ハウスクリーニング業界のすすめ

このコーナーでは、ハウスクリーニングのフランチャイズビジネスと他業種のFCの違いを解説し、独立開業の選択肢としてハウスクリーニングビジネスがおすすめである理由を徹底的に解説しています。

8,000億円市場に食い込むチャンス!

クリーニング

ハウスクリーニング業界は、いまが上り調子の、社会的に求められている業界です。このコーナーでは、ハウスクリーニングの需要が社会的に増加している背景を紹介し、市況や開業にかかる初期投資額などを比較して、独立開業するための選択肢としておすすめできる理由を挙げています。

また、「ハウスクリーニングビジネスって、何?」という人のために、サービス概要について解説、素人でもプロとして独立開業できる理由などについて解説しています。

成功しているハウスクリーニングのフランチャイジーが、サービスを展開する上でどういった工夫を行っているのかと言う情報は必見!ハウスクリーニングフランチャイズビジネスにおける売り上げ料金モデルについても紹介していますので、具体的な開業後の状況が実感できる内容です。

需要増加の背景

東京オリンピックを控えて、8,000億円市場に成長するといわれているハウスクリーニング業界。ビジネスにおいて、未成熟な市場や新しい市場にチャレンジすることで手に入るメリットを先行者利益と呼びます。ライバルがいない状態ではじめたビジネスは認知度をあげやすく、価格競争等に巻き込まれないため非常に儲かる確率が高いのです。

また、ハウスクリーニング関係の仕事は一度気に入った業者を見つけると同じ業者をリピートするケースが多いため、なるべく新規参入して顧客をつかんでおくことが大切になってきます。ただ、フランチャイジーになるにはそれなりの初期投資が必要です。どうしてハウスクリーニングの需要が増えているのかがわからないと、独立開業に一歩踏み出せないという人も多いでしょう。

そこで、なぜハウスクリーニング業界への需要が高まっているのかという背景をまとめ、ギフトとしてハウスクリーニングが人気になっている理由も5つご紹介します。ハウスクリーニング需要増加の理由がわかれば、自信をもって8,000億円市場に飛び込むことができるでしょう。

需要増加の背景を読む

他業種と比べた優位性

フランチャイズによる独立開業を考えている人が、まっさきに悩むのは「どの業種で独立するか」ではないでしょうか。独立して個人でビジネスを成功させるためには、適切なプランが必要です。また、仕事というのは業種によって向き不向きがあるのも事実。こちらのページでは、ハウスクリーニングと他業種のフランチャイズチェーンを比較しています。

また、ハウスクリーニングならではのメリットについてもまとめました。ハウスクリーニングは、コンビニのように売り上げのノルマや在庫を抱える必要がなく、飲食店のように本人の腕をあげるために行う長期間の修行や食中毒のリスクに頭を悩ませる必要もありません。また、お客様のご自宅や職場に直接お伺いしてクリーニングをするという業務の形態上、店舗型フランチャイズのように顧客の取り合いを考えなくて良いため、フランチャイズ加盟店舗同士の連携があるのもポイントです。

営業の方法や掃除のノウハウなども共有できるため、これまでハウスクリーニングとはまったく関係のない業界で働いていたという人も安心してチャレンジできるでしょう。

他業種と比べた優位性を読む

ビジネスの概要

こちらのページでは、清掃業者の仕事内容について紹介しています。じつは、ひとくちに「ハウスクリーニング」といっても、清掃をする場所によって異なる知識や技術を求められるのです。

一般的なご家庭の清掃、たとえばエアコンのクリーニングや換気扇にこびりついた油汚れの掃除、水回りの清掃などが中心になる在宅クリーニングは、個人を相手にするため性格や仕事ぶりが気に入られるとリピーターを確保しやすいというメリットがあります。顧客が個人なので支払いも原則現金ですし、良い仕事をすれば口コミで紹介してもらうこともできるでしょう。個人宅で清掃を必要とするタイミングはある程度決まっているので、繁盛期を読みやすいこともメリットです。

