ハウスクリーニングとは?

ハウスクリーニングの種類について

賃貸物件のハウスクリーニング

賃貸でハウスクリーニングが必要となるシチュエーションは退去時です。賃貸物件の場合、原状回復義務があります。原状回復とは、退去する時には入居した時と同じ状態にするという義務です。

また、それまで長らく住んでいたことでどうしても汚れがあるので、清潔な状態にて退去するためにハウスクリーニングを行うケースはあります。掃除は個人でも行えるものですが、賃貸物件から退去するということは、引越しで何かとバタついてしまい掃除まで対応できない人もいるはずです。

引越しは何かと労力がかかります。掃除よりも、様々な手続きを優先しなければならないこともあるでしょう。ハウスクリーニングを依頼することで、依頼者にとっては掃除の手間の軽減になりますし、何より「より綺麗な状態」に戻すことができるというメリットがあります。

家事代行のハウスクリーニング

退去の予定がある訳ではないものの、家を綺麗にしたいということで家事代行としてハウスクリーニングを依頼するケースも珍しくありません。毎日忙しい人、あるいはより徹底的に掃除をしたい人などが、ハウスクリーニングに依頼します。

ハウスクリーニングは専門的な技術や設備を持った業者による掃除になので、個人での掃除よりも高い効果が見込めます。自分自身の手間がかからない点だけではなく、よりクオリティの高い掃除をしてもらえるのがメリットです。決して忙しい訳ではないとしてもハウスクリーニングを業者に依頼し、家をリフレッシュする人もいます。

空室のハウスクリーニング

賃貸物件のオーナーさんがハウスクリーニングを依頼するケースもあります。タイミングとしては、空室になった時です。長らく人が住んでいたので、しっかりと掃除をして新しい借り手に渡すためにハウスクリーニングへ依頼するケースは珍しくありません。

長らく人が住んでいた場合、どうしても汚くなってしまっている部分もあるはずです。特に賃貸物件は内見もあります。内見の際、既にハウスクリーニングを終えて綺麗な状態にした物件と、汚いままの物件とでは借り手の心情面にも大きな違いが出るでしょう。そのため、空室の間にハウスクリーニングを行い、良い状態にすることもあります。

ハウスクリーニングのメリット

自分ではできない場所の掃除が可能

ハウスクリーニングのメリットとしてまず挙げられるのが、自分ではできない場所の掃除です。フローリングに掃除機をかけるくらいであれば、誰もが簡単に行えるでしょう。しかし、エアコンの中や排水管の中、細かい隙間などは自力での掃除が難しいもしくは面倒な部分です。場合によっては部品の交換が必要になることもあります。そうならないためにも、適度は掃除は必要でしょう。

家の中には目に見えていなくても相当汚れてしまっている部分もありますが、ハウスクリーニングに依頼することで綺麗にしてもらえるのがメリットです。

それまで家の中が埃っぽいと思っていたものの、ハウスクリーニングに掃除を依頼してから空気がきれいになったというケースもあります。水回りの妙な匂いがなくなったといった話もあり、自力での掃除が難しい部分もハウスクリーニングであれば解決してくれるかもしれません。

道具の用意・保管が不要

掃除は自ら行うこともできますが、自ら掃除を行うのであれば道具を用意しなければなりません。場合によっては、保管場所がかさばることもあるのではないでしょうか。頻繁には掃除をしない場合、用具や道具が邪魔だと感じるかもしれません。掃除のためにと思って購入した道具が、思ったほどの効果が出ないと落胆してしまうこともあるのではないでしょうか。

その点ハウスクリーニングであれば、依頼した業者が道具を持ってきて掃除をしてくれます。洗剤や道具を用意する必要はありませんので、当然、保管する必要性もありません。ホームセンターまで足を運んで道具や用具を選ぶ必要もなければ、大きな道具を持って帰る手間も省けます。必要最低限の物だけ揃えておけるのも、ハウスクリーニングで依頼するメリットの1つです。

クオリティが違う

掃除は程度を問わなければ、誰でもできます。家庭用の掃除機でフローリングのゴミを吸うのも、ハウスクリーニング業者を呼んで依頼するのも「掃除」です。しかし、専門業者の持つノウハウは、通常の掃除であってもクオリティが異なるのがポイントです。床の掃除だけでも、一般的に行う掃除とやり方が違います。掃除の専門業者だからこそできるクオリティは、掃除の「質」を問う人にとってもまた、大きなメリットとなるでしょう。

手間がかからない

自ら掃除を行う場合、何より手間がかかります。時間を捻出し、掃除を行うことが面倒に感じる人も多いでしょう。人によっては仕事や用事で忙しい時期の場合、時間の捻出も難しいのではないでしょうか。

その点、ハウスクリーニングへの依頼であれば時間も手間もかかりません。依頼に関しても電話はもちろんですが、近年ではネットから受付を行っている業者も登場しているので、依頼そのものの手間もほとんどかからないのがメリットです。

クオリティよりも、手間がかからない点こそ一番のメリットだと感じている人も多いでしょう。休日であれば掃除はできますが、休日にしかできないことをしたいと思うはずです。ハウスクリーニングであれば手間がかからないので、自分の時間を満喫できます。

誰もが依頼できる

ハウスクリーニングは人を選びません。老若男女を問わず、誰もが依頼できます。自らの掃除が肉体的な面で大きな負担となってしまっている高齢者や掃除の負担を減らしたい主婦など、ニーズはさまざまです。利用者資格などは設けられておらず、連絡すれば日程を調整して掃除を行ってくれるのメリットでしょう。

ハウスクリーニングのデメリット

お金がかかる

ハウスクリーニングの業者に依頼するのであれば、当然費用負担が発生します。もちろんお金を支払った分の「対価」が掃除ですし、自ら行う掃除よりも高いクオリティであることは間違いないでしょう。しかし、あまりお金を賭けたくないという人にとっては、お金がかかる点に関して大きいデメリットだと感じてしまいます。

複数の業者を比較したり、掃除してもらいたい場所を絞ることで費用負担を抑えることは可能です。

業者の質は様々

ハウスクリーニングを行っている業者は一つや二つではありません。ハウスクリーニングを依頼したいと思った時、依頼する業者を選ぶところから始めます。かなりの数の中から選ぶのは大変かもしれませんが、真剣に選んだほうが満足できる結果を得られやすくなるはずです。

実際にハウスクリーニングのクオリティやサービスは、業者によって異なります。評判の良いハウスクリーニング業者もいれば、評判の悪いハウスクリーニングもあるのでチェックしておきましょう。その点の取捨選択の責任は自分にあるので、悪い業者に依頼してしまう可能性がある点はデメリットとして挙げざるを得ません。

掃除サービスでトラブルもある

国民生活センターの発表では、掃除サービスに関する相談件数が2013年度以降1,000件近くあるとされています。エアコンや換気扇のクリーニングに関するトラブルが多いそうです。

事例として

  • ネットで調べて依頼したら、見積り時とは違った対応をされた。
  • エアコンの具合が悪く、依頼したら当日「ガス漏れの可能性があり、クリーニングでは解消できない」と言われてクリーニングせずに帰っていった。
  • エアコン掃除をしてくれた業者に浴室の汚れ防止工事を勧められてお願いしたが、費用が高額だった。

など、実際にサービスや金額が妥当なものか不満に思う声が消費生活センターに寄せられています。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査