ハウスクリーニング独立開業フランチャイズおすすめガイド » 開業するならどこ?ハウスクリーニングフランチャイズ特集

開業するならどこ?ハウスクリーニングフランチャイズ特集

ここでは、おススメのハウスクリーニングフランチャイズの特色、フランチャイズ契約の概要や、開業したオーナーの声などについて紹介しています。

代表的なハウスクリーニングFC10社を大調査!

ハウスクリーニングのフランチャイズ本部の代表的な10社を選んで、開業資金・加盟金・ロイヤリティなどのコスト面、契約タイプ・契約期間、開業地、収益モデル、研修や集客などのサポート体制を調査し、実際に開業したオーナーの口コミ評判もレポートしています。

「ハウスコンシェルジュ」低料金で始められる!老舗メーカーの自社製清掃用品を使えるFC
開業55年の業務用洗剤と清掃用品の老舗メーカーによる、自社製品を使ったハウスクリーニング事業のFC。フランチャイズとしてはまだまだできたばかりではありますが、低料金で始められるフランチャイズとして注目が集まっています。

初期費用は最大202.8万円、ロイヤリティも月3万2,400円/月と、できるだけ費用を抑えたい方におすすめです。 ハウスクリーニングに欠かせない洗剤やワックスなどの清掃用品は自社のものを使っており、卸値で購入できるのも魅力的ですね。
ハウスコンシェルジュの特色や口コミ評判を見る
「ダイオーズカバーオール」営業代行、売上保証プランなどのサポート!ダイオーズが手掛けるFC
トータルオフィスサービスのダイオーズが手掛けるハウスクリーニングのフランチャイズ。10日間の研修で、清掃のプロフェッショナルへと転身できます。ただ、フランチャイズ開業をするときに心配なのが営業です。自分の事業を知ってもらうためには様々な営業活動を行う必要がありますよね。

しかしダイオーカバーオールなら、本部のスタッフが営業を代行してくれます。 さらに売上保証プランもあり、毎月安定した収入を得ることができるのも魅力的。リース車両があるなど、フランチャイズ開業を全力でサポートしてくれます。
ダイオーズカバーオールの特色や口コミ評判を見る
「おそうじ隊501」年1回の研修!様々な対象で継続的に仕事ができるFC
加盟店会、オーナー親睦会など横のつながりが心強いフランチャイズチェーン。年に1回研修があり、ハウスクリーニングの新しい知識を取り入れることができます。また、スーパーバイザーによる巡回指導も実施。要望があれば、個別指導もしてくれます。独立すると新しい情報はなかなか入ってこなくなるので、開業後も手厚いサポートを受けられる点は嬉しいですね。

さらにハウスクリーニングの対象は戸建だけでなくオフィスや店舗、賃貸物件など様々。地域に密着したサービスを提供しており、依頼が途切れることなく継続的に仕事ができるのもおそうじ隊501でフランチャイズ開業をするメリットです。
おそうじ隊501の特色や口コミ評判を見る
「おそうじ本舗」知名度が高く安心!法人契約で安定して仕事ができるFC
テレビCMやWEBサイトでおなじみのおそうじ本舗は、ハウスクリーニングを中核に家事支援事業も連携したFC本部。知名度が高く安心感もあるため利用しやすく、また充実した研修を受けられるうえ、開業後も本部スタッフによるサポート体制が整っているので、未経験でも安心してフランチャイズ開業できる点が魅力です。

出店エリアも広く、営業のサポートに関しても充実したサービスを受けることができます。 店舗やオフィスビルなどと法人契約もしているので、安定して仕事を続けることができるでしょう。
おそうじ本舗の特色や口コミ評判を見る
「おそうじ革命」開業前の研修で日当が支給されることも!独立後のサポートも充実のFC
三輪バイク1台に全ての資器材を搭載して行える新興ハウスクリーニング。フランチャイズとして開業する前に約1ヶ月半かけて徹底的に研修を行い、ただの掃除人ではなく、商売としてハウスクリーニングに携わるプロへと育て上げてくれます。自分の力で独立・開業したい!という方にはぴったりです。

