浴室のハウスクリーニング

家を掃除するうえで、特に手のかかる場所である浴槽。いつの間にかカビや石鹸カスで汚れてしまい、なかなか落ちないといった経験のある方は多いのではないでしょうか。ここでは、ハウスクリーニングの依頼をおすすめしたい人やシチュエーションをまとめてみました。

浴室掃除を依頼するのはどんな時?

定期的に掃除しないとカビや石鹸カスが溜まって汚れてしまう浴室。ハウスクリーニングを依頼した方が良いときはどんな時なのかまとめています。

黒カビが目立つ

深く根を張っているカビは、個人ではなかなか落とせません。そのため、ハウスクリーニングに依頼し、特殊な道具と洗剤を使って落としてもらうのがおすすめです。頑固なゴムパッキンのカビでも、プロの手にかかればあっという間に綺麗な状態になるでしょう。

天井や壁など全体的に掃除したい

浴槽や蛇口は定期的に掃除できても、天井や壁、窓を含めたトータルの掃除は定期的に行なえる人は少ないでしょう。ハウスクリーニングに依頼すると、手の届かない天井や壁もくまなく掃除してくれます。また、ニオイの原因にもなっている浴槽エプロンの内部をはじめ見えない箇所まで綺麗にしてくれるので、安心して任せられるでしょう。

排水溝の臭いが気になる

排水溝から臭いニオイが発生している場合があります。排水溝は高温多湿なので、細菌にとって居心地に良い場所。そのうえ石鹸カスや皮脂汚れなどさまざまな汚れのたまり場なのでニオイが発生してしまいます。あまりにも汚れがひどい場合は、ハウスクリーニングに依頼して、隅々まで綺麗にしてもらうと良いでしょう。

浴室の清掃方法

毎日使う場所だからこそ、清潔にしておきたい浴室。ハウスクリーニングではどのように清掃しているのか手順をまとめました。

1.養生

浴槽内にあるシャンプーやリンス、洗面器などもすべて外へ出したのち、バスルームの入り口を養生します。

2.浴槽清掃

簡単には落ちない浴槽内の石鹸カスや水垢を、綺麗に落とします。専用のブラシにオリジナルの洗剤を使って擦ったり、研磨スポンジで頑固な汚れを落としたりあらゆる方法で頑固な汚れにアプローチ。浴槽エプロンまで取り外して、内部まで綺麗にしていきます。浴槽エプロンをクリーンにすることで、ニオイを抑えられるほか、カビの繁殖も防げるのです。

3.パーツ清掃

シャワーヘッドや壁、鏡や小物類などを綺麗に磨きます。取り外し可能なものは外して細かく洗浄。パーツごとの汚れに合った洗剤を使うので、色落ちや傷などの心配もありません。 カビが発生しがちなゴムパッキンや排水溝などは、カビ取り専用の洗剤を使用します。

4.排水溝

石鹸カスやヌメリが溜まりやすい排水溝は、分解して細かい箇所まで綺麗に洗浄します。排水溝の汚れがニオイの原因になっている場合もあるので、綺麗な状態にすることで嫌なニオイもおさまるでしょう。

5.仕上げ

全体的に清掃したら、仕上げに外へ出していた小物を洗ってもとの位置に戻します。最後に水気を拭き取り終了です。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査