ハウスクリーニング独立開業フランチャイズおすすめガイド » ハウスクリーニングって何をするの?

ハウスクリーニングって何をするの?

依頼すると部屋をピカピカにしてくれるハウスクリーニング。トイレやフローリングなど、場所ごとに依頼できるのがポイントです。ここでは、ハウスクリーニングの業務内容や掃除のテクニックを詳しく解説。開業を考えている方はぜひチェックしてみてください。

ハウスクリーニングとは

ハウスクリーニングとは、掃除専門業者による家の掃除です。掃除は誰もが簡単に行えるものではありますが、専門業者だからこそ行える掃除もあります。手の届きにくいところ、大掛かりな装置が必要な部分、人手が必要な場所。これらの掃除は、一般家庭では簡単ではありません。

また、浴室や水回りなどは個人の掃除で汚れが落としきれないものもあります。ハウスクリーニングの業者であれば専門の知識・技術を持っているので、個人では落としきれない汚れもしっかりと落としてもらえるでしょう。

見た目はもちろん、機能の回復も可能です。エアコンのような空調設備の調子が悪い時にハウスクリーニングを行ってもらうことで、機能が改善することもあります。

ハウスクリーニングの種類やメリット・デメリット

掃除は自分自身でも行えるものです。手間がかかるとはいえ、業者を呼ぶ必要性を感じない人も多いでしょう。

しかし、ハウスクリーニングには自分自身ではできないこともいくつかあります。賃貸物件や家事代行でのハウスクリーニングなど、種類もあるのが特徴です。ハウスクリーニングという名前は聞いたことがあっても実際に利用したことがない人もいれば、利用を考えているものの、どの業者にすればよいのか迷っている方も含め、ハウスクリーニングの理解が深まる内容となっています。

トイレ

定期的に掃除しないと、どんどん汚れやニオイが溜まり続けてしまうトイレ。こまめに掃除したい場所ですが、つい何日も放置してしまう方もいるでしょう。ハウスクリーニングは、便器はもちろん、タンクや天井、壁といったトイレ全体を掃除します。取り外し可能のトイレであれば、すべて分解し、細かい箇所まで清掃。いつもは手の届かなかった場所まで綺麗にしてくれるのがポイントです。ここでは、トイレ掃除の詳しい方法をまとめています。

フローリング

いつの間にか髪の毛やほこりが溜まって、汚れてしまうフローリング。そんなフローリングの掃除は、掃除機やドライシートでは取れない汚れを薬剤で落とすことから、ワックスをかけるところまで。一般的な掃除では落とせない汚れも丁寧に落としていきます。もともと塗られているワックスを剥がし、1から綺麗なワックスを塗るハクリ作業を実施。ここではフローリングの掃除方法や依頼をおすすめしたい人について紹介しています。

ベランダ

つい掃除を後回しにしがちなベランダ。気が付くと黒ずみやゴミが溜まってしまうパターンは多いでしょう。確実に汚れを落とすよう、汚れの種類に合った清掃道具を使用。ゴミが溜まりやすい排水溝の清掃も行うので、ニオイのもとも取り除くことが可能。ここでは、ベランダの詳しい清掃方法やハウスクリーニングを依頼すべき人を紹介しています。

浴室

カビや石鹸カス、水垢など、色々な汚れが溜まりやすい浴室。定期的に掃除しないとすぐに汚れが不着し、なかなか取れない状態になってしまいます。そんな浴室の掃除はハウスクリーニングにお任せ。プロが細かく丁寧に仕上げてくれますよ。浴槽はもちろん、エプロンや壁、排水溝や換気扇など徹底的に清掃。嫌なニオイも無くしてくれます。ここでは、浴室の清掃方法や依頼をおすすめしたいシチュエーションなどを解説しているのでぜひチェックしてみてください。

レンジフード(キッチン)

レンジフードは油汚れやほこりが溜まりやすい場所。そのままにしておくと、大掛かりな掃除が必要になります。放っておくと部屋にニオイが溜まるだけでなく、電気代が余分にかかる場合も。そんなレンジフードは、専用洗剤に着け置きしたり、パーツごとに取り外し、ブラシで擦ったりして、汚れを落としていきます。ここでは、レンジフードをはじめキッチンのハウスクリーニングの詳しい業務内容やテクニックを紹介しています。