今すぐ始めたい!という方は焦るかもしれませんが、研修期間に日当が支払われることもあります。研修中に獲得した顧客はそのまま引き継ぐことができるので、研修中も独立後も仕事に困ることはありません。独立後のサポートも充実。案件を紹介してもらうことができるので、途切れず仕事をすることができますよ。
おそうじ革命の特色や口コミ評判を見る
「ダスキンケアサービス(サービスマスター)」知名度は抜群!4つのサービスで知識が身につくFC
レンタルでおなじみダスキンのフランチャイズチェーン。フランチャイズプランも多いFCチェーンです。

本格的なハウスクリーニング、家庭の掃除代行、害虫駆除、庭木管理といった4つのサービスからなる「ダスキンケアサービス」を手掛けることができます。基本概要・セールス・サービスをみっちり学ぶ17日間の研修で得た知識は、独立後も役立つことでしょう。

法人設立と事務所店舗の設置が必要なので、やや条件は厳しいものの、基本の研修もしっかりしているので、経験がないという方でも安心して始めることができますよ。

ダスキンは大手で知名度もあり、フランチャイズ開業をしている方も多いのが特徴。そのため情報交換、意見交換もしやすく、孤立することがないのもメリットの一つです。
ダスキンケアサービスの特色や口コミ評判を見る
「e-MACS」初期費用・研修期間ともに少ない!洗剤メーカーによるFC
業務用洗剤の製造・販売メーカーによるハウスクリーニングFCチェーン。初期費用を抑えたいならe-MACSがおすすめです。なんと75万円からの開業が可能!さらに、研修期間は6日間とかなりスピーディーです。今すぐフランチャイズ開業を始めたいならe-MACSで決まりですね。

営業サポートや、アパートの原状回復依頼など、安定してしっかり収入を得られるようサポートしてくれる工夫もたくさんあります。洗剤メーカーならではの技術を身につけることができるのも魅力的です。
e-MACSの特色や口コミ評判を見る
「便利屋!お助け本舗」初期費用が安い!本部の振り分けで安定した収入のFC
便利屋業から始まったハウスクリーニングチェーン。広告宣伝などのバックアップが充実しており、初期費用が安いことが特徴。98万円程度からの開業が可能となっています。

開業後には経営や広告宣伝の面でもしっかりサポート。24時間体制の本部が分からないところを丁寧に教えてくれるので、無資格・未経験でも安心です。本部が依頼内容を振り分けてくれるのでバラつきがなく、定期的に安定して収入を得ることができますよ。営業にも力を入れており、ラジオCMやチラシだけでなく、WEBでの宣伝活動もしっかり行っています。
便利屋!お助け本舗の特色や口コミ評判を見る
「便利屋ベンリー」様々な知識が身につく!費用は高めも法人の開業が多いFC
ハウスクリーニングだけでなく、約100種類の生活支援サービスを提供するフランチャイズチェーン。ハウスクリーニング以外の知識も身につける必要がありますが、2ヶ月間しっかり研修を行ってくれるので安心ですね。様々な知識を得ることで、今後の独立にも大いに役立つことでしょう。

初期費用は739万円、ランニングコストは毎月20万円と高め。法人として開業する方が多く利用されているようです。
便利屋ベンリーの特色や口コミ評判を見る
「らいふいずぐっど」ハウスクリーニング以外の知識が身につく!ロイヤリティは月々5万円のFC
ハウスクリーニングだけでなく加盟後の定期研修で家事代行などの技術も習得可能なFCチェーン。ハウスクリーニング以外のサービスの提供も行います。家事代行、フロアコーティングなど、今後ますます需要の拡大が見込めるスキルばかり。