逆に、個人ではなく法人向けのサービスとしては、不動産業者や不動産オーナーから請け負う賃貸物件の原状回復クリーニングや、店舗、オフィスといったさまざまな商業スペースを清掃する商業店舗クリーニングがあります。法人向けの場合、いつもニコニコ現金払いとはいかない代わりに一度の売り上げが大きいです。定期契約を結びやすいため、収入を安定させたいなら法人向けのハウスクリーニングを目指した方が良いでしょう。

ハウスクリーニング業の特徴と、個人が独立開業するならどのタイプがおすすめなのかについてもまとめています。

ビジネスの概要を読む

標準的な売り上げ料金モデル

ハウスクリーニング業界の需要が高まり、フランチャイズを利用すれば基本的なノウハウを手に入れて独立開業できるとはいえ、「実際どれくらい儲かるのか」がわからないとビジネスは始められません。売り上げ予想が立てられないと、従業員を何人雇うか、最初にどの程度初期投資をするかを決めることができないからです。

ただ、ハウスクリーニングは「人の手による清掃作業」なので、1日が24時間しかなく、自分の身体がひとつしかない以上月間の売り上げはある程度簡単に計算できます。

こちらのページでは、

  • 1人で独立開業した場合
  • 2人(夫婦や友達など)で開業した場合
  • 3人以上(従業員あり)で開業した場合

など様々なケースにおける売り上げと各種経費の金額を計算し、どの程度収入を得ることができるのか、モデルシミュレーションをしてみました。綿密なプランを立てて、独立を成功させましょう。

標準的な売り上げ料金モデルを読む

開業の資格や必要なものは

ハウスクリーニングの仕事は、やる気さえあれば誰でも開業することができます。ただ、いくら需要が拡大中の市場とはいっても、素人が思いつきで開業した店舗にハウスクリーニングを依頼する人はいないでしょう。開業に特別な資格が必要ないからこそ、どうやって顧客をつかめるようになるかを考えなければならないのです。

ハウスクリーニングのノウハウはもちろん、事業資金をどうやって融通するのか、運転資金と初期投資にどれくらいのお金をかけるべきか、どこにどうやって営業をかけるのか、すべて自分で考える必要があります。そこで役立つのが有力なフランチャイズへの加盟です。

フランチャイズでは、営業のイロハをはじめ事業に必要なもろもろの知識を研修で手ほどきしてもらえます。うまく利用すれば、異業種からの転職でも安定した売り上げを立てられるようになるでしょう。こちらのページでは、ハウスクリーニングを開業するために必要な手続きや営業の注意点などについて解説しています。

ハウスクリーニングに必要な資格や準備などを読む

開業資金について

独立開業する場合、完全に自営でやっていくかFCに加盟してやっていくのかを自身で選ばなければなりません。営業の方法から利益率、料金プランの考え方に帳簿の付け方まで、なにもかもが異なる完全自営とFC加盟なら、一体どちらの方がおすすめなのでしょうか。

もちろん、完全自営にもFCへの加盟にもそれぞれのメリットとデメリットが存在します。どちらかが一方的におすすめだと断定するのは難しいです。そこで、開業するにあたって絶対に必要になる初期投資、「開業資金がいくらかかるか」という観点から両者を比較してみました。その結果わかったのは、「ハウスクリーニングや起業経験のない人にはフランチャイズの加盟がおすすめ」ということ。こちらのページでは、完全自営の場合とFCに加盟した場合のハウスクリーニングの開業資金について解説しています。

開業資金についてを読む

ハウスクリーニング業を営む人の深刻な悩みとは?

会社組織に属するのではなく、個人で独立開業、または起業した場合に直面する一番大きな問題は、「集客ができない」ことです。はっきりいって、集客さえできてしまえばビジネス上の悩みはそのほとんどが解決できます。しかし、コネや人脈、他社で働いていたときの取引先や同業者とのつながりといったものがない状況で起業すると、「誰にどう宣伝すれば良いのかわからない」という状態になってしまうのです。

そこで、こちらのページでは開業当初にどういった方法で集客を行うべきかのポイントや、集客におけるFC加盟のメリットなどをご紹介しています。それだけでなく、実際にハウスクリーニング業を営む人の実務的な悩みもいくつかまとめました。ディープな仕事の悩みは仕事をしてみないとなかなか理解できないものですが、あらかじめ知っておけば対策できます。あまりにも汚すぎる現場がつづいた場合どうすれば良いのか、意外と多いクレームが発生しないようにする立ち回りのコツとは?といった情報をまとめているので、ぜひ参考にしてください。

ハウスクリーニング業を営む人の深刻な悩みとは?を読む

ハウスクリーニング業での起業で成功する人の条件とは?

