ハウスクリーニングの料金相場

ハウスクリーニングの料金相場について

家そのもののハウスクリーニング

家そのものを丸ごとハウスクリーニングする場合、3LDKのマンションで55,000円から100,000円、戸建てで80,000円から120,000万円程度とされています。価格に幅があるのは、家の状況によって異なるからです。

綺麗な状態で、さほどハウスクリーニングの負担が軽いケースもあれば、長年掃除とは無縁だったことで汚れてしまい、料金が高くなるケースもあります。

個人からの依頼ではなく、マンションやアパートの管理人からの依頼もあるのがポイントです。長年入居していた人が引越したのでハウスクリーニングをという依頼の場合、大抵は部屋に家具がありません。業界では「空室清掃」と呼ばれているもので、家具の移動、床の養生などの手間が簡略化される分、相場が下がります。

とある業者の場合、3LDKのマンションのハウスクリーニングは空室の場合は55,000円程度ですが、在室だと70,000円前後です。同じ面積のハウスクリーニングであっても、値段が大きく異なります。

エアコンのクリーニング

比較的ニーズが高いエアコンクリーニング。熱中症予防としてエアコンの使用が推奨される一方で、使用すればその分汚れが溜まります。使用していなくとも汚れは溜まってしまうので、定期的に掃除しなければいけません。そんなエアコンクリーニングですが、掃除機能の有無で料金相場が異なります。

掃除機能のないエアコンの場合、料金相場はおおよそ10,000円前後です。エアコンの種類にもよりますが、1時間から2時間程度での作業と比較的簡単な物であれば費用もあまりかからないでしょう。一方、掃除機能付きエアコンの場合、構造が少々複雑なため、分解にはそれなりの知識と時間が必要です。作業時間も2時間半から3時間程度を見込む必要がありますので、料金の相場も13,000円から17,000円が相場となリます。

時期によっても、費用は多少異なります。エアコンの稼働率が高まるのは、7月から8月にかけての夏の時期です。この時期はハウスクリーニングの依頼も増えるので、多少値段を高くする業者も見受けられます。逆にエアコンをあまり使わない季節はシーズンオフということで、多少価格を下げている業者もいるのが特徴です。

浴室のクリーニング

浴室のクリーニングの相場は13,000円から17,000円程度とされています。こちらもエアコンと同じく、浴室のスタイルによって金額が変わる場所です。場合によっては所要時間が1時間半から3時間程度と幅があります。エアコンと異なり、季節を問わずに一定のニーズがあります。

浴室は汚れがダイレクトです。ぬめっている、異臭がする、カビが発生しているなど。毎日使う部分だからこそ、このような異変に気付きやすい点がポイントです。依頼する側としても、「何とかしてもらいたい」との思いでハウスクリーニングに依頼するケースは多くあります。

広さや汚れの度合い、機能によって時間や費用は異なる浴室。一定のニーズが見込めるうえ、クリーニングを利用した際の満足度が高ければリピーターとなってくれる可能性も高いだけに、浴室のクリーニングに力を入れている業者もいます。

レンジフードや換気扇のクリーニング

換気扇やレンジフードも汚れやすい部分の1つです。特にレンジフードの場合、自らクリーニングを行うとすると手間がかかります。そのため、クリーニング業者を依頼するのも有効な手段です。価格相場としては13,000円から18,000円となります。レンジフードの状態次第ですが、レンジフードのクリーニングは効果が見えやすいのがメリットです。

レンジフードは自らでのクリーニングが難しい部分なので、使う頻度が高いのであれば業者に頼んでピカピカにしてもらうのも良いでしょう。

キッチンのクリーニング

キッチンに関しては自らクリーニングするのも可能ですが、あまりにも汚れがひどいといくらやっても落ちません。

キッチンは15,000円から18,000円程度が相場となります。自炊する人、あるいは家族であればキッチンは常に汚れが蓄積されるからこそ、汚れが取れない際は思い切って業者にお願いするのもありです。

洗濯機

掃除機は上部のフレームを外すだけでクリーニングが可能なケースと、全てを分解しなければならないケースがあります。フレームを外すのみであれば13,000円前後が相場ですが、完全に分解しなければならない場合、費用は少々高くなるのがポイントです。