初めて独立をする方でも、1ヶ月間の研修でしっかり知識を得ることができます。新しいサービスなどの講習を無料で受けられるのも嬉しいですね。 ロイヤリティも月々5万円と安価で続けられるのが魅力的。開業後のサポートも充実しています。
らいふいずぐっどの特色や口コミ評判を見る
  開業資金 ロイヤリティー 開業地
ハウスコンシェルジュ 最大180万円 3万円/月 全国
ダイオーズカバーオール 売上保証20万円:410万円
売上保証50万円:640万円
売上の17.3% 東京・千葉・埼玉・神奈川・大阪・京都・神戸・名古屋
おそうじ隊501 250万円 売上の6% 全国
おそうじ本舗 231万円 58,056円/月 全国
おそうじ革命 177万4千円 8万円/月 東京・千葉・神奈川・埼玉
ダスキンケアサービス
(サービスマスター)
約348万円 毎月売上の8%
※開業翌月から
神奈川・千葉・茨城・栃木・群馬・埼玉・長野・山梨・東京都
e-MACS 75万円 なし 全国
便利屋!お助け本舗 977,141円 商標使用料として51,428円/月 全国
便利屋ベンリー 440万円 15万円(+別途広告分担金) 全国
らいふいずぐっど 155万円 5万円/月+月間売上150万円以上達成の場合売上の5% 全国

ハウスクリーニングフランチャイズの
メリットデメリット

メリット

開業費用が比較的安価
フランチャイズで開業できる事業はいくつかありますが、その中でもハウスクリーニングは初期費用が少なく開業できる事業です。その理由として、店舗をもつ必要がないという点が挙げられます。
店舗はもちろんですが、商品の在庫を構えるリスクもないので、その分の費用がかかりません。掃除用具や制服のある場合は制服、そのほか必要な諸経費を計算しても、例えばコンビニなどといった事業よりも安価な開業費用で事業を始められます。
経験がなくても開業できる
ハウスクリーニングのフランチャイズ事業は、実務経験がなくても開業することが可能です。最初に必要な研修をしっかり受けられるフランチャイズ本部が多いので、開業前に十分知識と技術を身に付けることができます。
ハウスクリーニングのフランチャイズは実務において経験の有無を心配する人が多いようですが、この点の心配は無用です。
知名度が高いため集客が見込める
フランチャイズ本部には、ダスキンをはじめ、誰もがしっているハウスクリーニング業者もたくさんあります。
こうした知名度の高いフランチャイズに加盟することで、その看板を利用して集客しやすいという点もメリットのひとつです。
また、フランチャイズ本部によっては集客保証をしてくれるところもあるので、開業後にまったく集客が見込めないというトラブルを防ぐこともできます。ただし、集客保証を受ける場合は開業費用が高くなることが多いため、この点は覚えておくようにしましょう。
開業資金を準備しやすい
もともとハウスクリーニングは開業資金が少ないフランチャイズ事業になりますが、資金を自己資金のみで捻出するのが難しい場合は、銀行の融資を得るケースも多いと思われます。
この際、フランチャイズ加盟による開業資金の融資は、個人で開業する場合よりも融資を受けやすいというメリットがあります。これは、フランチャイズによって知名度の高い事業を始めるという点が、銀行からの信頼を得やすいため。
もし開業後の運用資金を融資してほしいというときも、個人での開業よりも審査に通りやすいようです。

デメリット

ロイヤリティが負担になる
フランチャイズ開業の場合、ロイヤリティが大きな負担になるというデメリットがあります。
最初は本部の看板を利用できることによる集客効果でロイヤリティを支払うことに違和感がなかったとしても、その後自分の力で集客を重ねた場合もロイヤリティはずっと発生し続けるため、長く運営すればするほど本部に払う金額も大きくなっていきます。
売上金額によって支払う場合ならまだしも、売上にかかわらずロイヤリティが発生する場合は、更に大きな負担になってしまうことも。
本部から運営の制限を受けやすい
新しいサービスを始めたり、キャンペーンを行いたいなど、自分なりに集客や売上げアップのためにいろいろな営業方法を試してみたいと思うときがあると思います。
しかし、内容によっては本部からのOKが出ないこともあり、その場合さまざまな制約に窮屈さを感じることもあるかもしれません。
あまりにほかのフランチャイズと差別化を図った営業方法だと、加盟店に影響が出てしまう可能性があるので、認められないこともあるようです。
莫大な収入が期待できるわけではない
どんな仕事でも、開業をすることで大儲けできると考える人がいます。もちろん、やり方次第ではたくさんの売上が見込め、サラリーマンとして働いていたころよりもはるかに多くの収入を得られることもあるかもしれません。
しかし、集客がうまくいかなければ売上が上がりませんし、開業したからといってすぐに大儲けできるとは限りません。
トラブルを起こしたときのリスク
フランチャイズ加盟店が何か顧客との間でトラブルや事件を起こしてしまった場合、本部や加盟店のイメージダウンにつながり、周りに迷惑をかけてしまう可能性があります。
このとき、あまりに影響が大きい場合には、本部から損害賠償請求をされる可能性があるなど、フランチャイズ加盟点の責任に対するリスクがあることも、デメリットのひとつだといえるでしょう。

