洗濯機のハウスクリーニング

日常生活に欠かせないアイテムは多々ありますが、洗濯機もその一つです。頻度は人それぞれかと思いますが、衣服だけではなく様々なものの汚れを落としてくれるので、生活になくてはならないものでしょう。

そんな洗濯機も使用と共に、汚れが蓄積されていきます。掃除を依頼する時や清掃方法など、洗濯機についてまとめました。

掃除を依頼するのはどんな時?

洗濯した衣服に付着物が見られる

洗濯した衣服に頻繁に黒いゴミ、あるいは茶色いカスの付着が頻繁に見られるようであれば、洗濯機そのものの汚れが増えている可能性があります。

洗濯機は使用するたびに水を扱います。多くの課程において家屋内に設置していることから、どうしてもカビが発生しやすいのも汚れがつく原因の1つです。発生したカビは自然と剥がれ落ち、選択した際に衣服に付着してしまいます。

洗濯した衣服に違和感がある

汚れだけではなく、例えば洗濯物そのものにぬめりを感じたり、匂いがあると感じたり。このような場合も、洗濯機の掃除するタイミングです。ぬめりを感じるということは、水質が悪い可能性があります。国内のインフラを考えると、水道からの水が悪い可能性は低いです。

洗濯機の中に何らかの異常があることで洗濯機の中に入った水質が悪化。あるいは汚れと水道が混ざることで異臭が発生したりしてしまうケースがあります。

異臭がする

洗濯した衣服にではなく、洗濯機そのものから異臭がする場合も掃除のタイミングです。異臭の原因はカビだと考えられます。洗濯機は、使用の度に水を扱う以上カビが発生しやすい家電です。季節によってはカビが繁殖しやすくなるので、洗濯機そのものから生臭い匂い、あるいは明らかにおかしな匂いを感じる事態になるかもしれません。

カビだけではなく水アカも蓄積されていき、次第に異臭を発生させる可能性もあります。通常時はそこまで匂わないものの、洗濯すると水分に運ばれることで洗濯機内にカビが充満し、異臭をより強いものにさせてしまうかもしれません。。

洗濯機の清掃方法

洗濯機から匂いや汚れなどが目立つようになったら洗濯機の掃除を行いましょう。

1.分解

基本的に洗濯機が汚れる部分は、洗濯機の内部です。そのため、まずは分解しなければなりません。洗濯機のネジを外し、パネルを持ち上げます。洗剤投入部分のネジも外して、パルセーター(洗濯槽の内側にあるカバー)も取り外しましょう。その後は、洗濯槽も取り外します。汚れが溜まっている場合、内側に汚れが付いているのが分かるはずです。

洗濯機によっては、上蓋の分解さえ困難なものもあります。その場合、無理に自らで分解すると洗濯機を傷つけてしまったり元に戻せなくなってしまうかもしれません。自分でできない場合には、業者に依頼した方が良いでしょう。

2.汚れを浮かす

物理的に汚れを落とすのではなく、薬品の力で汚れを浮かします。よく用いられるのが発泡剤です。汚れに対してアプローチし、付着している洗濯機からはがします。

洗濯機の汚れ

汚れは

  • 洋服についていた皮脂
  • 食品の汚れ
  • 石けんカス(粉タイプの洗剤が溶けずに固まり残ったもの)
  • 水アカ
  • カビ

などがあります。洗剤投入口についている石けんカスについては、洗剤ケースを外せるなら外して掃除しましょう。構造上取り外せないものもあるので、説明書は確認しておきましょう。取り外した洗濯機本体にもカスやカビがついていることもあるため、ブラシでできるだけ掃除するのがおすすめです。

もし洗剤を使うのであれば、残らないように洗い流しましょう。

糸くずフィルターも掃除しておく

糸くずフィルターも洗剤投入口と同様に、洗っておくようにしましょう。機種によっては取り外しができないので、その際は無理に取らずできる範囲で掃除することがポイントです。

ネットを取り外した際、ゴミが溜まっていたら捨ててください。放置しすぎるとカビが発生したり洗濯物にゴミが付いたりする原因にもなるので、定期的にチェックしたほうが良いでしょう。乾いた状態のほうがゴミをとりやすいので、洗濯する前に掃除すると掃除しやすくなります。

取り外したらぬるま湯ですすいだ後、ブラシでこすってゴミを落としてください。汚れが落ちない場合は、洗剤を使うことで落ちやすくなります。糸くずフィルターを取り外した本体部分にも汚れはたまるので、そちらもぬるま湯につけたブラシで汚れをこすり落としましょう。掃除した後は水分をふき取り、フィルターを取り付けます。

3.洗濯槽の外側の掃除

洗濯槽の外側の洗浄も行いましょう。外側の掃除は発泡剤を活用するのではなく、ブラシで物理的に洗います。部分分解の場合、外すのは洗濯槽の上部カバーだけです。部分分解でも充分に汚れは落とせますが、洗濯槽の裏底までは掃除できません。どうしても全部キレイにしてほしいという場合は、部分分解ではなく完全分解を依頼すると良いでしょう。

洗濯槽は重いので、女性や高齢者の方は業者に依頼するのがおすすめです。

4.除菌

洗濯機を掃除したら、最後は除菌も行っておきましょう。洗濯機が汚れにくくなり、掃除の効果が長持ちします。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査