トイレのハウスクリーニング

定期的に掃除しないと、イヤなニオイもつきどんどん汚れていくトイレ。清潔に保っておきたい場所であるものの、面倒で放置してしまうこともありますよね。ここではハウスクリーニングを頼むと便利なシチュエーションや、ピカピカにしてくれるプロの掃除方法を紹介します。

トイレ掃除を依頼するのはどんな時?

市販のブラシや洗剤で掃除できるトイレ。せまいため掃除が難しくできれば見たくないような汚れもあって、掃除が進まない人もいるでしょう。1番良い方法は、毎日マメに掃除することですが、忙しいときはついついサボりがちに…。そこで、トイレクリーニングを依頼するのが良い人・シチュエーションをまとめてみました。

親の介護をしている人

「老々介護」が社会問題となっている今、介護者自身も体力的に無理ができない状態である場合が多いでしょう。介護だけでなく家事も全て自分でやるとなると難しいため、ハウスクリーニングを利用すると負担が軽くなります。特にトイレやお風呂場といった、水回りのクリーニングを依頼する人は多いようです。また、年末に他の場所とまとめて掃除を依頼することもあります。

仕事で忙しい人

トイレをはじめキッチンやエアコンなど、掃除に手間がかかる箇所を依頼すると家事にかかる時間を短縮できます。貴重な休みを掃除にあてるのももったいないので、プロに依頼するのが良いでしょう。特に一人暮らしで仕事が忙しい人は、部屋全体の掃除が行き届かず、まとめて依頼することもあるようです。

アパートの大家さん

住居者の退去後に、その部屋のトイレ掃除を依頼する場合が多くあります。特に、何十年も住んでいた方が退去した後は汚れがひどく、プロに依頼しないと落ちないケースもあるようです。汚れが落ちないときは取替で費用がかさんでしまうので、クリーニングのプロに依頼するのが良いでしょう。

トイレの清掃方法

頑固な汚れを落としてくれるハウスクリーニングは、どんな清掃方法をしているのか手順を踏まえてまとめています。

1.トイレ周りを掃除する

照明のホコリや天井、壁の清掃を行います。なかなか手の行き届かない場所まで掃除してくれますよ。また、つい後回しにしがちな換気扇の清掃を行なう業者もいます。

2.タンクや洗面台を掃除をする

タンクは黒カビの隠れ場所です。ブラシや洗剤を使って、見えない場所まで綺麗に。洗面台の水垢も、傷をつけないよう、丁寧に清掃します。

3.便器・便座掃除

便器の掃除では、便器全体を水拭きしたあと、頑固な尿石を綺麗に。市販の洗剤ではなく、プロ用の洗剤を使用して、汚れをすっきり落としていきます。尿石はニオイの原因にもなるので、除去することでトイレ全体の嫌なニオイも解消されるでしょう。ウォシュレットをはじめ清掃しにくい細かい箇所も綺麗にします。もし便器の取り外しが可能なら、取りはずして清掃することもありますよ。

4.床を掃除する

最後に床を綺麗にしていきます。もともとあった汚れや、清掃によってついた汚れも全て清掃。トイレが今まで通り流れるかチェックしたら終了です。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査