初期費用が安いハウスクリーニングのフランチャイズ本部5社

フランチャイズは開業資金が高い。初期投資を回収できるだろうか…。

そんな不安を膨らませる人もいますが、安心してください。

ここでは初期費用の安いフランチャイズ本部を紹介しています。

加盟条件さえ満たせば独立できるので、多くの方が結果を手にしています。

ハウスコンシェルジュ
洗剤やワックスを開発しているケミカルメーカーでもある「ハウスコンシェルジュ」。加盟金や保証金など最初に必要な資金は180万円(税別)です。

他社の洗剤を使っている場合は、どうしても初めにそこで必要経費が生じてしまいますが、ハウスコンシェルジュは自社製品を卸値以下で利用することができるため、スタート時の資材費用が安く済むのが特徴です。

また、研修費用や事務手数料などを含めた加盟金90万円は、フランチャイズの中でも低定価です。毎月のロイヤリティは3万円と固定制であるのもポイント。利益率はかなり高めです。
おそうじ革命
保証金に消費税の必要ない「おそうじ革命」は、初期投資177万4千円で開業できます。

遠方から研修に足を運ぶ際は、光熱費込み月4万円の寮も用意していて、地方からの上京にも対応しています。研修時に作成したオーナー専用のHPもプレゼントしてもらえるため、自分でゼロから立ち上げる苦労はありません。

ただ、上記資金には資機材費が含まれていないため、その点は注意が必要です。

今はHPのデザインや集客にもお金がかかります。それを無料で使うことができるなら、販促ツールとしてはとてもお得なサポートと言えるでしょう。
便利屋!お助け本舗
全国で220店舗ある「便利屋!お助け本舗」は、初期費用約97万7,141円で始められます。商標使用料として毎月51,428円を支払いますが、実務から経営までフランチャイズとして成功するためのあらゆるノウハウを教えてもらえます。

専用電話の設置や販促物一式など、開業に必要な制服や印刷物はすべてそろっています。

舞の海が応援隊長を務める便利屋なので、知名度は高く、NHK「ドキュメント72時間便利屋!都会を走る」でも取り上げられました。
e-MACS
ハウスクリーニング業界では勢いのあるe-MACSは、初期費用が驚きの100万円で開業できます。加盟金30万円を分割払い(金利なし)できる他、保証金の15万円は解約時に返金してもらえます。

必要最低限の初期費用で始められるため、一般的なフランチャイズ契約の5~10分の1の投資で開業できます。最初は無店舗でも問題ありません。販促用のチラシなどは準備してもらえるので、営業ツールとして十分に利用できます。

都道府県によって月1万円~3万円の広告協賛費が必要となり、加盟条件として6万円の年会費を支払います。
らいふいずぐっど
見守りサポートや家事代行なども手がけているらいふいずぐっどは、初期投資150万円から開業することができます。法人での新規参入も受け入れていて、営業開拓や資金調達などにも相談にのってもらえます。

1ヶ月の研修期間を終えて修了テストに合格すれば、すぐにでも開業可能です。

開業後のアフターフォローもあるので、本部に営業活動などを支援してもらえます。提供しているサービス技術の研修を積めば、ハウスクリーニング以外にもホームコンビニやクロスリユースなどさまざまなメニューを展開できるようになります。

開業は人生の転機!大切な選択のご参考に

開業の成功は、フランチャイズ本部選びにかかっています。独立開業は、これから先の人生を大きく変える大きな転機です。良い方向に人生を導くためにも、各フランチャイズ本部をよく見比べて選びたいものですね。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング

ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査