ベランダのハウスクリーニング

土やカビ、コケなどで汚れやすいうえに、綺麗にするのに力も必要なベランダ。家の中の掃除はしても、ベランダは後回しにしてしまっている方は多いはずです。しかし、洗濯物を干したり植物を育てたりする方は、特に清潔に保っておきたいところでしょう。ここでは、ベランダのハウスクリーニングの依頼をおすすめしたい人やそのシチュエーションをまとめてみました。

ベランダ掃除を依頼するのはどんな時?

家の中だけでなく、洗濯物を干すベランダも綺麗な状態にしておきたいですよね。ここでは、ベランダ掃除を依頼するおすすめのシチュエーションを紹介しています。

汚れがひどいとき

自分で掃除してみたものの、なかなか落ちないような汚れが付いているときはハウスクリーニングがおすすめです。特に長年の間に蓄積された黒ずみはブラシで力を入れてこすっても、なかなか落ちないことがあります。掃除のプロに依頼すると、専用の洗剤や掃除機、高圧洗浄機を使ってすっきり綺麗にしてくれるでしょう。

近くに学校や工事場所がある

グラウンドを持つ学校や工事現場が近くにある場合は、風によって赤土や砂が飛んできやすくなります。定期的に掃除しないで放っておくと土や砂が溜まってしまい、汚れが目立つように。ハウスクリーニング業者なら、地面だけでなく、壁や天井といった高所の作業もしてくれるので、トータルで任せられますよ。

小さな子どもを遊ばせたいとき

公園へ出掛ける時間が取れない時、子どもとベランダで遊ぶご家庭も多いのでは?しかし、汚れたベランダで子どもを遊ばせるのは衛生的に悪いものですよね。ハウスクリーニングでは、床や壁、排水溝の掃除はもちろん、枯れてしまった鉢植えなども捨ててくれます。子どもがさわりがちな隙間もくまなく洗浄してクリーンな状態にしてくれるので安心ですよ。

ベランダの清掃方法

ハウスクリーニングでは、つい後回しにしがちなベランダをどうのように掃除してくれるのか。ここではプロの手順をまとめました。

1.養生

近隣やベランダ周りを汚さないよう、養生します。

2.床の清掃

養生後は、床に落ちたホコリや髪の毛といった掃き掃除で取れるゴミを清掃。その際に、植物や置物を一旦別の場所へ移動し、掃除しやすい状態にします。

3.洗浄(拭き上げ)

床や溝など、汚れが目立つ場所を掃除します。なかなか取れない黒ずみは高圧洗浄機や業者オリジナルの機器で洗浄。ほこりや枯れ葉などが入り交ざった排水溝の汚れもすっきり落とします。また、雨垂れも掃除してもらうことが可能です。

4.仕上げ

ベランダ周りの掃除とともに養生を取り外します。最後に拭き上げして終了です。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査