェルジュ
初期費用 268.7万円
おそうじ本舗
初期費用 333.5万円
おそうじ革命
初期費用 381万円

関東のみといったエリア限定ではなく「全国」で開業可能で、初心者でも安心して始めることができる研修制度を設けているフランチャイザーを開業資金・ロイヤリティが安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

おすすめフランチャイズ3選

「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査
おすすめフランチャイズ3選
「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています
「公式サイトで加盟店数や成功したオーナーの声を紹介している事業者のうち、
開業資金の合計が安い順に3社紹介。
※2021年10月時点の調査情報を元に作成しています