洗濯機の場合も、個人が自らで掃除を行うとなると少々ハードルが高い家電です。業者を依頼するケースも珍しくありません。洗濯機の場合、掃除の難しさよりも分解の難しさが大変なこととしてあげられます。下手に触って壊してしまうよりも、業者に頼んで綺麗にしてもらったほうが良いかもしれません。

ハウスクリーニングは「料金=質」とは言い切れない

大手と個人の違い

ハウスクリーニングは同じ依頼であっても、料金・価格が異なるケースが珍しくありません。一般論として価格と質は比例しているので、安いハウスクリーニング業者よりも、高いハウスクリーニング業者の方が「しっかりクリーニングしてくれるのではないか」「質の高いサービスなのではないか」というイメージを持つ方もいるかもしれません。

しかし、ハウスクリーニングに関しては「安い=質の低い掃除」とは言い切れません。

用具を一括仕入れしたり、あるいは宣伝広告費を抑えたりすることで、価格を抑えている業者も珍しくありません。いわゆる「企業努力」にて費用を抑えているものの、質の高いクリーニングを提供しているハウスクリーニング業者もいます。これがハウスクリーニングにおいて、一概に「価格=質」とは言い切れないというポイントです。安いものの、高い価格で提供している業者よりも質の高いクリーニングを提供している業者がいても不思議ではありません。

大手と個人でメリット・デメリットも違う

ハウスクリーニングにも大手と呼ばれている業者があり、個人で取り組んでいる方もいます。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、一概に「どちらの方がお得」とは言えません。一般的に大手はしっかりと教育を行っていることからサービスの質に安定感がある一方で、対応力に差があるのが懸念点です。ハウスクリーニングの最中に「ここもこんなに汚いって気付いたのでこちらもお願いしたい」と相談しても、大手のルール上、対応できないと判断される可能性もあります。

個人業者の場合は、サービス面で柔軟に対応してもらえるかもしれません。ただし、個人の場合は品質面について実際に依頼してみなければ分かりませんし、人としての相性の部分もあります。これらのメリット・デメリットを踏まえて、どちらに依頼したほうが良いのかを模索しましょう。

料金に何が含まれているのか

料金だけで判断できない理由は他にもあります。その1つが、「料金に含まれている内容」です。例えば「洗濯機クリーニング」は、分解してくれるのか、あるいは分解なしでの料金なのか。これによって、高いか安いかは異なります。よく見ると「分解は別料金」とあった場合、安いと思ったものの、分解してもらったら他の業者よりも高くなってしまうということになるかもしれません。

料金については依頼相談時に確認を取ったうえで、追加費用発生の有無についても確認しておきましょう。料金に「何が含まれているのか」も、考慮しておく部分です。しっかりと確認しておくことで、後のトラブル防止にもなります。

キャンセルした際の違いは?

依頼したものの、都合が悪くなってしまった場合にはキャンセルしなければならないこともあるでしょう。この時の対応も、業者によって異なります。キャンセル料金が発生する業者もあれば、前日までであればキャンセル料がかからない業者などさまざまです。コスト面を管理するためにも、キャンセル料の発生やいつまでに連絡したほうが良いかなど、依頼する際は事前に確認しておきましょう。

家事代行とは違うの?

ハウスクリーニングだけではなく、家事代行も家の掃除を依頼できます。また、料金だけで比較すると家事代行の方が安いのも事実です。しかし、家事代行業者はあくまでも「家事の代行」であって、掃除のプロではありません。洗剤はあくまでも自宅にあるものを使いますし、掃除に特化したスキルの有無もポイントです。

軽い掃除程度であれば家事代行で問題ありませんが、専門的な知識・技術が必要な掃除をしてほしい場合はプロのハウスクリーニング業者に依頼するのが良いでしょう。

独立開業できるハウスクリーニング

個人業者がいることからも分かるように、ハウスクリーニングは独立開業できるお仕事です。特別な資格も不要で、支援を行ってくれるフランチャイズもあります。店舗を必要としないのも、開業をスタートしやすいポイントの1つです。

転職や定年後に仕事をしたい、独立開業をしたいと考えている場合は、ハウスクリーニングを検討してみるのも良いでしょう。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査