レンジフード(キッチン)のハウスクリーニング

レンジフードは掃除しにくい場所なので、つい放置してしまいがちです。しかし、放っておくと油汚れやほこりが溜まり、上手く換気できなくなってしまうことも。ここでは、ハウスクリーニングを頼むと便利なシチュエーションやプロの掃除方法を紹介しています。

レンジフード(キッチン)掃除を依頼するのはどんな時?

レンジフードの掃除はほかの場所に比べて一苦労してしまうものなので、できれば避けたいところ。プロに依頼すれば、手間暇が省けるほか、隅々まで綺麗にしてくれますよ。ここでは、ハウスクリーニングに依頼するべきシチュエーションをまとめてみました。

頑固な汚れがある

何年、何十年も掃除していない場合、汚れが溜まりに溜まってなかなか落としにくくなってしまいます。そんなときでもハウスクリーニングに頼めば、油ダレが垂れてくるほどあぶらやほこりが溜まった状態でもすっきりクリーンな状態にしてくれるのがポイント。フィルターやファンなど各パーツごとに徹底洗浄してくれます。

取り外しにくく、掃除しにくいとき

レンジフードの掃除は簡単にできるものではありません。高い場所にあるほか、重作業でもあるので、手間と時間がかかるでしょう。特に小柄な女性の方が1人でやるとなると大変なもの。ハウスクリーニングに依頼すると、取り外しが難しい部分もすべて取り外して分解し、汚れを落としてくれるので安心して任せられますよ。

使ってもニオイが残る

レンジフードを使っても部屋にニオイがとどまってしまうようになったときは、内部に汚れが溜まり過ぎて目詰まりを起こしている場合があります。詰まってしまうとなかなか換気できなくなり、余分な電気代がかかってしまうことも。また、内部にたまった油が排気口から出ると、外壁が汚れてしまう場合もあるので、注意が必要です。プロに隅々まで掃除してもらい、換気しやすい状態にすると良いでしょう。

レンジフード(キッチン)掃除の清掃方法

なかなか落ちない油汚れやほこりを、どのような手順で掃除するのかまとめています。

1.点検

レンジフードを掃除する前に、動作の点検を行います。吸い込み具合やランプ、音などとトータルで点検して問題なければ掃除開始です。

2.養生

動作を確認したら、コンロや壁、流し台を汚さないよう養生するので、掃除によって周りが汚れることはありません。

3.本体内部の洗浄

分解できるパーツはすべてバラバラにします。その後、専用の洗剤やブラシを使って洗浄。傷つけないよう丁寧に取り除いていきます。

4.ファンやフィルターの洗浄

専用の洗剤で着け置きして、汚れが落ちやすくなったらブラシで擦って落とします。ファンは、細い隙間を1つひとつブラシで擦り、徹底的に綺麗な状態に。個人ではなかなか手の届かない部分まで清掃します。

5.フードカバー洗浄

内部を清掃したら、フードカバーを洗浄します。表と裏はもちろん、隙間部分もくまなく噴き上げるので、見た目も綺麗な状態になるでしょう。

6.仕上げ

洗っておいたパーツを拭き上げたら、もとの位置に組立てます。最後に正確に動作するか確認して終了です。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査