起業や独立開業にチャレンジして大成功する人がいる一方、事業をうまく継続できずに破産してしまう人もいます。会社勤めが一般的な日本は、起業やスタートアップといった文化がまだまだ未成熟です。しかし、失敗のリスクを恐れて起業のチャンスを逃すことほどもったいないことはありません。こちらのページでは、未経験でも起業で成功できるように成功者がもつ条件をいくつかご紹介しています。

とはいっても、紹介している条件のすべてにあてはまらなければ成功しないというわけではありません。自分の中にいくつか成功者の要素があれば、あとはそれを突き詰めていくだけです。いまは条件を満たしていなくても、成功者の条件を知っていれば、そこを目標に努力することで成功することも可能でしょう。

ただ、どれだけ成功する人の条件をもっていたとしても、肝心のハウスクリーニング業がうまくできなければ事業は失敗してしまいます。そこで、未経験の人がハウスクリーニング業を成功させるためのバックアップ体制を備えている、おすすめのフランチャイズ3社もまとめてみました。

ハウスクリーニング業での起業で成功する人の条件とは?を読む

シロッコファンとは?清掃業で起業するなら要チェックの基本情報

キッチンに使われる換気扇の種類に、シロッコファンと呼ばれるタイプのものがあります。これからハウスクリーニングの専門家として独立開業をするなら、こういった一般人が知らない用語や設備についても知っておきましょう。素人である顧客は、自分でできないこと、自分でやるよりもずっと上手にしてほしいことに対してお金を払います。もし、自分でできることならわざわざプロには頼みません。

簡易的な換気扇ならドライバーだけで取り外してきれいにすることも可能ですが、シロッコファンのように複雑な機構をしている換気扇はお手入れが難しいため掃除のタイミングを逃していることも多いです。分解、清掃の基本情報を抑えていないと、いざ仕事を頼まれてお客様の家を訪れたときに「どうやってクリーニングすれば良いのかわからない」という事態に陥ってしまうでしょう。

自宅に呼んだ掃除のプロが、現場でマニュアルやスマホをいじって清掃法を調べはじめたら誰だって不安になります。逆に、こういった少し特殊なものもテキパキとクリーニングできれば、リピート顧客の獲得につながるでしょう。

専門家として「素人がわからないところも掃除できる」ことは営業力の向上にもなります。ハウスクリーニングで起業するならぜひ抑えておきたいシロッコファンの基本情報を解説しました。

シロッコファンとは?清掃業で起業するなら要チェックの基本情報を読む

≪掃除屋の開業≫損害保険に入った方が良いって本当?

独立開業してから売り上げが安定するまでの期間は、必要のない出費を抑えることが重要です。そこで気になるのが、損害保険の保険料。毎月決して安くない金額の保険料を支払わなければならない損害保険ですが、ハウスクリーニング業で独立するなら加入しておくべきです。

こちらのページでは、「掃除をするだけなら、損害保険に入る必要はないのでは?」と考える人のために、ハウスクリーニング業をしていて起きる可能性のある損害賠償事故をいくつかご紹介しています。

他人の家を掃除し、あちこち動き回ることの多い掃除屋業では、物を壊したり他人にケガをさせてしまったり、逆に自分がケガをしてしまったりするリスクをけっしてゼロにはできません。万が一のことがあったとき、金銭的な補償をしてくれる損害保険に入っていると安心です。

損害保険に加入している業者は、お客様から見て利用しやすいというメリットもあります。個人や夫婦でハウスクリーニング業を営む場合はもちろん、従業員を雇って掃除屋業をしようと考えているなら損害保険は必要です。独立当初から入っておきましょう。