エアコン

快適な生活を根底から支えているエアコン。かつてエアコンといえば嗜好品的な存在でしたが、昨今の夏の猛暑は、行政としてもエアコンの使用を呼びかけるほどのものとなっています。

それだけエアコンが身近な存在となっているかと思いますが、使えば使った分、汚れが溜まってしまうものです。使わなくても定期的に掃除しなければ汚れが蓄積され、そのまま使用してしまうのは体によくありません。

特にエアコンは自力での掃除・メンテナンスが難しい部分もあります。自ら行うことも決して不可能ではありませんが、分解作業を自ら行った場合、元に戻せなくなってしまうかもしれません。

細かなところまで掃除するのであれば、ハウスクリーニング業者に依頼したするのもおすすめです。そこで、ハウスクリーニング業者に依頼するタイミングや掃除方法など、エアコンのクリニーングに関する情報をまとめてみました。

洗濯機

洗濯機もまた、日常生活に欠かせないアイテムの一つなのではないでしょうか。近年ではコインランドリーが増えており、単身者の利用が目立ちますが、自宅で洗うと考えたら洗濯機は必須です。

しかし、どれだけ便利な洗濯機も水を扱う特性上、カビや水アカとなどの問題もあります。定期的に掃除しなければ、洗濯物に汚れが付く事態を招いてしまうかもしれません。そこで、洗濯機の掃除を業者にお願いするタイミングについてや実際に掃除する際の流れなどを解説しています。水周りという点から、どうしても目に見えない部分もありますし、洗濯機を自らでとなるとなかなか簡単ではありません。洗濯機を掃除しようと考えている方も参考にしてみてください。

カーペット

カーペットはお洒落としてはもちろん、家屋を守る意味合いもあります。家具をそのまま設置しては床が傷ついてしまいますが、カーペットを敷くことで傷を守り、かつ空調効果を高めてくれるなどがメリットです。

一方で、ゴミやホコリが蓄積されたり、日常生活の中で汚れがついてしまうことも珍しくありません。家屋を守るという役割を果たしてくれていると考えることもできますが、カーペットそのものもまた、大切なアイテムです。カーペットを掃除する際にはどのような流れですると良いのか、カーペットを掃除するタイミングなどについてまとめました。自分で掃除したい方はもちろん、業者にどのタイミングで頼めばいいか知りたい方に向けた情報を紹介します。

ハウスクリーニングの料金相場

ハウスクリーニングの料金相場を理解しておくことは重要です。提供する側としての価格設定は、お客獲得に直結する部分でもあります。相場を理解していない価格設定は、需要を満たすことはできません。

そこで、ハウスクリーニングの料金について、細かい部分までチェックしてみました。依頼内容によって費用が異なる点もハウスクリーニングの特徴なので、相場をよく理解することこそ、適正価格の提供が可能になります。これからハウスクリーニングをと考えている人、まだまだ開業間もない人は相場も良く分からないかと思いますので、参考にしてみてください。

ハウスクリーニングと引越し

ハウスクリーニングは引越しと縁が深い仕事です。引越し前にハウスクリーニングを依頼したいと考えている人もいれば、引越し後にハウスクリーニングを依頼するマンションやアパートのオーナーもいます。

引越しのトップシーズンともなれば、ハウスクリーニングの需要も増えます。ここでは引越しとハウスクリーニングの関連性や、その際の費用についてをまとめました。引越しシーズンにならいを定めているハウスクリーニング事業者もいるほど、両者の関係は根深いだけに、ハウスクリーニングを行うのであれば是非とも知っておきたい点を解説しています。

ハウスクリーニングの働き方と収入

業態によって異なるハウスクリーニングの働き方

ハウスクリーニングでの働き方は、それぞれの業態によって異なります。ハウスクリーニング会社の従業員として働く場合は、「会社員」となるので会社規定に基づいて働かなければいけません。フランチャイズとして独立する場合や個人として独立する場合、それぞれ個人事業主となります。フランチャイズの場合には、フランチャイズ先の理念に基いた対応をするのがポイントです。

