ハウスクリーニング業を営む人の深刻な悩みとは?

ますます高齢化し、女性が社会進出する日本。

そんな中、需要を拡大しているのがハウスクリーニング業です。

自分で掃除ができない、掃除をする時間がない、掃除をする時間を他のことに使って掃除は外部に委託した方が効率が良い、などのさまざまな事情によるものですね。

参入のハードルが低く、誰でも始められるように見えるハウスクリーニング業ですが、実際に開業してから起こりうる問題についても知っておく必要があります。

それでは、実際にハウスクリーニング業で独立開業した場合に起こりうる深刻な問題と、その対処法について詳しくご説明します。

ハウスクリーニング業は開業できても集客できるとは限らない

実際にハウスクリーニング業を営んでいる方たちが陥りやすい悩みの1つに、集客が思うようにできないということが挙げられます。 人脈ゼロから始める場合には、元々人脈やコネのある人の集客方法を真似ても上手くいきません。

コストパフォーマンスの良い集客を

チラシを配るのも大変ですし、費用もかかります。インターネットを用いた集客でコストパフォーマンスよく集客するのがおすすめです。ただし、チラシの方がきちんと目を通してもらえる分、有利な場合もあります。

限定した地域で集中して集客したい場合などにはチラシもおすすめです。

フランチャイズに加盟してブランド力を得る

どんなに宣伝活動をしても、価格が安いなどの理由なしには大手のハウスクリーニング業者には勝てません。 特に競争が激しい地域での開業は、思い切ってフランチャイズに加盟して、ブランド力で集客するのもおすすめです。

加入するフランチャイズによっては、開業後、継続して顧客を紹介してくれるところや、最初の数ヶ月間、本店の営業マンが営業に同行してくれる場合もあります。

ただし、その場合には紹介料が安いところを選びましょう。 せっかく独立開業したのに、下請けのようになってしまっては意味がありません。

下請けの仕事を受ける場合はリスクもあることを覚えておこう

同業者から下請けの仕事を受ける場合に起きやすい問題として、下請け金額が作業量に見合っていない、未払いが続くリスクがある、などが挙げられます。 下請けの仕事ばかりでなく、自分の顧客をしっかりとつかむことが大切です。

ハウスクリーニング業者の本音!汚すぎる現場が続くと大変

ハウスクリーニング業者はプロだから、どんなに汚れている現場でも大丈夫、と考える方もいるかも知れません。ですが、やはり汚れの状態が酷ければ、それだけクリーニングに手間がかかります。

もしも何件もの汚すぎる現場を立て続けに回ったとしたら……いくらプロでも心が折れそうになるそうですよ。効率よくクリーニングするためには、プロ用の清掃用品などを適宜取り入れ、汚れ具合によって洗剤を変えるなどの臨機応変な対応も必要です。

プロ用の清掃用品を安く手に入れられるフランチャイズなどに加入するのもいいですね。研修が充実していれば効率よく汚れを落とすコツも習得できるでしょう。

ハウスクリーニング業は意外とクレームが多い

ハウスクリーニング業は意外とクレームが多い業種です。その為、クレーム処理に悩むこともあるようです。

綺麗になったかどうかの価値観は人によって違うため、クレームになりやすいのです。クレームを防ぐためには、作業前、作業後の点検を顧客と一緒にし、クリーニングでは汚れの落ちない可能性のある場所などは最初に説明しましょう。

作業前に顧客の立ち会いができない場合には事前の打ち合わせをきっちりと行うことが大切です。 人によって汚れが気になるポイントは違いますので、作業後は数分時間を置いてから現場を見回し、自分でチェックしてみましょう。

下だけではなく、上や横に目をむけてチェックしてみて下さいね。 ドアノブ、蛇口など目につく場所を意識してピカピカにすることで顧客の満足度が上がります。

クレームを出さず、リピーターを増やすためにも、我流のクリーニング方法にこだわらず、フランチャイズ本店が行っている研修などを定期的に受けておくといいですね。 開業前の心構えや準備で、独立開業後の悩みは著しく軽減されます。

開業後に問題を抱えないために必要な手順やリスクをよく理解した上で開業準備を進めましょう。

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング

ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査