エアコンのハウスクリーニング

空調設備として季節を問わずに稼働させている人もいるエアコン。個人での掃除が難しい部分もあるかと思いますが、エアコンの掃除を行わないと機能・効率の低下などが懸念されます。そこで、エアコンのハウスクリーニングについてまとめてみました。

エアコンクリーニングとは

エアコンのハウスクリーニングは、エアコンの内部まで掃除を行います。フィルターの掃除程度であれば、個人でも気軽に行えるでしょう。特に近年のエアコンは手入れのことまで考えられた設計となっており、フィルターの着脱も簡単です。フィルターの掃除は決して難しいことではありません。しかし、エアコン内部の掃除は難しいケースもあります。エアコンの調子が悪い時は、フィルターよりもエアコン内部の汚れやつまりが原因と考えられるでしょう。

ハウスクリーニンぐに依頼することで、エアコン内部からの嫌な臭いの原因であるカビ・ホコリなども除去してくれます。エアコンの種類に関しては心配無用です。

ハウスクリーニング側としても豊富なノウハウを持っているので、タイプを問わず様々なエアコンのハウスクリーニングに対応してもらえます。古いタイプのエアコンであっても、ノウハウのあるハウスクリーニング業者であれば問題ありません。もちろん、新しいエラコンであっても同様に対応してもらえるので、機種によってハウスクリーニングを受けられるかという点の心配は無用でしょう。

エアコンは定期的にクリーニングするべき

エアコンは定期的にクリニーングするのがおすすめです。エアコンは使っていなくとも汚れは溜まりますし、汚れが蓄積されている状態での使用は効率の悪化を招きます。理想を言えば、エアコンは常に良い状態での稼働です。効率化という点はもちろんですが、内部が汚れているエアコンを稼働させた場合、体調の悪化も懸念されます。エアコンは定期的にクリニーングを行い、常に内部を含めて清潔な状態を保つことが好ましいです。

エアコンの掃除を依頼するのはどんな時?

エアコンを稼働させてなかなか冷気が出てこない時、あるいは冷気と共に嫌な臭いまで出てきた時は、クリーニングを依頼するか自分で掃除をするようにしてください。エアコンの吹き出し口から見える範囲で良いので内部を確認した際、黒い点々のようなものが見られる場合も掃除をしましょう。

黒い点々の正体はカビです。エアコンの吹き出し口付近にカビが蓄積されている場合、エアコンから噴出される冷気に乗せて部屋全体にカビが撒き散らされることになります。

エアコンの臭いが発生する原因

エアコンを稼働させたら嫌な臭いがする…。そのような経験をお持ちの方もいるかと思いますが、エアコンの嫌な臭いの正体はカビです。エアコンは冷房を使用する際、室内の暖気を吸い込み冷気を吐き出します。その時に発生する温度差により、エアコン内部に結露が発生。結果としてカビが発生しやすくなります。

カビは湿気によって繁殖するため冬場は安心と思うかもしれません。しかし、冬は暖房としてエアコンを使うことが多い場合は要注意です。夏場に繁殖したカビを、冬場に放出してしまっているケースもあります。結果として、年中エアコン内からカビの匂いが発生する事態になりかねません。カビの胞子とされるカビの匂いは、吸い続けると体に悪影響を及ぼす点も注意が必要です。

エアコンの清掃方法

エアコンをクリニーングする流れについて紹介します。業者に依頼するのも1つの手段として有効ですが、自力で掃除したい、コストを抑えたい場合は参考にしてみてください。

1.点検

まずはカバーを開けて、フィルターを確認してみましょう。カバーに関しては特に道具を必要とすることなく、手で簡単に開けられます。長年掃除をしていない場合、フィルターには大量の埃が付着されているかもしれません。吸い込むのは良くないので、マスクをつけて掃除するようにしましょう。

2.外す前に汚れの吸引

フィルターは簡単に外せますが、外す前の段階である程度掃除機をかけて清潔にしておくのがおすすめです。埃まみれのフィルターをすぐに外してしまうと、フィルターに付着していた埃が散布されてしまいます。かえって部屋に埃が散らばり悪影響を及ぼすので、まずはフィルターを付けたまま、ある程度埃を掃除機で吸引しておきましょう。

3.フィルターを外してみる

ある程度埃を吸引した後、フィルターを外します。取りにくいからといって力任せに行うと、フィルターそのものを傷つけてしまう可能性があるので要注意です。種類によっても取り外し方が違うので、外しにくいという際はネットで確認するか業者に聞いてみてください。

4.外したフィルターの掃除

外したフィルターにはある程度埃が残っているかと思いますので、掃除機でしっかりと吸引しましょう。基本的に埃はフィルターの表面に付着しているので、表側から掃除機をかけることも大切です。

5.裏面からの水洗い

フィルターの裏面から水洗いをしましょう。掃除機だけでは取り切れない細かい埃は、水洗いが効果的です。ただし、水圧によって埃が詰まってしまうこともあります。掃除機をかけた側とは逆から水圧をかけ、清潔にすると共に裏面からの水圧で埃を押し出すような感覚で水洗いすると良いでしょう。

6.水気を徹底的に切る

洗ったフィルターは乾かしましょう。ここでポイントとなるのが、水分を残さない点です。水分を残したままエアコンにセットしてしまうと、せっかく掃除したものの、乾ききっていない水分がカビを生み出す原因になります。水分を完全にふき取ったうえで、エアコンにセットしてください。

7.エアコン内部に関して

エアコンの内部に関しては、業者に依頼した方が良いでしょう。フィルター以外の部分を分解し、かつ元通りにするためにはそれなりの知識・ノウハウが必要です。

また、埃やカビを完全に除去するためには、高圧洗浄機が適しています。一般家庭用の掃除機では除去が難しいので、これらの理由を総合的に踏まえると、自力で行うよりも業者に依頼した方が良いでしょう。自分だけだと対応できない部分も掃除してもらえるのがメリットです。プロに頼むことで故障につながるリスクも防止できるので、徹底的に掃除したい際は業者に依頼することをおすすめします。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査