≪掃除屋の開業≫損害保険に入った方が良いって本当?を読む

定年後でも働けるフランチャイズ・ハウスクリーニング開業の魅力

企業によっては退職後の再雇用制度も導入されていますが、やはり60歳から65歳でやってくる定年退職の影響は大きいです。平均寿命が男女ともに80歳を超えている現代日本では、定年時点で15年以上生活できる蓄えと十分な年金がない限り、働かなければ生活できません。定年退職後に旅行や趣味にお金を使ったり、子どもや孫にプレゼントをしたりするのにもお金はかかります。ただ、これまで勤めていた企業に再雇用されたとしても年収はかなり下がりますし、かなりのスキルや経歴をもっていない限り定年を過ぎてからの再雇用は難関です。

そこでおすすめしたいのが、フランチャイズでハウスクリーニング業をはじめること。クリーニングに関する知識や経験が一切なくても、フランチャイズならノウハウを研修等で学ぶことができるため心配はいりません。なにより、経営者や事業主という立場で仕事をすることになるため、自分のペースややり方で定年後も長く働けます。すべての人にハウスクリーニング業が向いているわけではありませんが、定年後の選択肢のひとつとして独立開業を考えてみてはいかがでしょうか。フランチャイズ・ハウスクリーニングの魅力をご紹介します。

定年後でも働けるフランチャイズ・ハウスクリーニング開業の魅力を読む

ハウスクリーニング開業に「向いている人・向いていない人」

ハウスクリーニング業をはじめるのに資格は不要です。ハウスクリーニング業として開業するだけなら、誰でも簡単になることができます。ただ、ハウスクリーニング業として生計を立てていくためには、適切な資質があることも事実。「掃除くらい誰だってできる」と思うかもしれませんが、ハウスクリーニング業にも適正があるのです。

独立開業し、お金をかけて事業をやっていく以上、失敗するリスクの高い人はチャレンジすべきではありません。できれば、開業する前に自分の適正を知っておきましょう。ハウスクリーニングの開業に「向いている人・向いていない人」の条件をまとめました。

個人宅の清掃をするなら、真面目で明るく、細やかな気配りをもって清掃できる集中力が必要です。開業後に成功するか失敗するかはすべて事業主である自分次第なので、不安がある人はフランチャイズの研修制度やサポート体制を上手に利用しましょう。

ハウスクリーニング開業に「向いている人・向いていない人」を読む

ハウスクリーニング開業前に知っておきたい掃除術

個人宅のハウスクリーニングでは、専門的な掃除の腕をもっているかというよりも、「なるべく短時間でしっかりと汚れを落とすことのできる方法を知っているかどうか」が重要になってきます。業務用の機器等がない個人宅の掃除では、身の回りにあるものを活用することで十分汚れを落とせる場合が多いからです。

しつこい換気扇の汚れやキッチンの水垢を前にして掃除術を調べはじめたり、掃除しても大してきれいにならなかったりした場合、次回の仕事はありません。プロとして食べていくためには、テレビやネット上で紹介されているような掃除術を普段から頭に入れておき、さらに必要な古道具もそろえておく必要があります。

ただ、いくつもある掃除術を短期間ですべて覚えるのは大変です。ハウスクリーニングを開業する前に、開業すればまず間違いなく必要になる「換気扇フィルター」「お風呂」「トイレ」「蛇口」「照明用具」の掃除術を知っておきましょう。

ハウスクリーニング開業前に知っておきたい掃除術を読む

ハウスクリーニング事業で在留外国人を雇用するメリットと留意点

ハウスクリーニング業は肉体労働です。連日クリーニングの依頼が入れば休む暇もありませんし、根を詰めるといつかは身体を壊してしまいます。また、大きな取引先から大口のクリーニング依頼を受け、一人では手が回らなくなることもあるでしょう。事業の拡大や肉体的な疲労、年齢を重ねて体力が落ちたときのことを考えると、ハウスクリーニング事業でも人を雇って労働力を確保する必要があります。

現代日本で若い労働力を確保するのは簡単ではありません。正社員では出費が大きく、バイトでは人が集まらない。そんな状況を解決してくれるのが、在留外国人の雇用です。日本人でない相手を雇うのに戸惑いを感じる方もいるでしょう。そこで、在留外国人を雇うメリットと注意点をまとめました。

ハウスクリーニング事業で在留外国人を雇用するメリットと留意点を読む

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング

ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査