引っ越しの際のハウスクリーニング

引っ越し時のハウスクリーニングの費用相場

マンションの場合

マンションの場合、単身者向けの1Kや1LDKは25,000円から46,000円となります。ファミリー向けの3LDKの場合60,000円から100,000円が相場です。料金に幅がある理由として、どこまでクリーニングを行うかそれぞれの業者によって異なる点にあります。水回りに関して重点的に行うのか、あるいは力を入れている部分があるのかでも変わるでしょう。

注意点として、マンションは敷地内に駐車スペースがない場合もあります。特に単身者向けのマンションの場合、住人用の駐車スペースさえ数台程度というケースもあるので、駐車スペースの確保も考慮しなければいけません。

戸建ての場合

戸建ての場合、65,000円から135,000円が相場です。マンション同様、広さやどこまでクリーニングを行うのかによって費用が異なります。戸建ての場合、駐車場が用意されているケースが多いので、マンションのように駐車スペースに困る可能性が低い点がメリットです。

マンション・アパートのオーナーがハウスクリーニングを依頼するタイミング

引っ越しの後、ハウスクリーニングを依頼したいと考えるマンション・アパートオーナーは多くいるはずです。住人が退去したことで、物件を一度「リセット」できます。それまで住人がいる間は、いくらオーナーといえどもむやみに立ち入ることはできません。

しかし、退去した後は空室であればオーナー権限で手入れが可能になります。むしろ、退去から新しい住人が入居するまでの間がハウスクリーニングのベストなタイミングです。

引っ越しは、年度末に集中する傾向にあります。新年度は社会人、学生双方にとって新しい環境を迎えることになるでしょう。就職、あるいは入学で新生活となるため、年度末の間に引っ越しをしておきたい人も多々います。そのため、引っ越し後のハウスクリーニングの需要が一時的に高まるのがポイントです。その点を踏まえたうえで、いつ依頼するのかスケジューリングを組んでみるのも良いでしょう。

転職や定年後の選択肢にもなるハウスクリーニング

ハウスクリーニングはさまざまな場所で需要がある仕事です。個人業者としても活動できるので、転職や定年後の仕事として選ぶ人もいます。引っ越し後のハウスクリーニングのシチュエーションもまた様々ではありますが、時期が集中することから、上手くタイミングを合わせることで安定した収入を得られるでしょう。

独立開業もできる仕事

ハウスクリーニングのお仕事は資格無用での独立開業が可能で、かつ支援も受けられます。自分自身の頑張り次第でリピーターもつき、収入も安定させることもできるでしょう。これまで掃除の経験がない、あるいはどのような業界なのかもよく分からないという人でも、フランチャイズを行う企業のサポートを受けることでスキルや経験を身に付けられます。

引っ越し後のハウスクリーニングの注意点

引っ越し後のハウスクリーニングを請け負う際の注意点として、オーナーの意向を尊重する点が挙げられます。一般的なハウスクリーニングの場合、「綺麗にする」がポイントです。引っ越し後の場合だと、オーナーによっては「綺麗」の度合いが異なります。新しく住人を迎え入れるのであれば通常のハウスクリーニング同様に綺麗さを求めるでしょう。なかなか住人が入らない場合には、リフォームを行うのでその前にとりあえずハウスクリーニングをしておきたいと考えるオーナーもいます。

キッチン、洗面所など水回り部分のみのリフォームを考えている場合、それらの部分のクリーニングは必要ないとするケースもあるかもしれません。

あくまでもオーナーの意向が優先

自分自身で判断するのではなく、あくまでもオーナーの意向が最優先となります。そのため、「これまでこうだった」「これがセオリー」という自己判断でなく、依頼者たるオーナーとのコミュニケーションが重要です。一般的なハウスクリーニングの依頼の場合、「住居をきれいにする」という目的があります。オーナーからの依頼の場合、いわば「商品」をきれいにするためのハウスクリーニングとなるので、意向をしっかりと聞いておくことでトラブルも防げるでしょう。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査