ビジネスの概要

こちらでは清掃業の主な仕事内容、住宅・空き家・商業店舗ごとの掃除の特色やメリット、業者のタイプの違いについて紹介しています。

ハウスクリーニングビジネスの業務概要

在宅クリーニング

エアコンのクリーニング

【一般のご家庭内のお掃除サービス】

個人宅向けサービスです。エアコンクリーニング、換気扇など、専門的な分解清掃や、家中丸ごと清掃、日常的なお掃除まで幅広い需要に対応しています。

一般的にはキッチン、トイレなどの水周り、エアコン・エアコン室外機、クロス・壁紙などでの需要が高いようです(中にはお墓のクリーニング代行というサービスもあり!)。

成果を認めてもらうと、リピート利用はもちろん、近隣や友人知人などへ紹介してくれる場合もあります。

請け負う側としては報酬を現金回収できるというメリットがあります。

空き室クリーニング

【賃貸物件(不動産管理物件)の入退去時に行う原状回復クリーニングサービス】

法人向けサービスです。戸建やマンション・アパートの引越し前・後や新築引渡しの際に発生します。同サービスは基本的に住んでいる人がいない中で行われます。

不動産物件維持に一役買うサービスです。請け負う側としては、大口受注が見込めるメリットがあります。

商業店舗クリーニング

【様々な商業施設・店舗のクリーニングサービス】

法人向けサービスです。オフィス・事務所や医院、販売店舗、飲食店など、様々な商業スペースをプロの手でクリーニングするサービスです。

いずれもこのスペースが営業時間外に行われるサービスです。

毎週何曜日に、といった申し込みがほとんどであることから、定期収入としてカウントできるメリットがあります。

独立開業するならどのタイプ?ハウスクリーニング業者の違い

ハウスクリーニング業者には、主に以下の3つのタイプがあります。

  • 専門型:主に男性スタッフがエアコン、キッチン、換気扇、トイレ、浴室、床ワックスがけなど、普段できないところや、素人では落とせない汚れを落とすなど徹底的なクリーニングを行う
  • 家事代行型:主に女性スタッフが軽い清掃作業やかたづけを行う
  • 便利屋型:清掃だけでなく、簡単な修理、犬の散歩、草木の世話、引っ越し手伝い、不用品回収など暮らしに関することを簡単な雑事も行う

初めての開業や、少人数・無店舗で開業するのなら、専門型がおすすめです。個人で起業して成功したいと思うなら、誰にでもできるわけではない専門性を持つことが重要だからです。

ハウスクリーニングの専門的な技能を身につけるためには、まず同業他社に入社して従業員として仕事を覚えるか、あるいはフランチャイズに加盟して研修を受けるかのどちらかが必要です。

このサイトでは、ハウスクリーニングの代表的なフランチャイズ本部を比較検討してランキングを作っていますので、独立開業の際の参考にしてください。

ハウスクリーニングを利用する人の傾向と頼まれやすい掃除個所

高齢者世帯・若い世帯問わず、ハウスクリーニングの需要はあります。高齢者世帯では親の介護が必要となった人や手足が不自由な高齢者がよく利用しており、若い世帯では共働き夫婦や仕事で忙しい一人暮らしの人が利用しています。

一見利用しないように見える専業主婦でも、大掃除の際などにハウスクリーニングを利用しています。

高齢者世帯でのハウスクリーニングの活用

親の介護が必要な人

親の介護で忙しい人はそれまでのように掃除に時間を割くことが難しくなります。更に、親の介護が必要となる年代は介護者も体力的に衰えを感じる頃であり、無理ができません。そこで、介護と家事の両立をするためにハウスクリーニングが利用されています。

このような場合、主にトイレやお風呂場など生活するのに必要な水回りのクリーニングを頼まれることが多いようです。また、手間がかかり自分では難しい絨毯のクリーニングなどが依頼されることもあります。年末ともなれば窓ガラスやサッシ、網戸といったクリーニングの依頼も増えていきます。

手足が不自由な高齢者や介護認定の高齢者

高齢になると手や足が不自由となり、エアコンやレンジフードなどの高所の清掃作業が難しく、掃除をしたくてもできない場合などがあります。そのような場合にもハウスクリーニングが利用されます。

介護認定を受けた高齢者世帯では、福祉サービスの一環として部屋の清掃を受けることができます。しかし、掃除機をかけるなど簡易的な清掃が多く、公共福祉では掃除内容に限界があります。専門的な知識や作業が必要な掃除などを、ハウスクリーニングに別途依頼する人が多いです。

若い世帯や専業主婦世帯でのハウスクリーニングの活用

仕事で忙しい一人暮らしの人

仕事をしている一人暮らしの人は、台所やお風呂、洗面所にトイレなど水回りの掃除だけでなく、部屋全般のクリーニングを依頼することが多いです。掃除をする時間を仕事や勉強、プライベートの時間に充てるため、信頼できる業者に合い鍵を預け定期的に清掃を依頼するという人もいます。

ハウスクリーニングを依頼し水回りや部屋全体が綺麗になったことで、心と身体が健康になったという人や、家で過ごす時間が増えたことで外食が減ったという人もいるようです。

時間がほしい共働き夫婦

女性が結婚や出産後も働くようになり、家の掃除にまで手が回らない世帯が増えています。そのような共働き世帯の悩みである「時間の確保」のために、ハウスクリーニングが利用され始めています。

普段の掃除でもハウスクリーニングを利用するケースもあるようですが、やはり依頼されやすいのはプロにしか落とせない汚れがある箇所です。

高圧洗浄機や分解洗浄が必要な箇所、油汚れなど頑固な汚れがある箇所がハウスクリーニングの出番となります。エアコン内部や台所関係の清掃が例として挙げられます。

専業主婦世帯でも

専業主婦の場合、ハウスクリーニングを利用すると周りから手抜きをしていると思われるのではという懸念もあり、利用しづらいことがあるようです。しかし、専業主婦と言えども掃除のプロとして訓練を積んでいるわけではありませんので、一人で全ての掃除をこなすことは難しいです。よって、エアコンや換気扇の内部、水回りの排水部分など、掃除が難しい箇所や強い薬液が必要な清掃の依頼が多いです。

一年の締めくくりとなる年末の大掃除の際にハウスクリーニングの繁盛期となるのは、専業主婦がいる世帯でも需要があるからに他なりません。

仕事をしていて家にいない人よりも、専業主婦世帯のほうが大掃除で掃除を頼む確率は高くなっています。

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング

ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査