サポート体制を整えているところも多いので、分からないことがあればサポートしてもらったり、知名度のある会社であれば営業の負担も軽減されたりするでしょう。一方、個人事業主の場合、何をするにも自己責任の名の元に自由です。ただし、フランチャイズのような後ろ盾はありません。営業活動も一からこなさなければいけないのが懸念点です。メリットとして、働き方は全て自由にできます。自分のやりやすいように調整が可能です。

ハウスクリーニングのお仕事の給料

ハウスクリーニングのお仕事は、フランチャイズ・個人事業主だと基本的に歩合給となります。頑張った分、お給料が増えるシステムとなのでモチベーションを高めやすいでしょう。

フランチャイズの場合は開業当初に給与面でサポートが受けられるところもあります。個人事業主の場合、ハウスクリーニングの価格も自由に設定できるので、質で勝負するのか、あるいは量で勝負するのかなども自由です。

フランチャイズの場合、加盟料などが必要になるにせよ、基本的に仕事の量と収入は比例しているのが特徴です。

ハウスクリーニングのお仕事で必要なスキル

ハウスクリーニングのお仕事は資格や経験がなくとも、やる気さえあれば可能です。しかし、多くのお客を獲得し、収入を増やすためにはスキルや経験が必要となります。そこで、ハウスクリーニングのお仕事をこなすにあたり、あると良い資質をピックアップしてみました。やる気が大切なお仕事ですが、これらがあればより多くの支持を集めやすくなるでしょう。

接客マナー

ハウスクリーニングのお仕事は掃除やクリーニングです。依頼者がいてこそ成り立ちます。依頼者とどのように応対するのかは、掃除やクリーニングのスキルと同じくらい大切な部分です。自然と敬語で喋れるのか、愛想よく応対しているかなどに加えて、依頼者の自宅に上がることもあるので立ち振る舞いも求められます。

ハウスクリーニング業者の中には、必ず自分のスリッパを用意している人もいます。お客のスリッパを使わせてもらうのではなく、使い捨てスリッパを用意することで衛生面に気を配っているとアピールできるのがポイントです。マナーを守ることで良い印象を与えれば、リピーターを獲得できるかもしれません。

細かい美意識

自宅の掃除であれば、自分が納得すれば十分です。しかし、ハウスクリーニングのお仕事は依頼者のためのもの。細かい美意識があったほうが良いでしょう。細かい汚れに気付けるかは、リピート獲得の大きなポイントです。目に見える部分はとてもきれいに仕上げてくれているものの、目に見えない部分は汚いまま。そうなると「もう一度あの人にクリーニングをお願いしよう」にはならないでしょう。

細かな部分も綺麗にすることで、お客さんから高い評価を得られます。そこから新しい仕事につながりやすくなるはずです。

体力も大切

ハウスクリーニングのお仕事は、体力勝負な側面があります。決して重い物を運ぶのではなく、立ち仕事を延々とこなすことが大変なポイントです。一回のハウスクリーニングだけであれば大した負担ではないとしても、何日も連続でとなれば、体に負担がかかり続けるでしょう。ハウスクリーニングは、まさに「体が資本」です。

もしも体調不良となってしまった場合、仕事はできません。いくらやる気があっても、体調が優れないまま仕事をすると依頼者であるお客さんに迷惑をかけてしまう可能性があります。その点では体力はもちろん、健康管理の意識も大切です。

継続力

ハウスクリーニングのお仕事は、同じ作業の連続となってしまいがちです。訪れるお宅は異なれど、こなす作業はほぼ同じものになる日もあるでしょう。単調な作業となってしまいがちですが、それでも続けられる継続力も身に着けておく必要があります。

ハウスクリーニングのお仕事は、「地道にコツコツ」です。その地道さが安定した収入に繋がりますので、継続力はとても大切な「資質」です。飽きっぽい人であっても、頑張った分収入に直結すると分かれば継続力を発揮できるケースもあります。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査