カーペットのハウスクリーニング

カーペットは日常生活に暖かみや家具による傷防止など様々なメリットがある一方で、どうしても汚れが蓄積されていくものです。日々の生活の中でカーペットに接する機会は多いかと思いますので、汚れに対して留意しておく必要があります。

掃除を依頼するのはどんな時?

自然ではない汚れが付いた時

日常生活の中で、カーペットには汚れが付着されていきます。埃のような汚れだけではなく、人間の脂分も付着するはずです。このような自然劣化的なものならまだしも、物をこぼしてしまうという人為的なミスによる汚れは、自力ではなかなか落とせない場合があります。

自力で汚れを落とそうとすると、どうしても力任せになってしまったり、あるいは溶剤を多めに使用することでカーペットに負担をかけてしまったりするケースもあります。このような場合は、業者に依頼したほうが良いでしょう。カーペットに負担を与えることなく、汚れだけをターゲットにできるので、カーペットを綺麗な状態にできるのがメリットです。

目を凝らすとゴミが目立つ時

遠くから見るとそこまで気にならないものの、近くで見るとゴミや埃などがたくさん見られる場合も、掃除のタイミングです。カーペットは柄・色によって汚れの目立ち方が異なります。濃淡白の場合だと汚れが目立たない色ので掃除が疎かになってしまいがちですが、決して「汚れていない」訳ではありません。

あくまでも目立たないだけです。細かい部分までゴミが入り込んでいるようであれば、家庭用掃除機だと綺麗にするのが難しいケースもあります。どうしても取れないが綺麗にしたいという場合は、業者に依頼してみると良いでしょう。

複合的な汚れ

カーペットの汚れの種類は様々です。ゴミや埃、あるいは物をこぼしてしまったなど様々ですが、いくつもの汚れがついてしまうケースもあります。ゴミや埃が目立つようになってきたところに物をこぼしてしまったり、よくみたら昔の食べ物が固まってしまっていたり。掃除をしないでいると、顔を近づけなくても汚れが変わる状態になってしまうでしょう。

複合的な汚れやゴミは、自力で改善することが難しい部分です。ゴミや汚れを自力で対応となると、力任せにすることもあるかもしれません。汚れやゴミを落とすだけではなく、カーペットそのものを痛めてしまう可能性もありますので、大切なカーペットであれば業者に依頼するのがおすすめです。

カーペットの清掃方法

カーペットを掃除する方法を覚えておけば、綺麗にしたいという時に役立ちます。汚れの規模や種類にもよりますがコスト削減のために自分でできそうな場合はやってみるのも一つの手です。

1.表面上のゴミやホコリの除去

まずはカーペット表面に付着しているゴミやホコリを掃除機で吸い出します。表面を綺麗にしなければ、その後の作業の効果が半減してしまうからです。家庭用の掃除機でも表面上のゴミ等は吸引できますが、より高い効果を求めるのであれば業者に頼んで強力な専用機材を使ってもらうのも効果的です。

2.カーペットの洗浄

表面のゴミを取り除いた後、汚れを除去します。ホームセンター等で販売されている溶剤でも良いのですが、カーペットによって適している溶剤が異なります。自ら行う場合、カーペットに使われている材質を確かめてから購入しましょう。

3.乾燥

掃除の後はカーペットの乾燥です。干せるのであればよいのですが、難しいのであれば時間を置くか、あるいは強力な乾燥機を使います。ただし、乾く前にゴミ等が付着すると、せっかくの掃除の効果も半減してしまいます。カーペットの洗浄は乾燥まで終えて「完了」です。表面のゴミの除去や汚れ落としだけではなく、乾燥まで意識するようにしましょう。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査